注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
83件

注目の新刊(2014年09月)

講談社から刊行された椎名誠『埠頭三角暗闇市場』は「大破壊(ハルマゲドン)」と呼ばれる他国からの攻撃を受けて壊滅してしまった近未来の東京が舞台。激変した気候、異常な進化を遂げた動物、人間もまともな奴は出てこない。さらに、近隣諸国も混乱に乗じて介入の隙をうかがっている。第11回日本SF大賞を受賞した名作SF『アド・バード』を彷彿とさせる椎名氏的ごった煮SF小説だ。

まるまるの毬

10歳で武家の身分を捨て菓子職人の元に弟子入り、その後日本各地の名菓を求めて修業し、江戸・麴町に店を出した治兵衛。人気菓子屋「南星屋」を娘お永と孫お君の3人できりもりしているのだが……。風味が伝わってくるような時代小説だ。

かもめのジョナサン完成版

1970年代、現代の『星の王子さま』とも呼ばれ、全世界で4000万部を売ったベストセラーが幻の最終章を加えて再登場した。ジョナサンが消えた後の世界で、かもめたちはジョナサンの神格化を始めてしまうのだが……。五木寛之による渾身の創訳も注目したい。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

左巻キ式ラストリゾート (星海社文庫)

海猫沢めろんのデビュー作を、加筆修正・改題の上、すべて描き下ろしのイラストで構成した「完全版」。記憶を失くした「僕」が、12人の少女が暮らす学園で連鎖して起こる強姦事件と自身の素性とに挑む。性と暴力と勢いと技巧に満ちた、新世代小説の原点ともいえる作品。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

芸者でGO!

受験に失敗して芸者の道に入った弐々、元キャバクラ嬢の未以など、東京八王子の置屋「夢民」に在籍する5人の芸者たち。彼女たちは人生の逆境を乗り越えて、「八王子まつり」で最高の芸を披露することができるのか? 爽快なお仕事&青春&恋愛エンターテインメント。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

猫弁全集

天才弁護士・百瀬太郎、通称「猫弁」。天才とぼんくらの二面性を持つ彼のもとには、わけありの猫たちと、奇妙な依頼が集まってくる――。ドラマ化もされた人気ハートフルミステリー「猫弁」シリーズ全5作を完全収録。ここでしか読めない貴重な著者あとがきも収録!

芥川症

「芥川龍之介の短編には、医療や介護の現場にも通じるテーマが多い」――このように芥川の代表作から着想し、生老病死を描いた異色の7編。「他生門」「耳」「クモの意図」など、医師でもある作者だから描ける驚愕の医療小説を、毒とユーモアとともに味わいたい。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

途上なやつら

小学5年生の森見純矢は、母親と二人暮らしだったが、ある日巧妙に捨てられる。預けられた先は母親の親戚・歌子のボロ家だった。驚くほどデブな歌子、魔女や引きこもり爺さんなど、落ちこぼれ大人たちばかりが居候する奇妙な家での生活が始まるのだった。

南島小説二題: いとうせいこうレトロスペクティブ

南の島から届く手紙の主は結局のところ誰なのか? 目眩を誘う名作「波の上の甲虫」。休暇中、何の資料もなくうろ覚えの「ピノキオ」や「親指姫」を思い出そうとする「からっぽ男の休暇」。いずれも評価の高い、著者の初期小説を収録した待望の作品集だ。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

玻璃(はり)の橋

開港の荒波が押し寄せる幕末。交易による生糸不足の中、蘇芳は許嫁・由之助との結婚も白紙状態となり、実家の絹買継商・間藤商店では、兄の真太郎が起死回生を図った生糸の仕入れに失敗……。機織りの町・桐生で、強靱で艶やかな絹糸のように生きた、熱き女の物語。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

ぱりぱり

幼い娘の成長に不安を覚える母。生徒に詩人としての才能を見出した中年教師。姉の自由さに苛立ちながらその才能に憧れる妹。伸び悩む詩人に苦悩する編集者――。17歳という若さでデビューした詩人・すみれを取りまく6人の視点から描かれる連作短編集。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

知の孤島

東京湾の島に立つ山城工科大学(YIT)。そこは、将来の成功を約束されたエリート大学である一方、「知は金なり」という特殊なスローガンを掲げる場所だった。やがて学内で自殺者の遺体消失事件が起き、孤島の象牙の塔に隠された闇が暴かれようとするのだった――。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

ラバーネッカー (小学館文庫)

アスペルガー症候群のパトリックは、父の死を機に「死」を探求し続け、カーディフ大学で解剖学を学び始める。そして解剖実習中に解剖体「19番」の体内に“あるもの”を発見した彼は、一つの疑念を抱く。デビュー作でゴールド・ダガー賞を受賞した実力派作家の最新作。

老術師の罠 妖国の剣士(3) (ハルキ文庫 ち 2-3)

女ながらに剣士の道を歩む黒川夏野と、妖かしの子・蒼太を巡る物語。蒼太は何者かに毒を盛られ、夏野は怪しい老術師に襲われる。いったい誰が、何の目的で? 老術師の正体とは? 第4回角川春樹小説賞を受賞した『妖国の剣士』から続く、和風ファンタジーの第3弾。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

怪談オウマガドキ学園(8)夏休みは百物語: [図書館版] (怪談オウマガドキ学園[図書館版])

昼と夜が交りあう「オウマガドキ」は、オバケや魔物に出会う時。子どもたちが夏休みに出会う怪談、石から泣き声が聞こえる「泣き石」、縁日で買ったお面をつけるとくっついてとれなくなる「縁日のお面」など13の怪談を収録。人気のシリーズ最新作。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 桑島まさき

未来S高校航時部レポート TERA小屋探偵団 (講談社ノベルス)

江戸の長屋で発生した密室殺人。現場の状況から町娘のお美濃に嫌疑がかかり、彼女の無実を信じる5人の少年少女が行動を開始する。実は5人は22世紀からやってきた、未来S高校航時部のメンバーだったのだ。事件の真相は、彼らの生い立ちや時間旅行の謎にも関わり――。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

可愛い黒い幽霊: 賢治怪異小品集 (平凡社ライブラリー)

国民的童話作家として知られる宮沢賢治は、幽霊や妖怪に惹かれる「おばけずき」作家でもあった。賢治が遺した膨大な作品から、怪異や心霊、幻想の気配が濃厚な作品を抽出し、「幽霊」「幻視」「鬼言」「物怪」「魔処」の五章に配列した、発見と驚きのアンソロジー。

時空眼

舞台はパラレルワールドの1965年の日本。犯罪防止のため全国民にマイクロチップ「時空眼」が埋め込まれ、個人の行動は完全に把握されている。しかし「時空眼」には米国のある陰謀が秘められていた……。現実の戦後日本の歴史も取り入れた長編SFミステリー。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

A

風俗嬢の後をつける男。罪の快楽、苦しみを交換する人々。妖怪の村に迷い込んだ男。決断を迫られる軍人。彼女の死を忘れ小説を書き上げた作家――。『掏摸』が各国で翻訳され、アメリカの文学賞を受賞した著者が贈る13の「生」の物語。粒よりの最新短編集。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

忘却の声 上

かつては優秀な外科医だった老女・ジェニファーは、認知症を患っていた。日々の覚書と周囲の会話という断片の積み重ねから、彼女の親友が殺された真相が浮かび上がる。名ジャーナリストによる初の小説にして、英『ガーディアン』紙の最優秀ミステリに選ばれた長編。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

女系の総督

妻に先立たれた森川崇徳の家に住むのは、85歳の母をはじめ、姉、子ども、そして猫まで女だらけ。女たちの感情の暴風雨が吹き荒れる〈熱帯雨林〉のような女系一家に生きる男の悲喜こもごもを描く、直木賞作家の集大成。家族、恋愛、仕事など男の人生のすべてが凝縮。

残花繚乱

会社の常務・柏木荘太と不倫の関係にある西田りか。荘太の妻・美津子はその事実を掴み、荘太が弟のように可愛がっている落合圭一をりかにあてがおうとする。複雑に絡み合う愛の行方。見栄と意地、嫉妬と苦悩がつややかに精緻に描かれた、禁断の女性群像。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

星のアリスさま

乙女のカリスマが新たに放つ、野ばら版『星の王子さま』。継母のいじめを受け、故郷を追われたアリスが辿り着いたのは、四畳半風呂なしの小さな星だった。革命の唄を口ずさみ、四畳半に住んでもなお、気高い魂は失わない――。大人のおとぎ話をゆっくり味わおう。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

殺人者の顔をした男 (集英社文庫)

フィンランド国内で大ヒットした「ヴィクトル・カルッパ」シリーズ初の邦訳。ロシアからの帰国移民・探偵ヴィクトルは、古書店の主人から失踪した妻を探す依頼を受ける。そして、フィンランド、ロシア、エストニアと疾走し、陰謀に巻き込まれてゆく。

藍のエチュード

新学期が始まって2週間。粟生野壮介が主将を務める東京藝大・剣道部に、秋の昇段審査で初段を獲らせてほしいという高杉唯が入部する。創作や演奏、そして剣道に励む部員たちが、ままならぬ恋愛や進路に悩みもがく姿をリアルに描いた、さわやかでほろ苦い青春小説。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

女の子は、明日も。

主婦の満里子。編集者の悠希。マッサージ師の仁美。翻訳家の理央。ふとしたきっかけで14年ぶりの再会を果たした4人の女友達。30代を迎えた彼女たちの胸の中には、それぞれのプライドと思惑が去来する。現代女性の幸福と自由のあり方を描いた、感動の物語。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

天の光 (文芸書)

福岡藩の普請方の三男で17歳で仏師の道に進んだ清三郎は、師匠の反対を押し切って修行のために京へ上がる。約束の3年後に戻ると、師匠は賊に殺され、妻は行方知れずになっていた……。仏を彫ることの意味と、妻との日々を追い続けた仏師を繊細な筆致で描いた長編。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

水平線のぼくら 天使のジャンパー

奄美大島の高校生・隆文は、謎の美少女・麻巳と出会う。隆文の幼馴染で水泳部エースの映見に400mメドレーで勝利した麻巳はなんと、この南国の島にノルディックスキー部の創設を宣言するのだった。日常生活の繊細な描写も美しい、青春小説の傑作がここに誕生。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

つばき

浅草から深川に移ってきた一膳飯屋「だいこん」。店主つばきの才覚とメシ炊きの技は評判だが、ここ深川には独自の商売が息づいていた。アクは強いが義理人情に厚い輩たちに助けられながら、ひたむきに商いする女あるじの繁盛記。ベストセラー『だいこん』待望の続編。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

埠頭三角暗闇市場

ハルマゲドンで壊滅したトーキョー。薬品汚染と異常気象で奇病が流行し、恐ろしい生き物が蠢いていた。60匹の「植蛇」など、非合法の生体融合手術を行うあぶない医師・北山と、首都警察・古島の逃走・追跡劇はいかに? シーナのめくるめくSF世界が広がる。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

日本一の女

兄は穀物商の跡取りとなり、美人の妹は老舗旅館に嫁入り。豊臣秀吉似のサル顔のため妹に差をつけられたサダは、片田舎の農家・匹田家に嫁ぐ。嫁ぎ先でがんばり、子宝にも恵まれ、才覚で精米所の若女将となるのだった。意地悪にも負けない逞しいサダの人生、必読!

金魚鉢の夏

社会福祉の大胆な切り捨てによる経済の復活で、好景気に沸く近未来の日本。その中で生活保護が廃止され、行く当てのない人々が暮らす「希望の家」で入所者の死亡事件が起こる。事故死で片づくはずが、施設の闇が次々と明らかになり……。人間の哀しみが滲むミステリー。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

骨董・怪談

失われゆく日本の面影を愛し、「耳なし芳一の話」「貉」「雪女」などの名作を遺した小泉八雲=ラフカディオ・ハーン。その神髄を新訳によって蘇らせた「小泉八雲コレクション」の刊行がスタートした。本巻には代表作として知られる『骨董』『怪談』の2作を収録する。

(やまいだれ)の歌

中卒で家出しその日暮らしを繰り返していた北町貫多。横浜で新しい仕事を得、片恋する相手も見つけ、人生の軌道修正も図れるかと思いきや、ほどなく激しい失意が訪れる。そのとき彼の心の援軍となったのは、ある私小説家の本だった――。暗い青春の軌道を描く私小説。

マダム・キュリーと朝食を

「東の都市」へと流れて来た猫と、震災の年に生まれた少女・雛。目に見えない放射能を、猫は「光」として見、少女の祖母は「声」として聞く――。実際のエネルギー史を織り交ぜながら時空を自在に行き来し、見えないものの存在を問いかける著者初の長編小説。

月蝕楽園

直木賞受賞作『花まんま』などで人気の著者が、みつばち・金魚・トカゲ・猿・孔雀をモチーフに描いた、切なくて激しい恋愛小説集。ノスタルジックで優しさ溢れる従来のイメージとは一転、力強く、重たい物語展開で読者の心を鷲掴みにする。新境地を拓いた傑作だ。

春の庭

離婚したばかりの元美容師・太郎は、取り壊し寸前の古いアパートに越してきた。ある日、同じアパートに住む女が塀を乗り越え、隣の敷地に侵入しようとしているのを目撃する。彼女が語った意外な動機とは――。何気ない日常の中に、同時代の気分を切り取った芥川賞受賞作。

魔法使いと刑事たちの夏

『魔法使いは完全犯罪の夢を見るか』で大暴れした魔法使いマリィと、八王子署の変態刑事・小山田聡介が2年ぶりに登場! 小山田邸で家政婦として働くことになったマリィ。家事をしながら、聡介の持ち帰る事件に首を突っ込むが……。抱腹絶倒のユーモアミステリー。

小森谷くんが決めたこと

初恋相手が先生だった幼稚園時代。愉快だった小学生時代。暗黒面に落ちた中学時代。悪友とのおバカな高校時代。美容師の女性と恋愛した大学時代を経て、憧れの映画配給会社に就職。しかしそこで思わぬ出来事が――。作者が出会ったごく普通の青年・小森谷くんの物語。

悟浄出立

新しいマキメワールドは、かくも深く、かくも玄妙だった――。あの名作の「脇役」たちが、もし主役になったとしたら? 西遊記の沙悟浄、三国志の趙雲、司馬遷に見向きもされないその娘。中国の古典に登場する脇役に焦点を当て、隠されたドラマをあぶりだす連作集。

俺の喉は一声千両: 天才浪曲師・桃中軒雲右衛門

明治の大浪曲師・桃中軒雲右衛門の曾孫にあたる演芸研究家が、曾祖父の生涯を描き切った渾身の伝記読み物。独自の浪花節を完成させて、皇族の御前でも演じ、それまで蔑まれていた浪曲を劇場芸にまで高めた。「大衆芸能の神様」と称されたその生き様とは?

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 田島薫

私がデビューしたころ (ミステリ作家51人の始まり)

北村薫、宮部みゆき、有栖川有栖、桜庭一樹、伊坂幸太郎など活躍するミステリー作家たちのデビューした頃って? デビューしたもののなかなか次作が出版できなかった作家に新しい編集者が言い放った「消えないで!」の一言。小説以上に劇的な物語をお楽しみあれ。

ロボコン イケてない僕らのイカした特別授業

2009年のFIRST選手権(アメリカ最大の高校生ロボットコンテスト)に参加したあるチームの感動の物語。個性的なメンバーたちが熱意あふれる教師の下で、タイムリミットと闘い、時には反目し合いながらゴールに向かう。出来過ぎの展開なのだが驚くことに実話なのだ。

  • ジャンル : IT・科学・医学
  • レビュアー : 工藤渉

生きるためのサッカー: ブラジル、札幌、神戸 転がるボールを追いかけて

2014年W杯ブラジル大会の熱狂がいまだ冷めない中、熱いサッカー読み物が誕生した。日本に“ブラジル・サッカー”を伝えた日系ブラジル人二世であり、日本代表やJリーガーなど多くの選手を育てたネルソン松原。初の自叙伝がサッカーの「心」を教えてくれる。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 田島薫

紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている

日本の出版用紙の約4割を生産する日本製紙。その基幹工場である石巻工場は、東日本大震災で壊滅的な被害を受けたにもかかわらずたった半年で再始動を果たした。開高健ノンフィクション賞受賞作家が工場関係者への取材などを重ねて綴る、被害の実態と復興への道筋。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 土田美樹

99歳 ちりつもばあちゃんの 幸せの 道しるべ

「そう気張らんと、やりなはれ。自分よし、しなさいよ」。なんで自分ばかりがと思ったり、心が折れそうなとき、すぅっと心にしみる、ちりつもばあちゃんの言葉。幸せの見つけ方を99歳のおばあちゃんが教えてくれる。生きていく知恵がぎっしり詰まった、シリーズ第2弾。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

ちいさな城下町

「旅の楽しみの一つとして、何処か地図で城址を見つけ、そこを訪ねることがある」。城と歴史好きの著者が選んだ20の城下町。自身の来し方に思いを馳せながら、各地の歴史、町並み、郷土料理、酒などについて絵と文で綴る。今年3月に逝去した著者最後のエッセイ集。

幻想神空海

空海から様々なインスピレーションを受けてきた著者が、出会いから真言密教の教えなどを縦横無尽に語った。高野山真言宗・般若院の住職、宮崎信也との対談も、南方熊楠、宮沢賢治、小津安二郎からアントニオ猪木まで俎上にのせる刺激的な内容となっている。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 工藤渉

ひみつの王国: 評伝 石井桃子

『ノンちゃん雲に乗る』『クマのプーさん』などの作家・翻訳者として、戦後日本の児童書の礎となる作品を世に送り出してきた、児童文学の巨匠・石井桃子。生前の200時間に及ぶインタビューと膨大な書簡をもとに、101年の希有な生涯を書き尽くした決定版評伝。

突然美女のごとく (美女入門シリーズ)

NHKテレビ小説の影響で、20年前の恋愛小説『白蓮れんれん』が再脚光をあびている林真理子。名エッセイストとしての技が光る本書は、15年も続いている「美女入門」シリーズの第12弾。美を追求するチャレンジ精神と留まらぬ食欲が絶妙に描かれている。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

林業男子 いまの森、100年先の森

映画『WOOD JOB!神去なあなあ日常』で注目を集める林業。この業界にハマったという著者が、「木を育て伐るヒト」「伝統の技を受け継ぐヒト」……などのプロとして、森や木の仕事に勤しむ男女を取材。イマドキの林業の奥深さを伝える痛快ドキュメンタリー。

  • ジャンル : IT・科学・医学
  • レビュアー : 田島薫

40歳、初めてのお見合い (一般書)

読売新聞運営の「ヨミウリ・オンライン」。その女性向けページ「大手小町」の掲示板には日々の生活の中で感じたことや相談が多数書きこまれ、何気ないつぶやきにも反応が届く。本書は、家族や同僚には話せないことも語ってしまえる、そんなネットの連帯感から生まれた。

未来のだるまちゃんへ

『からすのパンやさん』『だるまちゃんとてんぐちゃん』などで半世紀にわたり親しまれてきた88歳の現役絵本作家は、いま何を思うのか。迷い道の人生、絵本に込めた願い、尊敬してやまない子どもたち、そしてすべての親への応援歌となる初の語り下ろし。

アヤツジ・ユキト 2007-2013

人気ミステリー作家・綾辻行人の「小説以外のすべての文章」を完全収録したクロニクル、待望の第4弾が登場。2007年から13年までの7年間の活動をフォローした本書には、傑作『Another アナザー』『奇面館の殺人』の誕生にまつわる文章も収められている。

還暦からの電脳事始(デジタルことはじめ)

iPadを使いこなす知人たちを羨ましく思いながら、なかなか手が出せずにいた著者。しかし、小学1年生の息子が使いこなしているのを見て、ついに購入を決意する。還暦を過ぎた小説家と最先端機器との共同生活は果たしてどうなる? 笑えて元気が出る電脳エッセイ集。

きみは赤ちゃん

35歳ではじめての出産を経験した芥川賞作家・川上未映子。つわり、マタニティー・ブルー、出生前検査を受けるべきかどうか、心と体に訪れる激しい変化、そして分娩の壮絶な苦しみ――。出産という大事業の一部始終を、時にユーモラスに、時に知的に綴ったエッセイ集。

おむすび WORLD TRIP 世界をむすぶしあわせレシピ

炊飯ジャーに食材をいれて、炊けたら手でむすぶだけ! タイの麺料理・パッタイ風、スペインのイカスミパエリア、ブラジルの海鮮シチュー・ムケッカ風など、世界30カ国の味をイメージしたレシピ集。自由奔放なおむすびは普段食からパーティまで幅広く活躍しそう!

【DVD&BOOK】 草刈バレエメソッド 美ラインを作るダンス・エクササイズ ((DVD&BOOK))

DVDに合わせて楽しみながら身体を動かすうちに、バレエ1曲を踊れるようになる! 引退から5年。映画出演の準備を始めたことをきっかけに、「いまの自分と向き合い、ありのままの身体の声に耳を澄ませる」ように考えた、身体作りのためのメソッド第2弾。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 石森康子

ゴルフ データ革命

コロンビア大学ビジネススクールの教授がデータを重視した、あくまで論理的な手法でゴルフの上達法に革命をもたらした! ショットごとのデータと稼いだ打数の分析を組み合わせると「パッティングは過大評価されている」などの、常識を覆す事実の数々が見えてくる。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 工藤渉

おいし なつかし なごやのおはなし

『それいけ!アンパンマン』の声をはじめ、舞台や映画などで幅広く活躍する女優・戸田恵子。本書は愛知県出身の彼女が愛してやまない、味噌煮込うどん、ひつまぶしなどの絶品“なごやめし”をたっぷりと紹介。思い出のエピソードも公開したグルメエッセイ&ガイド本。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 朝宮運河

切り絵作家gardenの 草花と動物の切り絵図案集

雑誌や書籍、アニメなどでも活躍する気鋭の切り絵作家が、カッターひとつで切り絵が楽しめる図案147点を紹介。ウサギやリス、ばらなど、動物と植物の繊細でセンス溢れる作品世界を堪能できる。また着色できるカラーパーツの付録もあり、多様な楽しみ方を提案。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 田島薫

古典和歌入門 (岩波ジュニア新書)

古人の祈りや思いをドラマチックに描いた古典和歌の世界。その代表作48首を「四季」「恋」「雑――世の中・人生」「祈り」の4章立てで紹介する解説書。現代語訳とともに、文法事項の解説、成立の背景が掲載されており、誰でも古典和歌の魅力に触れることができる。

世界名作映画絵コンテ図鑑 THE ART OF MOVIE STORY BOARDS

『風と共に去りぬ』『サイコ』『武器よさらば』『スター・ウォーズ』『未来世紀ブラジル』『乱』『アメリ』『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』など、新旧の名作映画43本の絵コンテを掲載。映画史上で芸術的な重要性を持つ貴重な作品の数々は必見。3000部限定生産。

男のええ加減料理 60歳からの超入門書 (講談社のお料理BOOK)

原則として使う調味料は1種類だけなので初心者も安心で、調理と食器を兼ねた土鍋を使うから料理も片付けも簡単なのが「男のええ加減料理」だ。和洋中からデザートまで多彩なレシピを収めた、中高年男性のみならず料理に自信のない人全般に薦めたい一冊である。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 工藤渉

サッカー データ革命 ロングボールは時代遅れか

今や野球の戦略にデータは不可欠。では、なぜサッカーではデータが重視されないのか? アメリカの社会経済学の教授と行動経済学の教授が、サッカー観戦で抱いた試合展開の「何故?」を科学的に分析。伝統からは見えてこない、新たな戦術が浮かんでくる。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 土田美樹

THE CRAFTBEER BOOK: ザ クラフトビア ブック (柴田書店MOOK)

一過性のブームを過ぎ、成長期に入ったクラフトビール。クラフトビールの基礎知識やスタイル別の特徴&詳しい紹介をはじめ、人気のビアバルや「ビアめしベストペアリング66」なども紹介。巻末には、全国の醸造所を紹介した「日本全国醸造所カタログ159」つき。

クラウトロック大全 (ele-king books)

クラウトロックとは、レディオヘッドからデトロイト・テクノにまで影響を与えたとされる1970年代ドイツのロックミュージックを指す。本書はその黎明期から80年代のノイエ・ドイッチェ・ヴェレ期までの重要盤700枚を網羅し、考察を加えた本格的ガイドブックである。

Who is the Best? メッシ、ロナウド、ネイマール。最高は誰だ?

世界的トッププレイヤーといえば、メッシ(アルゼンチン代表)、ロナウド(ポルトガル代表)、ネイマール(ブラジル代表)だろう。3人を技術、リーグ戦やW杯での成績、得点、受賞歴、メディアでの取り上げられ方など様々な指針で最高を選ぶ。興奮が蘇る一冊だ。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 桑島まさき

私たちの人生の目的は終わりなき成長である

「成功とは、成長の通過点に過ぎない。成功者より成長者になろう」という著者が、成長のための心がまえを基本、準備、投資、出逢いなど、8つのステージ・80のルールに分けて解説。価値ある20代を成長し続けるためにやるべきこと、やってはいけないことの基準を示す。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 石森康子

敵を味方に変える技術

  • 著者名 : ボブ・バーグ / 弓場隆
  • 発売元 : ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 価格 : 1,620円
  • amazonへ
  • 楽天ブックスへ

著者はアメリカの経営コンサルタントで、影響力の行使に関する第一人者。「人生の成功は1割が専門技術で、9割が対人関係である」との考えをもとに、すぐに実行できる5つの原理を導き出した。お店での対応や人との会話など具体例を出しながら、58の項目で解説。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 土田美樹

東大で文学を学ぶ ドストエフスキーから谷崎潤一郎へ (朝日選書)

2013年の春から初夏にかけて東大生150人を前に行われた人気講義の単行本化。小説の実作者ならではの視点で、ドストエフスキーや谷崎潤一郎などの近代小説を読み返していく。学生16名の力のこもったレポートも収録され、講義の臨場感が味わえる一冊となった。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

カラマーゾフを殺したのは誰か? 世界の名作でリーガルマインドを学ぶ (ディスカヴァー携書)

永遠の名作『カラマーゾフの兄弟』では、カラマーゾフ家の父が殺害され、容疑者として長男ミーチャが逮捕され、裁判シーンがクライマックスに用意されている。この事件を事例として現役弁護士が真実を解明してゆく。陪審員制度に慣れるために役立つ裁判記録だ。

他では絶対聞けないお金を増やす究極のしくみ (角川フォレスタ)

普通のサラリーマンでありながら、様々な富豪たちとの出会いを通して、リアルで超実践的な錬金術を体得。現在は東南アジアを拠点に12の海外法人を経営する著者が、「サラリーマンがお金を増やす19の秘策」などを指南する。格差社会の中で勝つための方法。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 田島薫

「消費」をやめる 銭湯経済のすすめ (シリーズ22世紀を生きる)

1950年生まれの著者が親から受け継いだ価値観から戦後の消費文化の浸透、経営者としてがむしゃらに働いた時期、そして職住近接の生活を送るようになった今。生きていくために必要のないものを欲することが「消費」との発想から、消費に追われた生活を見直す論考。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 土田美樹

泣けないサボテン

水のない所で育つサボテンはかつてトゲなどなかったが、意地悪ばかりされてトゲだらけになった。それでも泣けずに我慢し自身の涙を水分にして生きていけるようになり、花まで咲かせた。そしてその花は人の心を癒やす。いじめられている人に温かなエールを贈る絵本だ。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 桑島まさき

童謡えほん

「ふるさと」「春の小川」「くつがなる」「ふしぎなポケット」など懐かしい童謡36編を収録。これをメグホソキなど16人の人気画家の絵画が彩る。日本語の豊かさや、日本の四季の美しさを改めて実感できる内容だ。童話詩人たちのプロフィールや解説も付いている。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 田島薫

妖怪図譜: 江戸の化物大集合 (別冊太陽)

爆発的なヒットとなっている『妖怪ウォッチ』を例に取るまでもなく、いつの時代も日本人は妖怪と親しんできた。本書は浮世絵師が江戸時代に描いた妖怪画や絵巻物をはじめ、かるたやすごろくといったおもちゃ、歌舞伎の幽霊絵などを多数紹介した賑やかな画集。

12にんのいちにち

あさが、きました。町と、12にんのいちにちがはじまります。サッカー好きの男の子、元気いっぱいの看護師さん、イーストパーク動物園のライオン、働きもののパン屋さん、宅配便配達のおにいさんら、それぞれの生活が織りなす、すてきでほんわかする町の一日の物語。

いえのなかのかみさま

部屋には神棚があって、台所にはかまどの神様のお札が貼ってある、古くて大きな親戚の家。ともきが、げんやつぐみと納戸で遊んでいると、何かが箱の中に入っていったような気がしてのぞき込むと、そこには……。家を見守ってくれる「八百万の神」を楽しく紹介した絵本。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 石森康子

海洋地球研究船「みらい」とっておきの空と海

波を失った、熱帯の「鏡の海」。オーロラが全天に舞う北極の海。アイスブルーの氷山がそびえる南極の海――。地球の空と海を観測する世界最大級の“洋上の研究所”、研究船「みらい」がとらえた奇跡の絶景写真を紹介するビジュアルブック。最新の研究情報なども併録。

おっとあぶない かわのなか (日本傑作絵本シリーズ)

川の中洲で魚釣りをしていたライオンの親子とゴリラの親子。どちらがたくさん釣り上げるかを競っているうちに雨が降り出した。みるみる川の流れが激しくなり、足下の土が崩れて……。2組の親子は果たしてどうなる? ライオンとゴリラの姿をユーモラスに描いた絵本。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 朝宮運河

モモはどこ?

さまざまな風景を撮った100枚以上の写真。どれも美しいがそれだけではない。一目ではわからないが、風景のどこかにボーダーコリー犬のモモがいて、あなたに見つけられるのを待っているのだ。本を閉じたときにはすっかりお茶目なモモのファンになっているはず。

  • ジャンル : IT・科学・医学
  • レビュアー : 工藤渉

DVD付 SHARE HOUSE + YOU

“エロメン”として女性に大人気の一徹・月野帯人・有馬芳彦が揃った初めての公式写真集。3人が暮らすシェアハウスに泊まることになったあなた目線の写真が満載。シャワーシーンやベッドシーンはもちろん、起床から就寝まで3人のすべてが詰まったファン必見の一冊。

和田誠シネマ画集

イラスト界の巨匠が2001年から13年にかけて発表してきた、映画テーマの作品を集大成。オスカー受賞作品や文学者、映画監督、名作映画のラストシーンなど、映画ファンにはたまらない作品の数々に加え、書き下ろしエッセイ「自分史の中の映画」なども収録。

※最新の価格はストアでご確認ください。

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

TEAM NACS 20周年記念特集
2016年11月5日発売  定価650円


ページの先頭へ