注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
263件

2014年12月の記事一覧

爆発的RT数を誇った問題作! 疲れたときに”クスッと笑いたい”にうってつけのコミック
『地球のささくれ』(土田えり/ 講談社)

  人間は笑う動物である。ま、そうですね、営業笑顔も含めて、1日に1回も笑わない人はいないでしょう。劇作家・演出家の太田省吾氏はこれを、笑っ…

君は洲崎球場を知っているか ―プロ野球黎明期を支えた伝説の球場の秘められし記録

『洲崎球場のポール際 プロ野球の「聖地」に輝いた一瞬の光』(森田創/講談社)  2014年は、プロ野球がはじまって80周年の節目だったらしい…

鑑賞後は犯罪係数が上がる!? 劇場版『PSYCHO-PASS』公開間近!

 近未来SFアクションとして、圧倒的人気を誇る『PSYCHO-PASS サイコパス』。2015年年明けの劇場版公開に先立ち、12月19日完成…

ヤマンバ、イベサー、ガングロ…ギャル・ギャル男はどこに消えたのか? 【まとめ】

『men’s egg』最終号 『小悪魔agehaメモリアル』 メジャーになった「ギャル文化」 「前の世代を否定する」ということは…

ヤマンバ、イベサー、ガングロ…ギャル・ギャル男はどこに消えたのか? 【『S Cawaii!』浅見悦子編集長インタビュー】

 ギャル雑誌が相次いて休刊してしまった2014年。そんな中、今も20代を中心とした若い女性から絶大な支持を得ている『S Cawaii!』(主…

帰省先や旅行先で見つけよう! ちょっと変わった「日本一」の風景

『一度は見たい! 日本一百景』(日本一研究会:編著/洋泉社)  盆暮れ正月とゴールデンウィークはどこへ行っても混む。目的地へ行くまでの道路は…

友達と、家族と…全国の駅弁を電車旅で満喫したい!

『駅弁大図鑑』(扶桑社)  「待ってました」の冬休みと正月休み。そして、おそらくあっという間にやってくる春休み(とゴールデンウィーク)。長期…

「耳つまみ」「腕振り」…、短時間で運転の疲れを癒やす方法

『1日3分「腕振り」で肩こり・腰痛がとれる!』(北濱みどり/KADOKAWA)  何かとクルマが重宝されるこの季節。年末年始の風物詩ともえる…

官能WEB小説マガジン『フルール』出張連載 【第69回】草野 來『びしょぬれラブ☆銭湯~番台から愛をこめて~』

草野 來『びしょぬれラブ☆銭湯~番台から愛をこめて~』  もっと知りたい、もっと触れたい。わかりあうのに大事なのは“ハダカ”のお付き合い!?…

ノムさんがひょう変! あの大谷翔平を絶賛「老い先短い人生の、新たな楽しみ」

『強打者列伝』(野村克也/KADOKAWA 角川書店)  「外野手出身に名監督はいない」  広島カープのみならず、WBC日本代表の監督をも務…

ヤマンバ、イベサー、ガングロ…ギャル・ギャル男はどこに消えたのか? 【元・イベサー「ive.」四代目代表 荒井悠介氏インタビュー】(後編)

荒井悠介さん  時代とともに「ギャル」は異質なものではなくなっていく。そのカルチャーは、タテ、ヨコへと広がり、2008年のリーマンショック、…

ヤマンバ、イベサー、ガングロ…ギャル・ギャル男はどこに消えたのか? 【元・イベサー「ive.」四代目代表 荒井悠介氏インタビュー】(前編)

当時の荒井悠介さん  1990年代から2000年代にかけて、渋谷にたくさんいたギャルたちはいったいどこへ行ってしまったのだろうか? 渋谷でト…

ヤマンバ、イベサー、ガングロ…ギャル・ギャル男はどこに消えたのか? 【 「ギャル文化」と「渋谷」をめぐる歴史を紐解く】

「NHKワールド」より  2014年、ギャル系雑誌『EDGE STYLE』『egg』『BLENDA』『小悪魔ageha』『Happie nu…

上橋菜穂子が国際アンデルセン賞作家賞 しりあがり寿が紫綬褒章の快挙!【出版ニュース2014】

『精霊の守り人』(上橋 菜穂子/新潮文庫)  3月24日に『精霊の守り人』などのファンタジー小説作家・上橋菜穂子が児童文学のノーベル賞とまで…

人類VS.ゴキブリの熱き戦い!TVアニメ『テラフォーマーズ』全13話一挙放送!

 火星を舞台に繰り広げられる人類VS.ゴキブリの熱い戦いを君は見たことがあるか!?「このマンガがすごい!2013」オトコ編で第1位!「全国書…

『アナと雪の女王』『妖怪ウォッチ』パワーで 出版業界も大盛り上がり【出版ニュース2014】

『妖怪ウォッチ2元祖/本家 オフィシャル攻略ガイド』(レベルファイブ:監修 利田浩一、山田 雅巳:編/小学館)  9月の時点で興行収入254…

今年も人気と勢いは衰えず 池井戸潤作品が続々と映像化【出版ニュース2014】

『オレたちバブル入行組』(池井戸 潤/文春文庫)  2011年に『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞し、13年にドラマ化された「半沢直樹…

そういや私、女子だった! 第19回「乙女ゲームの新しいたのしみ方」

~すこやかでハッピーな童貞女子の日常~ 「モテ・非モテ」「喪女」「クリぼっち」……「モテ」のヒエラルキーに日夜さらされてお疲れの全女子に贈る…

今年ももうすぐ「除夜の鐘」…。池上彰のわかりやすい「仏教」のはなし
『池上彰と考える、仏教って何ですか?』(池上彰/飛鳥新社)

 南無阿弥陀仏と妙法蓮華教はどう違う。大乗仏教に小乗仏教、チベット仏教、タイ仏教、密教もある。これらは日本の仏教とどう違う。仏教と神道は。仏…

コミックマーケット87に巫女を探す「くま」が出現!?

 28日、東京ビッグサイトにて、日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット87」(通称コミケ)が開幕した。  恒例となった「徹夜組」「始発組…

『妖怪ウォッチ』キャデザ長野拓造さんが伝授「ジバニャンの描き方」! 耳欠け腹巻きがあればOK【後編】

 今年、もっともかわいいと評判のキャラクタージバニャン。ちまたでは、さっそく似顔絵合戦となっている。だが、人気の一方で、その難しさにコマって…

生みの親が語る「ジバニャン」誕生秘話 『妖怪ウォッチ』キャラクターデザイナー長野拓造さんインタビュー【前編】

 今年、もっともブレイクしたキャラクターは、問答無用に「ジバニャン」だろう。ご存じ『妖怪ウォッチ』で成仏にできずにさまよう地縛霊である。その…

<訃報>まど・みちお、 渡辺淳一ら逝去 海外では ダニエル・キイスも【出版ニュース2014】

『失楽園』(上)(渡辺 淳一/角川文庫)  今年も多くの偉大な才能がこの世を去った。2月13日、『利休にたずねよ』で第140回直木賞を受賞し…

老舗少女マンガ誌の 創刊記念イベントが 続々開催 ヒット作品の映像化も相次ぐ【出版ニュース2014】

『花とゆめ』創刊40周年記念号  今年は白泉社の『花とゆめ』が創刊40周年、集英社の『マーガレット』が創刊50周年、講談社の『なかよし』が創…

「うどん」じゃ駄目ですか? 年越しが「そば」な理由

    『日本人の「食」、その知恵としきたり―なぜ、切れやすい年越しそばが長寿の象徴なのか』(永山久夫/海竜社)  「そば」派の方も、「うど…

そういや私、女子だった! 第18回「モテの総本山」

~すこやかでハッピーな童貞女子の日常~ 「モテ・非モテ」「喪女」「クリぼっち」……「モテ」のヒエラルキーに日夜さらされてお疲れの全女子に贈る…

下ネタに大照れするギャルは好きですか?
『おしえて! ギャル子ちゃん』(おしえて! ギャル子ちゃん/KADOKAWA / メディアファクトリー)

 ギャルに憧れたときがあった。「オタクにしか見えないけど実際何にも詳しくない」という何者でもない中学時代を経て、高校のときチャンスが訪れた。…

【羽多野渉&佐藤拓也】ニコ生「8bit BROTHERS」の正しい楽しみ方!〜八尾藤兄弟に

 声優の羽多野渉さんと佐藤拓也さんが出演するニコ生番組「8bit BROTHERS」の収録現場に遊びに行ってきた! 収録現場の模様や2人のイ…

「“カラダを売ると幸福になるのか”その答えを出すつもりはない」社会学者・鈴木涼美インタビュー(後編)

鈴木涼美さん  話題となった処女作『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』(青土社)に続き、幻冬舎plusの連載を加筆・…

「“AV女優の何が悪い!”という声のほうが気持ち悪かった」社会学者・鈴木涼美インタビュー(前編)

鈴木涼美さん  ジャーナリズムも文学も、話題性が大事なことは言うまでもない。でも、世の中のメディアが一過性の話題性と損得でしか動かなくなった…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ