注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
82件

注目の新刊(2014年08月)

いよいよ大詰めを迎えたサッカーワールドカップ。世界最高峰の試合に心を奪われ続けているファンも多いのではないだろうか。優勝候補とされながら惜しくも予選リーグで敗退したスペイン代表の監督を務めるデル・ボスケの素顔に迫った『評伝 デル・ボスケ スペイン代表、南アフリカW杯優勝の真実』が発売されている。前回の覇者が予選リーグを突破できなかったのは前回のイタリア代表に続いて2大会連続だった。さまざまなドラマが起こるワールドカップを深く楽しむことができる1冊だ。

クラスメイツ 〈前期〉

北見第二中学校1年A組。24人のクラスメイト一人一人を主人公に、その1年間を紡ぐ連作短編集。「変わりたい」という期待と不安、大切な出会い、小さなすれ違い、甘酸っぱい恋心など、多感な思春期がリアルかつユーモアたっぷりに描かれる。〈後期〉も同時発売。

ベスト本格ミステリ2014 (講談社ノベルス)

2001年から続くミステリー短編と評論のベスト作品集。短編部門は全員が初収録という顔ぶれだ。脚本家としての活動が生かされている岩下悠子、「日常の謎」にこだわる相沢沙呼、現役司法書士である深山亮など、多彩なミステリーが味わえる。未読の作家を知る楽しみも。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

星々たち

奔放な母親とも、2度目の結婚で授かった娘とも生き別れ、北の大地を彷徨った千春。昭和から平成へと時代とともに移りゆく彼女の数奇な半生を、彼女にかかわった人物たちの視点を通して浮き彫りにしながら、自らの居場所を求めてもがく人々の哀歓を描いた9つの物語。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

食堂つばめ 3 (ハルキ文庫 や)

死の世界へ旅立つ前に迷い込む「街」では、まだ生き返る可能性がある。ノエという女性が切り盛りするこの街の料理店「食堂つばめ」。料理店の人々は死にゆく人を生き返らせるように思い出の味と真心で懸命に説得する。ここに30代の会社員がやってくるのだが……。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 桑島まさき

沈黙の書

「火の時代、絶望の時代が近づいている」。天と地のあいだ「オーリエラント」に生を受けた〈風の息子〉は、風を操るその力ゆえに、激しい戦いと破滅の波に呑みこまれてゆく。若き魔道師の成長を描く、人気ファンタジー「オーリエラントの魔道師」シリーズの最新刊。

ヴァイオリン職人の探求と推理 (創元推理文庫)

イタリアのヴァイオリン職人、ジャンニ。同業者の親友、トマソが殺されて事件を探るが、別の殺人が起きてしまう。悪徳ディーラーや贋作がはびこる音楽業界で、名職人が豊かな知識と人脈を武器に、謎に挑む。ミステリーと音楽、双方のファンを魅了する秀作だ。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

吠えろ!坂巻記者 (ハルキ文庫 せ)

社会部から念願の生活情報部に異動となった、入社5年目の新聞記者・上原千穂。だが、直属の上司・坂巻は、常に我が道を行く“理不尽大王”。不満たらたらな千穂だったが、次第に坂巻のペースに巻き込まれ……。新聞社を舞台にした、新・お仕事エンターテインメント。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

恋情の果て

房州館山の網元の一人娘おとせは漁師の三次と駆け落ちし共に江戸に出てきた。しかし全財産をすられた三次は、借金のかたに女郎屋に売られそうになったおとせに代わり女主人に買われることに。引き裂かれた男女の恋の顛末を描いた表題作を含む全12の物語。

NOS4A2-ノスフェラトゥ- 上 (小学館文庫)

8歳で特殊な能力に目覚めたヴィクトリアは、猟奇的な連続殺人犯と対峙する宿命を背負っていた。少女時代から、母として死力を尽くして戦うまでを描いた壮大な物語。優れたホラー/ダーク・ファンタジーに贈るブラム・ストーカー賞最優秀長篇賞にノミネートされた作品。

COVERED M博士の島

全身整形に抵抗のない20代から30代の男性を急募! 報酬:1000万円――新しい“自分”を手に入れるため、〈僕〉は天才美容外科医M博士が潜むO島へ向かう。だが、連続殺人が発生し……。本格的な孤島ミステリーにアガサ・クリスティー賞作家が挑んだ力作。

リップステイン

映像専門学校に通う行人は、徹夜明けの朝、渋谷で少女と出会った。「武者修行中」と語る彼女は、その後傷だらけの姿で再び現れる。同じ頃、渋谷では世間を騒がした連続強盗事件の模倣犯とみられる者の犯行が起きていた。渋谷を舞台に謎が錯綜する青春ミステリー。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

アパリション

予備校講師にしてミステリー作家の矢崎の兄が、姿を消した。折しも都内では2組の夫婦が相次いで失踪し、手がかりとして公開されたテープには、兄の声が。一方、予備校では人気講師をめぐるスキャンダルが発覚し……。幾重にも交錯した圧巻のクライム・サスペンス。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

勇者のお仕事 (講談社BOX)

サンデン城に突然呼び出され、「勇者」にされた警備員のフレデリック。高い報酬と期限を提示され、隣町で暴れる魔王を退治するよう任命されるが……。システムエンジニアを生業とする著者が、魔王退治を現代のブラック企業と重ね合わせた斬新な視点がユニークだ。

  • ジャンル : コミック
  • レビュアー : 田島薫

ここからはじまる

小3の息子の夢がプロサッカー選手だと知った父は、息子のサッカースキルを伸ばそうと画策するが……。デビュー作から続いた人気の「サッカーボーイズ」シリーズなどサッカーをテーマにした小説が多い著者による、親子の成長譚。親と子の距離感が、絶妙に描かれている。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

シルバー・オクトパシー (文芸書)

脱北者の女性・セリの日本入国を企図した韓国の老実業家が謎の死を遂げた。セリは入国後行方不明となる。彼女を安全な先進国へ出国させる依頼を受けていた、揉め事解決のプロ集団「シルバー・オクトパシー」はセリの確保に動き出す! 興奮のピカレスク長編。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

メランコリー・サガ モールランド・ストーリーI (福音館創作童話シリーズ)

人々がショッピングにやってくる都会のど真ん中にあるサキブレ小学校。この街に暮らす小学6年生のコトノハ、パル、700はクラスになじめずくっついた3人組だ。3人はレトロなゲームソフト「メランコリー・サガ」に出あい起動させることになるのだが……。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 桑島まさき

モンフォーコンの鼠

七月王政下のパリ。流行作家のバルザックは、美貌の侯爵夫人から、自分の古いペンネームが冠された身に覚えのない未完の小説を渡される。「お書きになったのは貴方でしょう?」。フーリエとバルザック、ふたりの天才を軸に、パリジャンたちの奇想天外な物語が始まる。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

きみのために棘を生やすの

あのひとがほしい、どんなことをしても――。リアルな心理や性を描いて、今もっとも女性読者に支持されている女性作家5人が「略奪愛」をテーマに紡いだ、女性のための書き下ろし恋愛官能小説集。禁断の愛に溺れてみませんか?

ミチルさん、今日も上機嫌

昔からモテまくり、今は美魔女と呼ばれる山崎ミチル45歳。恋に生きると自負するバツイチだが、初めて男に逃げられ、仕事まで失い、唯一残ったのは元夫からもらったマンションとささやかな貯金だけ。そんな中で始めた地味なアルバイトが、希望の光になって……。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

鷹野鍼灸院の事件簿 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

新米鍼灸師の真奈は、鷹野鍼灸院で助手として働き始める。でも、院長の鷹野はいつも不在。代わりに治療を行う真奈のもとに舞い込むさまざまな事件の謎を、おとぼけ鷹野は鮮やかに解きほぐしていく。現役鍼灸師の『このミス』大賞作家が描く、鍼灸ミステリー。

1ハムレット (シェイクスピア名作劇場)

『ルドルフとイッパイアッテナ』などの著者で児童文学作家兼大学教授が、シェイクスピアの戯曲を大胆に物語化。「あらゆる文学の祖」とも称される作品が、初めて読む人にも挫折経験者にも楽しめる物語に。『ロミオとジュリエット』を含む全5巻シリーズの第1弾。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

いるか句会へようこそ! 恋の句を捧げる杏の物語

大学に入ったもののやりたいこともステキな彼も見つからない杏は、母と一緒に「いるか句会」に参加することに。そこには広告代理店勤務のステキな昴がいて、杏にときめきをもたらすのだった。句会で学ぶ杏を通して、自身も俳句を学んでいるような臨場感が味わえる。

瓜子姫の艶文

江戸時代、伊勢詣での旅人が大量に押し寄せる松坂。木綿問屋の女将・りくは、遊女が夫に出した恋文に翻弄され、人生が揺らぎ始めるのだった……。『婦人公論』の好評連載が単行本化。今年1月、惜しまれながら亡くなった著者による、「女の生と性」の到達点だ。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

月ノ森の真弓子

岩手と宮城の狭間に秘か存在している「月ノ森」。真弓子と叔父の駿矢は、その地で湧水「命迦泉」の番を始めた。森で暮らす二人の前には、さまざまな不思議が訪れる。『さざなみの国』などの中国ファンタジーで人気の著者が、初めて故郷・東北を舞台に紡いだ再生の物語。

ライバル

ストイックな“天才”宇希恵と“天然”キャラの葉奈。ゴルフの成績も性格も対照的なふたりだが、ある日の練習帰り「私のライバルは葉奈よ」と言いだした宇希恵に、戸惑う葉奈。そんなとき迎えた大会で、宇希恵がまさかの予選落ち……。ゴルフ女子の青春グラフィティ。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

大いなる不満 (新潮クレスト・ブックス)

大量虐殺が毎年行われるのに、なぜか続けられるピクニック。平均寿命1億分の4秒の微小生物たちを考察する新種生物案内。これらのプッシュカート賞受賞作2編を含む11編の短編集は、ねじれたユーモアと奇想と風刺が爆発。現代アメリカ文学の新たな潮流を体感しよう。

毛深い闇

少女の眼から角膜を剥がす不可解な殺人事件。女刑事の娘・切子は母親より早く犯人に辿り着こうと悪魔画廊を探るが――。『希望の国』『地獄でなぜ悪い』などの作品が国内外で評価されている映画界の鬼才による、初の完全オリジナル小説。高橋源一郎・村上龍両氏が推薦!

たまもの

別れた恋人から山尾という名の赤ん坊を預かった「わたし」。以来10年余、せんべい工場の契約社員をしながら山尾を育ててきた。血のつながらない息子とのかけがえのない日々の中、女と母の狭間を生きるシングルマザーの日常を艶やかに描き出した傑作長編。

結婚

28歳の倫子は恋愛が苦手で、男性とは何となく付き合ってきただけだった。しかし、あるとき卵子老化について書かれた本を読み、急に〈結婚〉という二文字を意識し始める。自分が結婚できない理由に気づいた倫子は行動を起こすが……。揺れる心情を冴えた筆致で描く長編。

うどんの時間 (2014/06/20)

弟の葬式のため10年ぶりに香川に帰ってきた健太郎。そこには堅ブツうどん職人のオヤジと情熱あふれる弟子の京香、そして個性豊かな仲間が待っていた。厳しい修業のはてに健太郎は弟との約束をはたせるのか?  一杯のうどんがみんなを繋ぐ、感動のうどん小説の誕生!

透明な迷宮

僕たちの運命は、どうしてこんなに切なく擦れ違ってしまったのだろう――。ブダペストで性に憑かれたハンガリー人に拉致された日本人カップル。悲劇を共有し、愛し合うようになった二人が彷徨う迷宮とは? 美しく官能的な悲劇を描く最新小説6作を収録。

あなたも眠れない

航空機事故で家族を失った七原慧子は、他人の眠りを奪わないと眠ることができない。獲物を求めて銀座の高級クラブに潜り込んだ慧子を待ちうける、危険な罠――! 『月下上海』で松本清張賞を受賞、一躍人気作家となった著者による迫真のハードボイルド。

旅のスケッチ: トーベ・ヤンソン初期短篇集 (単行本)

「ムーミン谷」シリーズなどが世界で読み継がれているフィンランドの作家・ヤンソン。彼女が20代の頃に発表した貴重な短編集。初々しい筆致ながら卓抜した皮肉とユーモアが冴えわたる。イラストも多数収録。ヤンソン生誕100周年を記念して刊行される本邦初訳作品だ。

雪の香り

2012年京都、新聞記者・恭平は捜査情報の中に失踪した恋人・雪乃の名を見つけ、取材を開始する。彼女はなぜ消えたのか? 見えてきた哀しき真実を胸に、恭平は祇園祭の宵山の夜、雪乃に向き合う――。『盤上のアルファ』で注目の著者が放つ感動必至の純愛ミステリー!

モノクローム

母さんはなぜ、僕を捨てたの? その答えはきっと、盤の上にある―施設で育った孤独な少年は、高校生活で得たたった一人の友人に助けられ自分の過去と向き合う決意をする。唯一の手がかりは母が残した棋譜――。囲碁を通じて心を取り戻していく青春ミステリー。

寂聴まんだら対談

出家し、90歳をこえた現在も精力的に書き続ける著者は、同時に対談・座談の名手としても有名。山田詠美、川上未映子など8人と対談し、文学、作家、書くということ、愛憎、老いなどの思いについて引き出していく。山田詠美との恋愛論はくすりと笑えて読みごたえあり。

学校に行かなくなった日

朝が嫌いだった、そして自分が嫌いだった……。小さい頃から学校が苦手で、小学4年生からの6年間、不登校だった作者。その繊細な感性で学校や友達、家族、そして自分の心を紡ぐ。『メンヘラちゃん』で知られる作者が描いた、胸に迫るコミックエッセイ。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

蘇える変態

“ものづくり地獄”の音楽制作、舞台・映画・ドラマと八面六臂の俳優業の舞台裏から、くも膜下出血に倒れ、一度は復帰したものの再発、死の淵から完全復活を遂げるまでの闘病生活まで。怒濤の3年間のすべてを、著者特有のユーモアとエロ妄想を交えてつづったエッセイ。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

ハジの多い人生

三十路を越え、人生ソロ活動中。女子校で「男役」としてモテ期を使い果たし、悲しみに襲われると献血へ行く。文化系WEB女子okadaicの自伝的エッセイ集。ピロシキ、メガネ男子萌え、宝塚、Twitter、ダイエット、霊感など、ハジッコから見た世界の断面は切れ味新鮮!

風になった伝書猫猫と人の魂が交差する物語 (単行本)

ミュージシャンである著者が、ノラ猫「ローラ」とのつながりで得たものとは? 35もの出版社にボツにされた原稿を手作りで刊行した作品が、書店が共同出資した出版元「多摩川の本屋たち」から再販され、ついに大手出版社から新装版として発売された。

評伝 デル・ボスケ スペイン代表、南アフリカW杯優勝の真実

世界中が興奮したW杯は、数多くの感動を人々に与えてくれた。2008年からスペイン代表監督を務め、輝かしい戦歴を祖国に残している名将、デル・ボスケ。幼馴染、元チームメイトなど彼をよく知る人々の証言を通して、最高の指導者の素顔を明かす。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 桑島まさき

気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている

雰囲気のいい個人店を開拓するのが大好きだった著者は、なぜか最近「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」と心情を吐露する。本書には「吉野家」など35のチェーン店が登場するが、その愛憎混じった分析には思わず共感。『散歩の達人』人気連載が単行本化。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 田島薫

街場の憂国会議 日本はこれからどうなるのか (犀の教室)

昨年12月、特定秘密保護法が成立。これを民主制の危機ととらえた論者たちが現状を分析。内田樹、小田嶋隆、想田和弘、高橋源一郎、中島岳志、中野晃一、平川克美、孫崎享、鷲田清一が、各々の立場から「今何が起きていて、これから何が起きるのか」について論じる。

ノー・シューズ

神戸の下町で過ごした幼少期を描いた1989年の『ぼくのスクラップ・スクリーン』に、マンガ家デビューから絵本制作の背景、『ガロ』で出会った人々との交流をつづった描き下ろしの『ノー・シューズ』、1コママンガ50枚を集めた『スカラマンガ』を加えた、自伝的エッセイ集。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた! ~涙と笑いの球界興亡クロニクル~

少年時代からヤクルトファンだった著者が、ふと抱いた疑問。ファンクラブのサービスを比較すると、ファンをどれだけ大切にしているかが分かるのでは? 2005年から10年間にわたる、全12球団のファンクラブ体験記。「球団別通信簿」や「特典グッズ」のコレクションも。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 土田美樹

461個の弁当は、親父と息子の男の約束。

シングルファーザーのミュージシャンの父が高校生の息子のために作った3年間全461食のお弁当。出来は良くなくても息子のために休まず作り続け、息子はがんばって学校に通った。弁当が手紙の役割を果たし父と子どもを繋ぐ、愛情たっぷりのお弁当エッセイだ。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 桑島まさき

xはたの(も)しい: 魚から無限に至る、数学再発見の旅

子どもの頃、苦手だと思っていた数学も、大人の視点で見直すと嘘みたいに魅力的! 現役数学者にして、『SYNC』『ふたりの微積分』などのベストセラー解説書で知られるストロガッツ先生が、数学の魅力と深さを親しみやすい語り口で教えてくれる数学再入門エッセイ。

おばさん事典

時は残酷なもの。くびれを失い、恥じらいをわすれ……。おばさんはいかにしておばさんになり得たのか。『加齢なる日々』の著者による、『高知新聞』ほか地方紙で人気の連載がついに書籍化。「妻のココロが分からない」と嘆くオジサン諸氏必読の100%実話爆笑エッセイ。

松尾潔のメロウな日々 (SPACE SHOWER BOOKS)

ジェイムズ・ブラウンに褒められ、クインシー・ジョーンズに罵倒され――。EXILE、平井堅、JUJUらを手がけるプロデューサーが、音楽ライターとして過ごした90年代の貴重な体験を回想し、現在の思いを語る、黒人音楽愛に満ちた究極のR&B本。山下達郎が序文を寄稿。

なにをどれだけ食べたらよいか。

  • 著者名 : 柴田 博(日本応用老年学会理事長・医学博士) / 
  • 発売元 : ゴルフダイジェスト社
  • 価格 : 1,188円
  • amazonへ
  • 楽天ブックスへ

日本応用老年学会理事長であり医学博士の持論は、「粗食よりも美食が元気で長生きする」。その論拠を、厚生労働省が出しているデータなどを示しながら具体的に解説したのが本書。「医者の正しいかかり方」にも1章を設けるなど、健康に対するあり方を考えさせられる。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 土田美樹

ストウブで冷たいお菓子 (講談社のお料理BOOK)

「使えば使うほどその実力に惚れ惚れ」するというストウブの鍋。保冷性にも富んだ性質は、冷たいお菓子作りにも最適だ。アイスクリーム、プディング、チーズケーキなど、味も見た目も本格的なスイーツを家庭で楽しめるレシピブック。ストウブの新しい魅力を発見できる。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 朝宮運河

テレビに夢中だった! (双葉新書)

「テレビとマンガがなければ生きていけなかった」と語る1956年生まれの官能作家が、テレビ黄金期への偏愛とノスタルジーを語り尽くす。ヒーローものや時代劇、洋物ドラマ、バラエティと歌番組、怪獣もの……と、元祖テレビっ子の目に映る番組群は、実に魅力的だ。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 田島薫

服部みれいの冷えとりスタイル100連発ッ

女性の敵のひとつ・冷えは万病の元。夏はエアコンの効きすぎに注意したいもの。冷えとり健康法を実践している著者が、健康に気を使いながらおしゃれもしっかり楽しむために「冷えとりスタイル」を紹介する。頭寒足熱をこころがけた個性的なスタイルばかりだ。

その性格は変えられる! 直せる7つの“ココロ癖" (角川フォレスタ)

自分で勝手に心配事を作り出す「ハラハラ癖」、小さなことでも気になってしかたない「イライラ癖」、いつまでも思い悩んでしまう「クヨクヨ癖」……。こうしたココロの癖はちょっとした工夫で治すことができる。日々の迷いや悩みをほぐしてくれる77の言葉の処方箋。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 朝宮運河

男が育休を取ってわかったこと

イクメン全盛期の現代ですら、男性の育休取得率はまだわずか約2%。そんな中、有名病院のイケメン皮膚科医が、半年間の育休を取って実感した「いいこと」「つらかったこと」の全てを語る。さらには、独自の「赤ちゃんの肌を守る池田流ベビースキンケア」も紹介。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 田島薫

うっとりカレーパン

「元祖」カレーパンから、著者を唸らせた最強のカレーパンまで。東京カリ〜番長の著者が、実際に食べ歩いた中で「本当においしい!」と感じたカレーパンを厳選して紹介。サクサクッ、ジュワ〜の感動が伝わる、「食べて、読んで、作って」楽しめるカレーパン・ガイド。

アガサ・クリスティー完全攻略

〈ミステリの女王〉の全99作品を、「どんなミステリか」「どれが、どう面白いのか」を徹底評論。ルールは「古典としてではなく、いまここにある新作として読み、評すること」。クリスティー初心者の手引書としてはもちろん、既読ファンも新たな魅力を発見できる秀逸評論集。

みんなが好きなインド料理+南インド料理: 少なめオイルとスパイスで作る

インド系イギリス人を夫に持つスパイス料理研究家の、4冊目となるヘルシーなインド料理の本。スパイスや食材についても丁寧に解説し、カレーやタンドリーチキンなどポピュラーなメニューはもとより野菜のお惣菜やスープ、デザートまで全77レシピを細やかに紹介。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 土田美樹

スタイリスト入江未悠 TOKYO LADY STYLE: ”大人かわいい”おしゃれで幸せになる!

リアルで上品、それでいて半歩先のかわいさを提案し続けるスタイリングで、読者やモデルから絶大な支持を得ている人気スタイリスト・入江未悠。そんな彼女のこだわりが盛り込まれた、初のスタイリングブックが登場。大人になってもかわいいを楽しみたいあなたへ。

路地裏の迷宮踏査 (キイ・ライブラリー)

『毒入りチョコレート事件』『赤い館の秘密』『野獣死すべし』など、数々の傑作を著した53人の海外ミステリー作家たち。その意外な交友関係や、執筆にまつわる知られざるエピソードを、風の向くまま気の向くままにご紹介したミステリーファン必読の一冊。

江國香織を読む ふてぶてしくも豪奢な美と愛

女性に圧倒的人気を誇る作家・江國香織の代表作を一編ずつ取り上げ、その世界の真髄にせまる文芸評論集。デビュー作『桃子』、紫式部賞を受賞した初期の傑作『きらきらひかる』、直木賞受賞作『号泣する準備はできていた』など14編を丹念に読み解いてゆく。

世界でいちばん居心地のいい店のつくり方: イタリアンレストランLIFEのよく遊び、よく働く (単行本)

代々木公園の裏にある人気イタリアンレストラン「LIFE」。28歳で同店を開業した著者が、独立後の10年間に学び、感じたことを綴る。開業資金、物件探し、店舗運営、スタッフやお客様への思い、レシピなど、〈自己表現の場〉でもある店づくりや独立開業のヒントが満載。

和食とはなにか 旨みの文化をさぐる (角川ソフィア文庫)

日本文化論の専門家が、昨年の「和食」ユネスコ世界無形文化遺産正式登録を機に書き下ろした書。一汁三菜、魚中心、出汁の文化といった特徴がいつどのようにして生まれたのか。和食の変遷と発展を歴史的にひもとき、グローバル化社会における和食の将来にも言及する。

稲盛和夫の仕事入門 (稲盛アカデミー選書)

「何のために働くのか」。「人生を素晴らしいものにする働き方とは」。京セラなど一流企業を創業し、破綻した日本航空を再建させた、辣腕経営者の仕事哲学が詰まった一冊。挫折ばかりの生活を経て起業し、名経営者へ至った考え方から、人生で大切なものを学びとろう。

夢は9割叶わない。

願っても夢は叶わない。夢は、願うものではなく描くものだから。しかし、目標は達成できる。「夢」を「目標」に変え、成功への扉をこじ開ける方法とは。生き方、仕事、人間関係など、たった一度の人生を心の底から楽しみ、「1割のチャンス」をつかむための55のヒント。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 石森康子

思わず買ってしまう仕掛けの極意

カリスマ流通コンサルタントの著者が、20年以上にわたる研究から導き出した「売れる仕掛け」を初めて書籍化。その基本は「野菜売り場」にあるといい、陳列法や価格の付け方、POPサンプル、キャッチコピーなどを指南。また心理学を応用したノウハウなども伝授する。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 田島薫

「人儲け」できない人生ほどつまらないものはない!

1969年にわずか500ドルを手に渡米した著者は、今や世界14カ国で展開するグループ企業18社で年商250億円を生み出す。成功の一大要因が「人にある」と断言し、本音を綴ったのが本書。フランクな物言いの中に、常に本気な姿勢と、世界で戦ってきた経験が光る。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 土田美樹

14歳からわかる生命倫理 (14歳の世渡り術)

どんなにサイエンスが進化しても命の重さは変わらない。安楽死、尊厳死、出生前診断、代理出産、臓器売買など命をめぐる問題は、命の格差や選別という倫理観が問われるデリケートな問題だけに議論が尽きない。14歳の子どもにも理解できるように解説した一冊だ。

頭角をあらわす男 70の流儀

「デキる男たち」とは何なのか。昭和を代表する骨太な人物や、世界で活躍する大物たちをはじめ、43年間、50万人の男たちを見てきた博多・中洲のカリスマ・ママが教える「出世したい」「成功したい」「モテたい」男性たちに贈る、記憶に残る一流の男たちのエピソード。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 石森康子

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意

著者は2万人以上を面接してきた敏腕人材コンサルタント。プレゼンや会議、時間管理や人事……など、仕事をうまく進めるコツは「上司の動かし方」、つまり“ボスマネ”にあると語る。また上司の思考と行動を先回りすれば、自分が主体的に仕事を回せると喝破する。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 田島薫

ピヨピヨ はじめてのキャンプ

お父さん、お母さんと一緒に、川辺に着いたひよこの5兄弟。初めてのキャンプで「たきぎ拾い」の仕事を頼まれるも、きのこ探しに夢中になって5匹だけで森の奥へ奥へと進んでしまい……。「ピヨピヨ」シリーズ第5弾にして、初の野外活動。新たなお友達も登場する。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 土田美樹

スクールボーイ・コンプレックス

『ソラリーマン』『スクールガール・コンプレックス』などで写真の新しい可能性を切り拓いてきた青山裕企が、初めて「少年」にカメラを向けた作品集。小学生から高校生まで12人をモデルに無邪気さ、健気さ、美しさなど、少年たちの見せる様々な表情を掬いとる。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 朝宮運河

ぺっこぺこヒグマ

旭山動物園飼育係を25年つとめた著者による翻訳絵本。腹ぺこぺこのヒグマが釣ったのはシロクマが乗った氷だった。シロクマはひと休み場所を紹介することを条件に、たくさんの魚をあげることを申し出る。ヒグマはシロクマの願いを叶えるために一緒に探すのだが……。

ふくろうデイズ

“幸せを呼ぶ鳥”として知られ、最近はペットとしても注目されているフクロウ。「フクロウと暮らす」をテーマに、アビシニアンワシミミズク、オオフクロウ、アフリカヒナフクロウなど、18種類のさまざまなフクロウが家の中で暮らす様子を撮り下ろした、可愛すぎる写真集。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 石森康子

写真画報Vol.3

木村伊兵衛写真賞受賞の写真家、梅佳代と森栄喜、そしてアメリカ人写真家のティム・バーバーの3人が、中高一貫・全寮制の那須高原海城中学・高校の生徒たちや、同性愛をテーマにしての恋人などをカメラで追った作品集。鮮烈な写真群が胸にストレートに響く。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 田島薫

大きくなるってこんなこと! (児童図書館・絵本の部屋)

春がきて、草木も花も育っていく。「ぼくは 大きくなるのかな?」小さなぼうやが尋ねると「もちろんよ」とお母さん。夏も過ぎ、ヒヨコはニワトリになったけど、ぼくは小さいまま。ところが、しまっておいた服を着たら……。美しい四季とともに子どもの成長を描いた絵本。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

超高層ビビル〈4〉日本編(2) (Skyscrappers Vol 4)

あべのハルカス(大阪)、虎ノ門ヒルズ(東京)をはじめ、日本全国の新旧の超高層ビルが集結した異色写真集の2014年版が登場。グランドプリンスホテル赤坂の解体コマ送り写真、歌舞伎座タワーの建て替えの様子、東京スカイツリーなども収録。超高層ビルファン必見!

おばけのたんけん さくぴーとたろぽうのおはなし (こどものとも絵本)

おばけのさくぴーとその弟のたろぽう。二人が公園に遊びに行くとからかさおばけのぺたくんとぴこちゃんがいて、4人で一緒に遊ぶことになりました。やがて雨が降り出し強風が吹き、皆とばされてしまい、気が付くと森の中にいました。そこには光るモノがあり……。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 桑島まさき

いつかぼくもビーズになる!: よっくんのポエム

原発性免疫不全、自己免疫疾患、間質性肺炎……と、小さい頃からたくさんの病気と闘い、2005年12歳で世を去った米野嘉朗君。闘病生活の中でもワクワクする夢をたくさん抱いて、明るく生き抜いた「よっくん」の詩に、お母さんの手記などを加えた感動の文集。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 朝宮運河

石井桃子のことば (とんぼの本)

『ノンちゃん雲に乗る』や『クマのプーさん』で知られる石井桃子は、作家・翻訳家・編集者として日本の子ども本の基礎を築いた人物だ。その101年の生涯と仕事を、ふんだんな写真と資料を交えて紹介した贅沢な一冊。豊かな世界観に、心もほっこりと温かくなる。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

ニーチェ 勇気の言葉

  • 著者名 : フリードリヒ・ニーチェ
  • 発売元 : ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 価格 : 1,512円
  • amazonへ
  • 楽天ブックスへ

ミリオンセラー『超訳 ニーチェの言葉』をベースに、ヨーロッパ各所の風景と名言を組み合わせた写真集。ニーチェが生まれ育ったドイツの地や家から始まり、短期・長期滞在したスイスやイタリア、フランスなどの街並みや自然をフルカラーで掲載。巻末に地名さくいん付き。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 土田美樹

希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話

  • 著者名 : フランツ・カフカ / ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
  • 発売元 : 飛鳥新社
  • 価格 : 1,620円
  • amazonへ
  • 楽天ブックスへ

歴史に名を残したゲーテとカフカ。二人はよく似た境遇にありながら、作品や数々の言葉から「明」と「暗」といわれる。同時代に対話することがなかった二人の言葉を対比させながら、思想や背景を解説した名言集。希望も絶望も、人生にはほどよく必要なのかと思える。

※最新の価格はストアでご確認ください。

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

TEAM NACS 20周年記念特集
2016年11月5日発売  定価650円


ページの先頭へ