インタビュー

インタビュー

遊川和彦「コメディはコメディ、シリアスはシリアスという芝居の枠を、 この映画で壊してみたかった」

遊川和彦「コメディはコメディ、シリアスはシリアスという芝居の枠を、 この映画で壊してみたかった」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、『女王の教室』『家政婦のミタ』など数々の話題作の脚本を手がけ、このほど自らの脚本で映画監督デビューを果たした遊川和彦さん。その映画『恋妻家宮本』に込めた想い、そしてこの世界に入るきっ...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ