注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
81件

注目の新刊(2013年12月)

さわさわ もみじ (はじめてであうえほんシリーズ)

さわん さわん。さわさわさわさわさわ。かぜがふいて、そらにとびだした、もみじさん。あか、きいろ、ちゃいろ、あなあき——。注目の歌人と画家による「きせつのおでかけえほん」シリーズの最新刊。リズミカルなことばと、色彩豊かな絵で、日本の秋の美しさを描く。

ちょうちょ (MOE BOOKS)

江國香織のみずみずしい言葉と、「第1回白泉社MOE絵本グランプリ」最高賞を受賞した新鋭のずば抜けた色彩センスが織りなす、詩情あふれる世界。狭い世界を抜け出して、広く美しい世界を自由に飛び回るちょうちょに、自分を重ねてみたくなる、想像力豊かな絵本。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 石森康子

ぶたのぶたじろうさんは、ゆめではないかとうたがいました。

散歩中にワシにさらわれたぶたじろうさんはどうなる?(「はしる」)、春の山を登っていたところ大雪に見舞われて……(「やまのぼり」)、空に浮かびハトのたまごを温めるぶたじろうさん(「ゆめ」)、3つのお話を収録。愉快なぶたじろうさんの活躍をお楽しみに。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 桑島まさき

おまめちゃん (ちいさなやさいえほん)

あかちゃんえほんの名手である絵本作家の新作「ちいさなやさいえほん」シリーズ。「ぽとっ」「ぱらぱら」「ざららん」「ゆらゆら ぽこん」という擬態語・擬音語が楽しく、水彩の色合いも優しい。『ぷちとまとちゃん』『じゃがいもちゃん』も同時発売。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 土田美樹

池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗

池田修三の木版画は、秋田県を中心に通帳や広報誌、カレンダーなどに数多く使われ、暮らしに寄り添うかたちで人々に愛されてきた。どこか懐かしい作風は現代の目でみると新鮮にも映る。「暮らしのなかのアート」を一冊にまとめあげた点でも意義深い画集である。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 工藤渉

鳥の王

「彼は鳥の王だ」「わずかに残された誇り高い空の支配者の末裔だ」……。自身が製作したギターのオブジェと、それにつけられた救世主をテーマにしたストーリー&写真による、80ページの物語。1点1点加工した銅プレートが表紙についた、函入り限定1500部のとても贅沢な本。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 石森康子

おにより つよい およめさん (えほんのぼうけん58)

山奥で暮らす鬼が、ふいに思いついた。「そうだ、よめを もらうべ!」しかし、やってきたお嫁さんは、家事を一切せず、ご飯を食べては寝てばかり。たまらなくなった鬼は、村へ返そうとするが……。鬼の心の動きにホロリとさせられる、読み聞かせにもぴったりの創作民話。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 朝宮運河

BLUEBIRD: ぼくとことり

孤独で、学校が好きじゃない、男の子。ある日、ふしぎな青い鳥が、彼のもとにやってきて……。『ニューヨークタイムズ』ベストイラスト賞受賞作家の、アーティスティックな文字なし絵本。だけど、男の子と鳥の会話が聞こえてくるような、雄弁な一冊。大人も泣ける。

稲盛和夫「仕事は楽しく」

「常に明るく前向きに。そして、仕事は楽しく」稲盛和夫が破綻直後のJAL社員に説いた、この言葉の真意とは? 稲盛和夫とJAL社員へのインタビューで明かされる、稲盛哲学の深淵。経営者はもちろん、学生や新人・中堅ビジネスパーソンにも役に立つ必読の一冊。

CD付 シャボンだまのきせき (単行本)

中居正広主演映画『劇場版ATARU』のスピンオフ絵本。自身が演じるサヴァン症候群の主人公・チョコザイをイメージして中居が昨年書き下ろしたソロ楽曲『ねぇ…』を絵本化したもので、ドラマや映画を知らなくても入りこめる世界観。中居と堀北真希による読み聞かせCD付き。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 土田美樹

課長の会話術

リクルートで複数の課長職を兼務した「課長のプロ」が、チームの結果を出すための50のルールを初公開。「できる課長は部下と雑談しない」「部下の成果はやる気に比例する」「部下はあなたの本音と本気を見ている」など、実践に即したリーダーのための「会話術」が満載。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 田島薫

アルカイック宗教論集: ルーマニア・オーストラリア・南アメリカ (宗教学名著選)

20世紀後半の宗教学を牽引した宗教学者のミルチャ・エリアーデ。ルーマニア出身の彼がなした山脈のような学問における、初期の小著2編を翻訳し紹介する。さらには、彼が取り組んだ「未開」の宗教についての研究成果も収録。宗教学名著選全6巻の第1巻だ。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 田島薫

戦略参謀―――経営プロフェッショナルの教科書

大ヒットドラマ『半沢直樹』に勝るとも劣らない「腐った企業」改革ドラマが誕生! 大手紳士服チェーン「しきがわ」の営業マン高山は、会社の給与制度の矛盾を批判し、不本意なポストへ回される。しかし、高山は正義感と行動力で新天地の改革に取り組むのだが……。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 桑島まさき

資格をお金に換える方法

「どの資格を、どう役立てればいいのか」といった疑問に答え、〈資格を武器にする〉ためのコツを伝授。「資格×○○=お金」という7つの成功パターンや資格活用のルールなど、シンプルでわかりやすい。資格をうまく生かして、ワンランク上の生活を手に入れよう。

ファントマ―悪党的想像力

ベル・エポック期のパリを舞台に、欲望のままに犯罪を重ねる元祖・仮面の悪党ファントマ。1911年大衆小説の主人公として登場し、黎明期の映画でビジュアル化、ルネ・マグリットらシュルレアリストを惹きつけた、変装の名手にして絶対的悪のヒーローの魅力のすべて。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 石森康子

なぜ、システム開発は必ずモメるのか? 49のトラブルから学ぶプロジェクト管理術

日々の生活に不可欠なコンピュータシステムだが、その開発プロジェクトはなんとおよそ7割が失敗するという。本書ではその最悪の結果ともいえる「IT訴訟」の事例を参考にし、要件定義から完成までの流れに沿って、トラブルの予防策と対応策を考えていく。

  • ジャンル : IT・科学・医学
  • レビュアー : 工藤渉

100人中99人に好かれる ありがとう上手の習慣

28年、アナウンサーとして情報番組のレポーターなども務めてきた著者。仕事で約1万人もの人と出会ってきた経験から、仕事/プライベート問わず、良好な人間関係を築くには「ありがとう」が大切だと説く。感謝の気持ちを日々に生かす術を、45のポイントにまとめている。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 土田美樹

ガンジーの予見から読み解く みんなで考えるニッポンの未来 (ヨシモトブックス)

地方議員・国会議員として42年間、政治の世界で活躍した著者が、政治・経済を中心に日本の未来を読み解く一冊。ガンジーの「7つの大罪」から現代社会を斬り、教育や憲法などにも警鐘を鳴らす。ハイヒール・リンゴ、ロザン・宇治原との対談も交え、易しく解説する。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 田島薫

あたまからつま先まで ザ・まさこスタイル

一年中はいている白いギャザースカート、七難を隠してくれるマリメッコのアイテム—。大人気スタイリストが季節ごとのお気に入りコーディネートを大公開! 小物使いや収納のヒントについても触れられている。ワンランク上のお洒落を目指したい人は、必見の一冊。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 朝宮運河

「悩み」は「お金」に変わる (角川フォレスタ)

お金がたまらない、ギャンブルがやめられず借金が増えるなどのお金の悩み、痩せられない、お腹がでて困るなどの身体上の悩み。悩みは人それぞれだが、著者は悩みこそがお金を沢山生み出すと考える。具体的な仕組みやノウハウを実例をあげ、稼ぎ方を紹介する。

伊勢ISEで幸せ開き

眺めているだけで幸せな気持ちになるイラスト旅エッセイの、出雲編に続く好評第2弾。20年に一度の伊勢神宮遷宮の年、本書をガイドブックとして、「伊勢女」(イゼジョ)という言葉もできるほど人気の旅スポットISEに目を向けてみよう。詳細地図付き。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 工藤渉

フィンランド式 叱らない子育て―――自分で考える子どもになる5つのルール

子育てをしていると、思い通りに育たない子どもにイライラしてしまう。そんな親たちにお薦めするのが子どもがのびのび育つフィンランド式子育て法だ。子どもを褒めて伸ばす、子どもに罰を与えないなど5つのルールをわかりやすく説明。子育てを楽しむ教科書だ。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 桑島まさき

愛しのワードローブ 私のクローゼット365日 Part2

ママであり、40代の仲間入りをした人気モデルでデザイナーの著者が、そのワードローブを大公開。96通りのコーディネートに加え、バッグや靴、アクセサリーなど小物も紹介する。すべて私物というアイテムは、ベーシックな中にも彼女らしい小粋なセンスが光る。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 田島薫

英語はまず日本語で考えろ!

英語を話したければ「TOEICの勉強」「単語の暗記」「英語脳」は捨てろと言い切り、その理由を明確に示してくれる本書。リスニングや発音から会話のコツに至るまで、理にかなった手法が数多く紹介されているので、勉強に行き詰まりを感じている人にはお薦めだ。

  • ジャンル : 教育・資格・語学
  • レビュアー : 工藤渉

50歳からの「人生をシンプルにする100の方法」 (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

衣・食・住・からだ・人間関係・趣味・勉強……。余分なモノを持たず、モノもココロも整理してシンプルに暮らすことで、心も身体もスッキリ、自分の思い通りに人生が変わっていく。「これから」の人生をもっと楽しく快適にして、軽やかにイキイキと過ごすためのヒント。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 石森康子

私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな (一般書)

40歳になってもいまだに楽しすぎるシングルライフを謳歌している著者が、世の女性たちに贈る斬新な結婚指南書。「彼の友達を、内心バカにしている」「女子力が高まりすぎている」「彼に転職を勧めたことがある」など、101のリストから結婚できない理由が明らかに!?

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 朝宮運河

演劇最強論

宮沢章夫や松尾スズキら演劇人16名のインタビューをはじめ、著者らによる座談会や小劇場作家リストなどを紹介。現代の演劇シーンの一番ホットな「熱」を伝える。演劇のみならず、映画や音楽、小説なども自然に作品に取り込む彼らのクロスオーバーな魅力も必見だ。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 田島薫

UKIYOE17

江戸の女子不足が「見返り美人」ヒットを生み、「冨嶽三十六景」は富士山信仰サークル大流行の便乗商品。北斎や広重ら有名浮世絵師16名と版元1名を、特徴や背景とともに軽い語り口で紹介。浮世絵や当時の江戸にうとくとも、気軽に浮世絵の楽しみ方を感じられる入門書。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 土田美樹

からだ思いの家呑み和食: 自家製調味料と保存食が大活躍

胃腸に負担がかかりにくく、アルコールの分解を助けたり、失われた栄養素を補う食材を吟味してつくる美味しい料理の数々を紹介。身近な食材で簡単にできる料理ばかりが並び、写真も美しいので眺めていると時を忘れるほど。家呑みがますます楽しくなる一冊である。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 工藤渉

仕事・人間関係がうまくいく呼吸の教科書

多忙でストレスフルだと息苦しくなるもの。そんな時こそ呼吸を整え、ゆっくり深呼吸することが必要だ。正しく息を吐くだけで身体や精神によい影響を与え、結果人生の流れが変化する。案外知らない呼吸についてじっくり学べる教科書だ。今日から意識して呼吸しよう!

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 桑島まさき

やってはいけない開運術 今すぐやめるだけで運気が上がる!

占術研究家のマギーが、NGな開運術を指南。「ネイルが一部はげている」「有名なパワースポットを巡り歩く」「手帳にものをたくさんはさむ」「汚れた癒しグッズを使う」……など、思い当たりがあり、ドキッとする方も多いのでは? 本書を参照して運気を上げよう! 術研究家のマギーが、NGな開運術を指南。「ネイルが一部はげている」「有名なパワースポットを巡り歩く」「手帳にものをたくさんはさむ」「汚れた癒しグッズを使う」……など、思い当たりがあり、ドキッとする方も多いのでは? 本書を参照して運気を上げよう!

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 田島薫

世の中それほど不公平じゃない 浅田次郎 最初で最後の人生相談

2013年8月、惜しまれつつも大団円を迎えた『週刊プレイボーイ』の名物コラムが単行本になって帰ってきた。悩める相談者たちをばっさり斬り捨て、その後でそっと両手を差しのべる。泣けて、笑えて、勇気が湧いてくる。浅田ワールドの粋を堪能できる人生相談書。

いまドキ語訳越中万葉

20巻ある万葉集のうち越中を詠んだ337句の「越中万葉」から、穂村弘、東直子、佐藤弓生ら50人の現代歌人が現代風に詠み直した名句集。馬を宅配便や自転車に置き換えるなどアレンジの背景をつづったエッセイや情景写真、ツイッター募集の優秀作などが味わい深い。

変り兜: 戦国のCOOL DESIGN (とんぼの本)

兎の耳、象の鼻、孔雀の羽、水牛の角……。ド派手な作り物を兜の上に載せ、ビロードのマントに身を包んで戦場へ向かった武士たちのファッションは、過剰だからこそカッコいい。戦国武将の装束に見る、引き算や洗練、わびさびの対極にある、もうひとつの「日本の美」。

マンガの食卓

『ギャートルズ』のマンモスの肉など、伝説の“トラウマ料理”から、『海街 diary』のしらすトーストまで! 新旧マンガにおける〈食〉にスポットを当てる。さらに、巨匠たちが描く食事シーンの比較論や、グルメマンガの進化の考察も。食欲とマンガ欲を刺激する。

内田樹による内田樹

『ためらいの倫理学』『先生はえらい』『街場のアメリカ論』『日本辺境論』——。内田樹はなぜこれらの本を書いたのか? 11作の著書・翻訳書を著者自身が徹底解説。ブックガイドとしてはもちろん、執筆活動の内側を垣間見ることができる読み物にも仕上がっている。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

アンソロジー お弁当。

お弁当箱のふたを開けると、そこには楽しみがぎっしり。阿川佐和子、内田百閒、木内昇、東海林さだお、林真理子、穂村弘、山本周五郎などが綴ったお弁当にまつわる名エッセイ、41編を収録したアンソロジー。写真は『おべんとうの時間』で知られる阿部了が撮影。

今日もキャベツでおなかいっぱい

憧れの自由が丘に引っ越したOL・みりん。しかし家賃が高いため、食費を削るはめに。なけなしの食材でどこまで美味しい料理が作れるのか? 賢い買い物の仕方、有名シェフが教えるパスタ作りのコツなど生活の知恵が満載。実体験をもとにしたコミックエッセイ。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 朝宮運河

ナウシカの飛行具、作ってみた 発想・制作・離陸---- メーヴェが飛ぶまでの10年間

メディアアーティストの著者は37歳の時、宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』の架空の一人乗り機「メーヴェ」を自分の手で制作したいと思い、10年の歳月をかけて実現させた。「メーヴェ」が飛ぶまでのプロジェクトの全て、男のロマンと情熱がここにつまっている。

東京いつもの喫茶店: 散歩の途中にホットケーキ

『東京ふつうの喫茶店』に続く、喫茶紀行エッセイ第2弾。日本で2番目に古い商店街の珈琲豆屋(台東区台東)や、人形好きのマダムが営む人形喫茶(目黒区駒場)など、東京の街角で出逢った店に加え、地方の面白い店も紹介。古きよき喫茶店の香りが全編に漂う。

包丁侍 舟木伝内: 加賀百万石のお抱え料理人

江戸時代、圧倒的な知識と卓越した発想にあふれた料理で、加賀藩主とその家族をうならせた名料理人がいた。その名は舟木伝内包早。本書は「包丁侍」舟木伝内とその子孫について詳しく調査。第二部では現存するレシピをもとに四季折々の加賀料理を再現している。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 朝宮運河

裏 最強 土下座

一見屈辱的な「土下座」には「自分を一段下げることで逆に得られる優越感や昂揚感がある」と看破し、闘い方としての土下座やケーススタディまでに話題が広がる、まさに最強の土下座本である。ブーム以前に土下座マンガ『どげせん』を世に問うた著者ならではの一冊だ。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

新編 大杉栄追想

関東大震災から間もない9月16日、伊藤野枝とともに憲兵に連行され、その日のうちに憲兵隊司令部で暗殺された大杉栄。大杉の死後、彼を悼む16人の言論人、同志らによって発表された文集(『改造』1923年11月号)を新訂、解説を加えた、革命児・大杉栄への鎮魂の書。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 石森康子

マラソン中毒者 北極、南極、砂漠マラソン世界一のビジネスマン

ベンチャー投資家として活躍する著者は、35年間インドア派だった。だがマラソンにハマって4年、世界中の過酷なレースに参加し続けている。忍者コスプレで挑んだ北極、100キロを走った南極、チリのチーム戦を中心に、負けん気あふれる挑戦をつづったブログの書籍化。

ターミナル・デイ (単行本)

厳格な階層社会が敷かれた近未来日本。エリート高校に通う天木京は、クラスメイトの父親が国に裁かれたことをきっかけに、闇に葬られた12年前の事件の謎を知ることに……。『先導者』で第19回日本ホラー小説大賞を受賞した気鋭の新人が放つ、衝撃の近未来サスペンス!

ダイアナ 最後の恋 (竹書房文庫)

1997年、ダイアナ妃はパキスタンにいた。恋人ハスナット・カーンの母親に自分を認めてもらうために……。ダイアナ妃の知られざる最後のロマンスを、関係者への取材をもとに明らかにした感動のノンフィクション。ナオミ・ワッツ主演映画『ダイアナ』の原作。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

誰に見しょとて (Jコレクション)

素肌改善、アンチエイジングから人体改変まで。美容+医療を謳う革新的な企業〈コスメディック・ビッキー〉は、人びとの美意識のみならず、生の在り方までを変えていくが……。テクノロジーと美のかかわりを描ききった、著者5年ぶりとなるSF連作集。

晩年様式集 イン・レイト・スタイル

3.11後、大きく動揺していた「私」はようやく恢復し、「晩年様式集 イン・レイト・スタイル」という文章を書き始めた。東日本大震災以後の緊迫した状況を背景に、2年近くにわたって雑誌『群像』に連載された最新作。老境の円熟を拒否し、大惨事に挑む傑作。

公園通りのクロエ

黒猫のクロエ、犬のジュディ、ドールハウスを製作する栞、イラストレーターの優喜。公園通りのカフェでついに出会ってしまった彼らの眩しい日々。恋愛小説の名手の最新作はボリス・ヴィアン『日々の泡』に捧げられた、限りなく優しくて哀しいGirlとBoy、猫と犬の物語。

世界でいちばん美しい

小学校時代の友人・せった君と再会し、行動をともにするようになった作家の島崎。バーでピアノを弾いているせった君には小海という恋人がいた。そんなある日、小海が以前つき合っていたという男が現れて……。構想10年、『船に乗れ!』の作者が到達した新境地。

ガンコロリン

こんな日に降るこの雨の名前を知りたかった——。満たされない思い、逃げ出したくなるような現実。『ふがいない僕は空を見た』など話題作を連発し、今もっともエンタメ界の注目を集めている著者が、雨の音を背景に描いた、ヒリヒリするほど生々しい5人の物語。

雨のなまえ

こんな日に降るこの雨の名前を知りたかった——。満たされない思い、逃げ出したくなるような現実。『ふがいない僕は空を見た』など話題作を連発し、今もっともエンタメ界の注目を集めている著者が、雨の音を背景に描いた、ヒリヒリするほど生々しい5人の物語。

金色機械

『夜市』など奇想に満ちた物語でファンを魅了してきた著者の最新作。ならず者の巣窟「極楽園」と異形の存在「金色様」に翻弄される人びとの運命を描く、壮大な江戸ファンタジー。月世界から来たという金色の機械の正体とは? 人間の善悪に迫る著者の新境地だ。

ほろびぬ姫

あなたはあなたを連れてきた。瓜二つのあなたの弟。そして言った、「僕は死ぬんだ」——。幸福な結婚生活を送っていると感じていた「私」に、突然訪れた不可解な出来事。取り替え不可能なもの、確かなものとは何か。サスペンスに満ちたハードな愛の物語。

村上海賊の娘 上巻

和睦が崩れ、信長に攻められる大坂本願寺。毛利は兵糧入れを乞われるが、成否は「海賊王」と呼ばれる村上武吉と娘の景にかかっていた——。第一次木津川合戦の史実に基づく壮絶な陸海の戦い。『のぼうの城』から6年、型破りな人物と感動。著者最高傑作の誕生。

黎明に起つ

京都を主戦場にくり広げられた権力闘争・応仁の乱。荒廃した都の姿に絶望しながらも、挫折から立ち直り、関東の地に覇権を打ち立てた北条早雲。彼が抱いていた国家像とはどんなものだったのか。為政者としての早雲を描いた歴史巨編。黎明を呼んだ男の壮大な一代記。

蛇行する月

図書部員の仲間だった順子から、20歳も年上の職人と駆け落ちすると知らされ、言葉を失う清美。極貧の生活を幸せだという順子に、悩みを抱き、北の大地でもがきながら生きる元図書部員たちは強烈に引き寄せられていく——。直木賞作家が描きだす、切実な人間ドラマ。

スノーマン 上 (集英社文庫)

冬のオスロで起こった女性失踪事件。現場には失踪者のスカーフを巻いた雪だるまが残されていた。オスロではこの10年間、謎の女性失踪事件が相次いでいるというが……。ノルウェー・ミステリーを代表する「ハリー・ホーレ」シリーズの第1弾。ついに邦訳なる!

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

だから荒野

夫にも息子にも軽んじられている46歳の主婦・朋美は、ついに家出を決意する。車で向かったのは元恋人が住んでいるという長崎。車やゴルフバッグの心配ばかりする夫を尻目に、朋美はつかの間の自由を謳歌する。冒険の果てに彼女が下した決断とは?

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

電気ちゃん

家を飛び出した16歳の鳥子を拾った超ダメ男の「電気ちゃん」。ふたりのちょっとおかしくて切ない恋の行方を描いた表題作をはじめ、「電気ちゃん」という奇妙な縁に引き寄せられた、生きることがあまり上手ではない女たちのささやかな希望を紡ぐ、全5編の連作短編集。

葬送の庭 上 (集英社文庫)

1980年代のアイルランド・ダブリン。貧しい家が軒を連ねるフェイスフル通りで、ロージーが姿を消した。22年後、失踪当夜に彼女と駆け落ちするはずだったフランクに、彼女のスーツケースが発見されたと知らせが入る——。エドガー賞受賞作家が贈る、哀切なミステリー。

ミーコの宝箱

両親に捨てられ、祖母から虐待を受けて育ったミーコ。現在は愛娘と暮らす彼女の半生を、祖父や同級生、教師、ボーイフレンド、娘など章ごとに異なる人々の視点から切り取っていく物語。あくまで淡々とした語り口から、読者の中に浮かび上がるミーコの像とは……。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

アリス殺し (創元クライム・クラブ)

栗栖川亜理は、なぜか最近不思議の国に迷い込んだアリスの夢ばかりみていた。そして、夢の世界の死が現実世界でも起こるという現象が現れる。事件解決のために三月兎と帽子屋が捜査した結果、アリスは容疑者となり、現実世界の亜理は真相究明に乗り出すのだが……。

そして父になる【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)

第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した福山雅治主演の話題の映画を、是枝監督自身が小説化し、映画の余白を埋める。6年間育てた息子が病院で取り違えられた他人の子どもとわかった主人公は……。共に過ごした時間か、血か? 2つの家族の出す答えとは。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

胞子文学名作選

3年前に刊行され話題を呼んだ『きのこ文学名作選』の姉妹編が登場。今度のテーマは「胞子」。苔、カビ、羊歯などが登場する小説や詩20編を集めた、世にも不思議なアンソロジー。収録作家は小川洋子、太宰治、谷川俊太郎、川上弘美など。ユニークな造本にも注目だ。

代書屋ミクラ

大学の研究者らに代わって論文をまとめる「代書屋」の仕事を始めたミクラ。よく仕事を紹介してくれるのが、先輩トキトーさんだ。しかし、なぜか依頼人は常にクセのある人で……。第1回創元SF短編賞受賞作家による、ちょっと不思議でゆるやかな連作短編集。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

戯作・誕生殺人事件

青山から北関東のとある街へ移住した牧薩次(ポテト)とキリコ(スーパー)。地元の中学生・美祢に住み込みで手伝いをしてもらいながら臨月を迎えたキリコは、謎の原稿を手にする……。『仮題・中学殺人事件』から40年を経て、ついにフィナーレを迎えたシリーズ最終巻。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

お伊勢ものがたり 親子三代道中記

還暦を控えたまつは、娘の香矢と孫・雪乃と共にお伊勢参りの旅に出る。江戸から同道するのは、頼りない見習い御師の久松。二条城在番の夫への密書を携えた香矢は、不安を抱えながら伊勢を目指す。母と娘、祖母と孫、旅で出会う人同士の人情に心温まる長編時代小説。

ヴルスト! ヴルスト! ヴルスト!

試験勉強のため、おんぼろアパート・かなめ荘に入居した勇人。アパートの1階にはヴルスト(ソーセージ)専門店を開こうと準備中の男・伸太郎が住んでいた。ある日、勇人はヴルスト作りの手伝いを依頼される。19歳の若造と59歳の親爺が挑む、人生の正念場!

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

おはなしして子ちゃん

小学校の理科準備室に置かれていた、ホルマリン漬けの子猿。ずっとひとりぼっちだったというその猿が、主人公にお話をせがんできた。小学生時代の奇妙な思い出を描いた表題作ほか、「今日の心霊」「エイプリル・フール」などキュートで不気味な10編を収めた作品集。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

晩夏光

香港の闇組織で働く日本人・新田悟。仲間が不審な死をとげたことをきっかけに、新田はそれまで踏み込んでこなかった組織の実態に触れていくことになる。第5回角川春樹小説賞で北方謙三・今野敏・角川春樹の全選考委員が満場一致で受賞を決めた、ハードボイルド長編。

去年の冬、きみと別れ

2人の女性を焼死させ死刑判決を受けた男の本を書くため、「僕」は被告に面会し取材をする。調べるほどに事件の全容が理解できない。被告の姉は弟同様、掴みどころがなく男を破滅させる。大切な存在を失った人たちが群がる人形師。著者渾身の書き下ろし小説。

バイバイ、サマータイム (STAMP BOOKS)

離婚したばかりの父親とともに、スポーツリゾートにやって来たダニエルは、そこで魅力的な少女・レキシーと出会う。彼女が持っているデジタル時計は、なぜか逆に時を刻んでいて……。少年の繊細な心の動きをサスペンスタッチで描いた、イギリス発の児童文学。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

縮みゆく男 (扶桑社ミステリー)

1日に7分の1インチずつ身長が縮む奇病に冒されたスコット・ケアリー。放射能汚染と殺虫剤の作用で、絶望の淵に落ちた彼が経験する家庭の不和や世間の好奇の目。そんな男に訪れる運命とは? 人間の尊厳をうたう感動のエンターテインメントが、今回新訳で再登場する。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

アメリカン・マスターピース 古典篇 (柴田元幸翻訳叢書)

  • 著者名 : ナサニエル・ホーソーン / 柴田元幸
  • 発売元 : スイッチパブリッシング
  • 価格 : 2,205円
  • amazonへ
  • 楽天ブックスへ

人気翻訳家が米国の短編小説の名作を厳選した〈ザ・べスト・オブ・ザ・べスト〉。この『古典篇』には、ホーソーン、メルヴィルら8人の著者による、小説7編と6つの詩を収録。ポー「モルグ街の殺人」とへンリー・ジェームズ「本物」は、本書のための訳し下ろしだ!

星籠の海 上

瀬戸内海に浮かぶ興居島の湾に、連続して死体が流れ着く。事件の解明を依頼された御手洗潔は、手がかりをもとめて広島県福山へ。その町では、ボート訓練中に巨大な怪物に出会ったという者がいて……。怪事件の続く「時計仕掛けの海」に御手洗が挑むミステリー巨編。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

日ざかり村に戦争がくる (世界傑作絵本シリーズ)

日ざかり村という小さな村に住むフアン・デ・ルナ少年の日常に、じわじわと戦争が入ってきた。新聞が届かず、バスが遅れがちになり、生活は変わってゆく。1930年代のスペイン内戦時代を背景にした本作は、人々の生活を破壊する戦争の無残さを描いた児童小説だ。

家族ドミノ (単行本)

父の訃報を受け、久々に実家に帰った夏生、美春、英秋の三兄妹。各々の事情を抱え金を必要としていた3人は、1200万円の遺産を独り占めしようと企むのだが……。意外な展開の連続から感動のラストになだれ込む、読みだしたら徹夜覚悟のエンターテインメント。

超高速!参勤交代 (らくらく本)

享保21年初夏、東北の貧乏小藩・磐城湯長谷藩に「隠し金山」の嫌疑がかけられ、藩主に「5日以内に参勤しなければ藩を取り潰す」という命が下る。時間がない、金がない、人も足りない! 八方塞がりのなか、藩の命運を賭けた男たちの疾走が始まる! が、しかし……。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

日入国常闇碑伝 (講談社ノベルス)

戦乱時代にひときわ特異とされた常闇の時代。そこには、碧眼赤髪の武将や技能集団、命を落としても戦い続ける武者など、謎が多い軍勢があった。生と死が混在する常闇の中で、彼らはいかに生き、いかに死んでいったか。英雄とは何か?と考えさせられる新伝奇冒険譚。

高砂 なくて七癖あって四十八癖

江戸は深川で材木仲買人として辣腕をふるっていた又兵衛が、内縁の妻・おいせとともに、幼なじみの孫右衛門が住む日本橋堀留町へと越してきた。界隈で起きる夫婦のもめごとに、彼らは円満な解決を図ろうと奔走する。さまざまな夫婦の形を、人情味豊かに描いた連作集。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

※最新の価格はストアでご確認ください。

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

TEAM NACS 20周年記念特集
2016年11月5日発売  定価650円


ページの先頭へ