注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
78件

注目の新刊(2014年10月)

『破門』で第151回直木賞を受賞した黒川博行さんの受賞後第1作『後妻業』が刊行された。後期高齢者を陥れる“後妻業”とは何か。新たな「悪」が描かれる。その他にも2014年3月に急逝したイラストレーター安西水丸さんの追悼作品集『安西水丸 青山の空の下』が刊行された。南伸坊さんや和田誠さんなど安西さんにゆかりのある人々からのメッセージや、村上春樹作品への想いを記した記事も掲載。

ビタースイートワルツ Bittersweet Waltz

東京・北千住で「弓島珈琲」を営む大のもとに、常連で恩人でもある三栖警部の部下が訪れ、警部の失踪を告げる。一方、過去の事件で三栖警部とも関わりのある女子大生・あゆみからは友人と連絡がとれないという相談が……。「弓島大と珈琲店」シリーズ第3弾。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

往生際の悪い奴

谷崎潤一郎『痴人の愛』や川端康成『眠れる美女』など近代文学史上に連綿と連なる「情痴文学」の伝統に立脚しつつ、あくまで2014年版の愛欲の世界を描いた長編小説。初老の弁護士、失業中の青年、そして就職を控えた女子大生の三角関係の行方から目が離せない。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

ナウ・ローディング

ゲームライターの柵馬朋康を軸に、ゲームに携わる人々や著者と同名の小説家の日常と小さな変化を描いた連作青春小説。ゲームへの深い愛情と造詣が書き込まれ、変わりゆく時代への切ない思いと諦めが伝わってくる。著者の過去作への関連もヒント程度に登場。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

松姫はゆく

男は何ゆえ、戦をせねばならぬ――。武田信玄の娘・松は、400年続いた武田家の存亡の危機に直面する。攻め込んでくる敵は、大軍を率いる織田信長の嫡男・信忠。かつての許婚で、初恋の相手だ。男たちが戦を続ける乱世を、強く心優しく生き抜いた女性を描く感動大作。

運転、見合わせ中

朝のラッシュ時に電車が停止。その時、大学生は駅の前に、フリーターはホームに、デザイナーとOLは電車の中に、そして引きこもりと駅員は線路の上にいた。ある朝、突然のアクシデントに見舞われた若者6人のドラマを描いた、私鉄沿線・恋愛青春小説。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

遊佐家の四週間

美しく貧しかった羽衣子、不器量で裕福だったみえ子。二人は中学時代から互いに欠けているものを補い合って生きてきた。ある日、独身のみえ子が羽衣子のもとに転がり込んできたことから、“理想の家庭”が少しずつ違った側面を見せ始め……。家族のあり方を問う長編。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

野球部ひとり

9人にひとり足りないヤンキー校野球部。他のスポーツ部とのグラウンド争いや公式戦出場のために、なんとか人数をそろえたい。そこに近隣の進学校との合同チーム化話が舞い込んだ。同じ野球小説で第7回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞した新鋭の受賞後第1作。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

相互確証破壊

6組の男女とその性愛、そして明かされる意外な真相……。不倫の恋の安全策として行為を録画するカップルを描く表題作など、いずれも執拗に性と男女の駆け引きが描写され、濃厚な後味を残す。エロスと怜悧な論理が結合した、著者にとって新境地のミステリー短編集だ。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

杉下右京のアリバイ

ロンドンで休暇中の杉下右京は、殺人事件の捜査に協力することになる。容疑者は奇術師。しかし犯行時刻に、ロンドンから遠く離れた街で〈テレポート〉を実演中だった。右京らは不可能犯罪の真相を追うが……。ほかに中編1編を収録した『相棒』オリジナル小説第4弾。

シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱

アフガンでの兵役を終え、ロンドンに戻ってきた医師・ワトソンは、シャーリー・ホームズという変わり者と同居することに……。コナン・ドイルの名作を下敷きに、舞台を現代ロンドンに置き換え、ホームズ&ワトソンを女性化させたホームズ・パスティーシュ小説。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

大日本サムライガール 8 (星海社FICTIONS)

アイドルを手段として政治の頂点を目指すヒロインを緻密に描いた「政治×アイドル」の異色エンタメ待望の新刊。講談社と秋田書店でのコミカライズ、KADOKAWA 富士見書房でスピンオフのノベライズと、4社体制による新たな展開が始まったことにも注目したい。

天盆

昔むかし、小さな「蓋」という国。この国を動かすのは「天盆」と呼ばれる盤戯の頂点に立った者。そのため人々は立身出世をめざし日々、「天盆」に励んでいる。貧しい食堂の末っ子、わずか10歳の凡天が非凡な才能を発揮したことから、この国の歴史が動き始める……。

波上館の犯罪 (講談社ノベルス)

「波上館」と呼ばれる洋館に住む波丘家の人々。打算的な娘・香波が何者かにナイフで刺殺され、連続殺人事件の幕が開く――。著者自身「究極の作品」「長年一つの理想としてきた作品」と宣言する奇跡のミステリー。隅々まで張り巡らされた大仕掛けに驚愕せよ!

はい、チーズ

バーでの出逢いから始まるホラータッチの会話劇から、命がけのサスペンス、心温まる学園小説、驚きの顛末の人情話など、バリエーション豊かな作品が14編。2007年に84歳で世を去ったヴォネガットが働き盛りの30代に書いた、優しくも皮肉、おかしくも深い未発表作品集。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

すえずえ

江戸の廻船問屋兼薬種問屋の長崎屋の離れには、今日も人ならぬ者達が揃って噂話。なのに、上方で大活躍した若だんなの評判を聞きつけ、仲人達が長崎屋に押しかけてきたから大変! ついに、若だんなが結婚!? 妖達はどうなる? 大人気「しゃばけ」シリーズ最新刊。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

非写真

私が撮影する写真には、死者の姿がはっきりと写る。そのことは東北の被災地に住む者たちを喜ばせた。やがて私は死人が最期に入るという天然の湯を撮ることを勧められて――。恐ろしくも悲しい「さるの湯」他、写真とカメラをモチーフにした9つのホラー短編。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

【Amazon.co.jp限定】エンダーズ・デッドリードライヴ 東京蹴球旅団2029 ポストカード付き

2029年、東京。コロンビアでトラブルに巻き込まれた日本人サッカー選手・群青叶は、反発していた彼の実父の依頼で、仕方なくサッカークラブ「銀星倶楽部」の後継者となる。しかしそれは壮絶なプロサッカー興行戦争の幕開けだった。新世代サッカー小説だ。

敬語で旅する四人の男

11年ぶりに母に会うため、佐渡島を訪れた真島圭太。2泊3日旅行の同行者は、会社の斎木先輩たち3名。誘った覚えは一切ないのに……。唯川恵と朱川湊人の両選考委員大絶賛の第7回小説宝石新人賞受賞作を含む、4人の微妙な距離感が味わい深いロードノベル連作集。

怪の放課後 実録怪談 (ハルキ・ホラー文庫)

大物政治家の突然の引退で永田町に激震が走る中、科捜研・知能犯担当課の天音陶子は、ハッカー調査の特命を受ける。捜査で浮かび上がった天才ハッカー。サイバーテロと国家秘密漏洩、立ち向かう警察組織、世界を揺るがすハッカーの攻防。衝撃のサイバーミステリー。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

ストーミー・ガール サキソフォンに棲む狐II (サキソフォンに棲む狐 2)

ジャズを毛嫌いする母に、大切なサックスを壊されてしまった典子。途方に暮れていた彼女は偶然リペアマンの尾之上と出会う。尾之上は典子の家庭に秘められた、ある「謎」にかかわっていた。ミステリーの楽しさと音楽の喜びが融合した本格ジャズ青春小説、完結編。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

それは秘密の

罠と懊悩。カネとライバル。裏切りと純心。明けない夜と白茶けた朝。瑞々しい老婆からフェティシズムに目覚めた小学生男子まで、〈恋ごころ〉という厄介きわまる、やるせないものを抱えた男たち女たちのミステリアスな心情と希望を描く、作者会心の珠玉短編集。

後妻業

妻に先立たれた後期高齢者の耕造は、69歳の小夜子と同居し始める。しかし、小夜子は前科持ちの男・柏木と結託していた。脳梗塞で倒れた耕造を見舞った娘たちは、やがて小夜子の本性を知ることに――。新直木賞作家がリアルに描く、恐るべき“後妻業”の手口と実態。

チャンミーグヮー

琉球空手を現代に伝える上で重要な存在である喜屋武朝徳。琉球の名家に生まれながら、彼はなぜ一生を“手”に捧げたのか? 廃藩置県で揺れる琉球激動の時代に生きた、謎多き漢(おとこ)の一代記。自らも長年空手に携わってきた著者だけに、リアルさと迫力は折り紙つきだ。

愛なんて嘘

結局、この世界は人々の裏切りで満ち満ちている。だから誰といても孤独なのだ。けれども、誰かといることを切望してしまう。なぜなら、私たちは、一人では生きていけない生き物だから。結婚や恋愛に愛想を尽かしたはずなのに、諦められないあなたに贈る短編集。

虫娘

シェアハウスに暮らす5人の男女。ヌードモデルをしながら身体を売っていた照の謎の死が、住人たちの人生に光と影を投げかける。照はなぜ死んだのか。あれは事故だったのか、自殺だったのか、それとも殺人――? 悪意と嫉妬、自由と不自由をえぐり出す衝撃の新作。

グリーン・グリーン (文芸書)

主人公の翠川真緑、通称グリーン・グリーンは県立農林高校の新米教師だ。畜産科には山羊と豚がいるし、林業科には研修林や炭焼き窯まで揃っている。都会育ちの真緑が出会った農林高校での驚愕と感動の日々! あさのあつこが農業高校を舞台に描く青春ドラマ。

ねじまき片想い (~おもちゃプランナー・宝子の冒険~)

スカイツリーを見上げながら、水上バスで通勤する富田宝子、28歳。浅草にあるおもちゃ会社の敏腕プランナーとして働く彼女は、次から次へと災難に見舞われる片想い中の彼のため、SP気分で密かにトラブルを解決していく。『伊藤くんA to E』でブレイクした著者の新作。

幻肢

交通事故で大怪我を負い、記憶を失った糸永遥。不安と焦燥でうつ病を発症した彼女は、治療のためTMS(経頭蓋磁気刺激法)を受けることに。その直後から恋人の幽霊が現れるようになり――。映画『幻肢』の原作にして、映画とは男女が逆転したオリジナル・ストーリー。

アポロンの嘲笑

東日本大震災から5日目、原発作業員の金城純一が殺された。被疑者の加瀬邦彦は移送中、余震の混乱に乗じて逃走し、危険極まりない“ある場所”へと向かっていた。一体何が邦彦を動かしているのか? 極限状態に置かれた人間の生き様を描く、社会派サスペンス。

エヴリシング・フロウズ

絵の好きな中学3年生のヒロシは、母親に反発し、学校と塾を往復する毎日にうんざりしながらも、新しいクラスメイトとの友情を少しずつ育んでいた。そしてある事件が起こる。大阪を舞台に、人生の入り口に立った少年少女を繊細な筆致で描いた、青春群像小説。

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題

加齢すれども女子魂は死せず! これまで誰もが見て見ぬふりをしてきた女にまつわる諸問題(女子、カワイイ、ブスとババアなど)から、恋愛、結婚、家族までを、自らの体験に笑いと毒を交えて語りつくす。知恵と術を与えてくれる “女子”のためのバイブル的エッセイ。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

弱いつながり 検索ワードを探す旅

ネットで統制された世界から逸脱するには、グーグルが予測不能な言葉で検索すること。そして自分を変えるには「移動」するしかない。著者初の人生論のテーマは〈ネットの検索〉と〈旅〉。かけがえのない生き方に必要なものや、21世紀のグローバル社会の希望を提示する。

怪談四代記 八雲のいたずら

著者は『怪談』で知られる小泉八雲の曾孫にあたる人物。本書は小泉家4代に伝えられた興味津々のエピソードや、著者や家族が経験した怪談的エピソードを綴った随想集だ。「カラスの因縁」「鷺に守られる家」「父の魂のいたずら」など、曾祖父譲りの怪談愛がにじむ。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

太陽がもったいない (単行本)

人気小説家の第3エッセイ集は、園芸がテーマとなった。ふとしたきっかけで始めたベランダ園芸を通して、園芸はもちろん、自らの生活、人間の生命など考えは多岐にわたっていく。主な読者層たる若い女性以外の読者からも共感を得られそうな、好エッセイ集である。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

袴田事件 ― 冤罪・強盗殺人事件の深層

1966年の放火殺人事件で逮捕された袴田巌は、死刑判決を受けるものの再審請求に次ぐ再審請求で今年死刑及び拘置の執行停止と再審が決定した。日本最大の冤罪事件といわれる袴田事件を、丁寧に追ったノンフィクション。2004年刊の文庫版に再審決定の経緯も加えて復刊。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 土田美樹

女という生きもの

「誰にだって自分の人生があり、ただひとりの『わたし』である」。子どもの頃や20代を振り返り、やがて来る老いを思いながら40代の著者が描く、「母なるもの」「男と女」「かわいいおばあさん」「カルチャースクール」など、女性なら思わず共感のエッセイ&コミック。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

バンギャルちゃんの日常 3

ここでいうバンギャルとは、ビジュアル系バンドを追いかける女子たちのこと。本書はバンギャルたちの生態を愛情をこめて描いたコミック集で、対象が何であれ一つの物事に夢中になることには素晴らしさと痛々しさが伴うという普遍の真理にたどり着いている。

  • ジャンル : コミック
  • レビュアー : 工藤渉

ハッチ&リトルB 小さな男の子と大きなワンコの奇跡のような本当のお話

脚を1本失い、あやうく殺処分をまぬがれた犬のハッチ。英国内でただ一人という難病シュワルツ・ヤンペル症候群を患っている少年のオーウェン。一緒に暮らすことになった少年と犬の強い絆が、周囲に勇気と愛をもたらす。テレビでも紹介された感動の実話。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

江戸の人になってみる

江戸の風情を探して、浅草寺の花祭、山王祭、鷲神社の酉の市など長く受け継がれている年中行事を体験。また、ご飯の支度など江戸の暮らしを再現する。人気エッセイストが『絵本江戸風俗往来』を片手に、読者を江戸時代へのタイムスリップへ誘う体験記。

少年アヤちゃん焦心日記

男性アイドルグループの追っかけ、かつて熱狂した韓流アイドルへの揺り戻し、飲食店の店員や人力車の車夫への淡い熱情、スーパー銭湯での男性鑑賞。2013年5月から365日間毎日記されたWeb連載の書籍化。言動と内面と妄想とがシビアに切り取られている。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

考えるマナー

「悪口のマナー」から「五本指ソックスのマナー」まで、大人を悩ますマナーの難題に作家、芸人ら12名がくりだす秀逸な回答集。意外に役に立つ回答もあれば、役に立たないが心をなごませてくれる回答など、様々な個性を味わえるコラム集としてもおすすめだ。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 工藤渉

歳月パラパラ

1961年から半世紀以上活躍してきたSF作家は今年で80歳。ここ数年間のショートエッセイをまとめた本書には、日常への思いや経年を感じさせる出来事、SF世界への窓口となる感性や思考が描き出されている。余韻が残る筆致は、ショートショートも人気の著者ならでは。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

シャバはつらいよ (一般書)

超希少な難病を抱える「難病女子」が、病院を「家出」! 一人で生きると決めた彼女を待ち受けていたのは、「彼」との念願のデート、冷たい福祉制度、3.11、そして温かい“他人”たちとの出会いだった。冷静&ユーモラスに綴る、べストセラー『困ってるひと』の続編。

吉田松陰に学ぶ男の磨き方

「武士たる者の修養は如何にあるべきか」「武士は如何に生きるべきか」を平易に説いた吉田松陰の著作『武教全書講録』。本書はその本文と現代語訳・解説を収録し、武士道のエッセンスを現代読者に伝える一冊。気骨ある古武士のような男になるための百訓。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 朝宮運河

誰がタブーをつくるのか? (河出ブックス 74)

私たちが暮らす「そこそこ自由な国・日本」。しかしこの社会には多くのタブーが存在し、行動や思考を規制している。タブーはいかにして、そして誰のために生まれたのか? 誰も教えてくれないタブーの正体と、それを見抜くための思考法を分かりやすく説いた本。

浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち

終戦直後、焼け跡となった東京は身寄りのない子どもたちで溢れていた。復興と共に街が浄化され、居場所を失い歴史から“消え去った”彼らを、残された資料と当事者の証言から追う。戦後裏面史に切り込む問題作にして、戦争が生み出したものを見つめなおす必読の書。

この子オレの子!

「一生やんちゃ男」、50歳で初めてパパになる! 映画化もされた青春小説の金字塔『岸和田少年愚連隊』で知られる岸和田のごんたくれ・中場利一がなんとイクメンに!? 結婚から妻の妊娠、出産、育児の日々を爆笑&感涙の筆致で描いたエッセイ集。

白蓮自叙伝 荊棘の実

NHK朝の連ドラ『花子とアン』で全国的に注目を集めている柳原白蓮。伯爵令嬢としての複雑な生い立ち、東洋英和で育んだ村岡花子との友情、炭鉱王・伊藤伝右衛門との再婚、一大センセーションを巻き起こした宮崎龍介との恋までもを自ら語った稀有な自叙伝。

ボビー・フィッシャーを探して

6歳でチェスを始めて以来、加速度的に強くなってゆくジョッシュ。その眩い才能に入れ込み、息子とともに勝負の世界へ捉えられてゆく父。チェスの高峰を目指す父子の歩みはどこへ至るのか。“頭脳の格闘技”に魅入られた者の興奮と苦悩を描いた傑作ノンフィクション。

イギリス鉄道でめぐるファンタジーの旅 (KanKanTrip)

クマのプーさん、ピーターラビット、不思議の国のアリス、ハリー・ポッター。世界中で愛されているファンタジーの故郷でもあるイギリス。そのゆかりの地を鉄道でめぐる本書は、旅行好き、鉄道ファン、ファンタジーファンのいずれも楽しめる贅沢な一冊である。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 工藤渉

7日間でとびきり愛される方法

愛される女性になりたい! ならば、手抜きをしている自分を認めて、変わるために行動しよう。本書の「自分を見つめ直す」「お金と両想いになる」「女子会を断ろう」「『あなたはそのままで大丈夫』なんてウソ」などのアドバイスを実践すれば、幸せに近づけるはず。

スパルタ婚活塾

マンガ化・ドラマ化もされた『LOVE理論』は、学生時代に恋愛マニュアルを読みまくった著者が200冊以上もの読書から学んだエッセンスを自分流に表現したものだった。姉妹版である女性向けの本書は、自身の経験も交えた男性目線で、恋愛と結婚の成功術を説く。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

図説 街場の鉄道遺産 京都・大阪編

京都・滋賀・大阪エリアに今も残る駅舎・橋梁・隧道といった鉄道遺産を写真で紹介する。澱川橋梁、鞍馬駅など美しく詩的なものもあれば、朽ち果てた印象のものもある。開業日など詳細データ付きで、近代日本の鉄道技術を知る上で価値のある本だ。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 桑島まさき

笠原将弘の子ども定食:子どものための36献立115の料理+7のおやつ

おにぎり定食、子ども丼定食、魚定食といったふだんの定食から、みんなが集まる日のパーティー食、お正月や節句など、季節の行事に合わせて食べたい行事食におやつまで。日本料理店「賛否両論」の主人が考える、子どもたちに食べさせたい、料理約120のレシピ集。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 石森康子

猫踏んぢゃった俳句 (単行本)

「猫の神秘性を過剰に意識する」という猫好き作家が、俳人21人が猫を詠んだ俳句を独自に検分。芭蕉、一茶、漱石、芥川、山頭火、真砂女らの句や生き方を、〈猫の味方〉として語りつくす。俳人に“詠まれた猫”か、“詠ませた猫”か。その関係性の解読も趣深い一冊。

筋肉男子

バレエダンサー・竹田純、人力車車夫・関川涼一など様々な領域で活躍する、カラダ自慢の男たちを豊富なカラー写真と身体データ、コメント付きで紹介した筋肉男子カタログ。男らしく筋肉のついたイケメンが好きという層にとって、ありそうでなかった一冊である。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 工藤渉

身近な10の食材で始める 薬膳ビューティーレシピ (講談社のお料理BOOK)

「薬膳」とは、「中医学」という中国伝統医学の理論に基づいた食養生のこと。美容効果が高い身近な10の食材(しょうが、ねぎ、きくらげなど)を使って簡単に作れる薬膳料理を紹介する。冷え、老化現象など症状別レシピもついているので、不調な時は是非参考に!

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 桑島まさき

ずるいえいご

「ずるいえいご」とは今の英語力だけで、それをいかに応用して話すか。つまり「言い換えの技術」のことである。本書は実例やコミックを大幅に取り入れながら、万年初心者に向け、「完璧」「直訳」「大人語」などを捨てて話すことのできるノウハウを教えてくれる。

  • ジャンル : 教育・資格・語学
  • レビュアー : 工藤渉

人生の悩みはお風呂で消える (角川フォレスタ)

『5分の使い方で人生は変わる』の著者が、日々のお風呂時間を利用したリセット術を伝授。悩みが生じるメカニズムの解説に1章を費やし、その後「お風呂」の活用理由や利用法を具体的に示唆している。不安や悩みを抱えて、ゆとりのない毎日を送っている人にオススメだ。

原作と映像の交叉光線 (ミステリ映像の現在形) (キイ・ライブラリー)

『犬神家の一族』『アンフェア』『アヒルと鴨のコインロッカー』など、小説やコミックを原作にもつミステリー映画やTV番組を、博覧強記の評論家が徹底分析。原作との相違点にこだわることで作品の深層が見えてくる。活字好き、映像好きどちらも必読の評論集。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

人生を変える 正しい努力の法則

障がいをもつ長男を幼くして亡くし、自身も家族崩壊や病気を乗り越えてきた弁護士が提案する〈努力の法則〉。努力の基本、努力を続ける本当の意味、「静」と「動」の努力、美しい努力の磨き方、運や奇跡を呼び込む術を知り、逆境や挫折、失敗、失望の壁を乗り越えよう。

男と女の上質図鑑

『暮しの手帖』編集長の松浦弥太郎と人気スタイリストの伊藤まさこ。こだわりのある丁寧な暮らしを提唱してきた二人が、実際に使ってみて上質だと認めたものを一挙紹介。暮らしの中できらりと光る上質な逸品は、きっとあなたの毎日も素敵にしてくれるはず。

今ある会社をリノベーションして起業する 小商い“実践"のすすめ

やや落ち着いてきた日本経済だが、日本企業の多くが後継者問題に悩んでいるという。やりたい仕事に出会えず転職を続ける人も多い。本書は、新しく作るのではなく今ある会社をリノベーションして、価値のある古い会社を活かす「リノベーション起業」を提唱したもの。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 桑島まさき

ムラムラする宇宙 (学研科学選書)

宇宙はベージュ色? 宇宙空間はグニャグニャ? 宇宙は何でできている? 宇宙の終わりには何が起こる? 素朴な疑問から最新宇宙論まで、気鋭の宇宙物理学者がわかりやすく解説。宇宙好きはもちろん、あまり興味がなかった人も、これを読めば宇宙の虜に!

ファーストクラスの心配り〈フライトタイム2万時間 元JAL国際線チーフパーサーが教える〉

「接客は双方向のコミュニケーション。お客さまの感動が接客する側をもハッピーにする」「『頭で理解する』のではなく『行動に移す』ことができるかでその後に大きな差が生まれる」など、全6章64項目でお客さま対応の極意を紹介。イチローや高橋尚子らに学ぶコラムも。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 土田美樹

ピカソ思考

ピカソは画家であると同時に哲学者だった! 「見たものの本質を正確にとらえる」「いつまでも現役であり続ける」「うまくいくまで改良し続ける」など、ピカソの人生をヒントに説かれる52の哲学的思考。ルーティンを抜け出し、クリエイティブに生きるために。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 朝宮運河

アイデアが枯れない頭のつくり方

大ヒットした「∞(むげん)プチプチ」など、50種類以上ものおもちゃを世に送り出してきた著者が伝授するアイデアを生みだし続ける秘訣。「A×B=C」の大原則で、ボツネタを怖れず、アイデア出しそのものを楽しんでみよう。脳科学者・茂木健一郎との特別対談も収録。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 朝宮運河

脳科学は人格を変えられるか?

性格を左右する「雨天脳」と「晴天脳」。この2つのバランスを決める遺伝子は、環境によって発現度が変わり、脳を変化させる。ものの見方が変われば、脳も再形成されて性格、ひいては人生も変わるのか!? 最先端の研究結果が明かす驚異の世界。

察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方

男と女のコミュニケーションは外国人と接するより難しい! 恋愛で、職場で、家庭で、友人関係で、近所付き合いで、一言足りないばかりに感情のすれ違いを経験した人は多いはず。だからこそわかりあうための対処法が必要。まずは男と女の本質的な違いを知ることから!

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 桑島まさき

京城のダダ、東京のダダ: 高漢容と仲間たち

1920年代のソウルに高漢容という人物がいた。またの名を高ダダ。日本を代表するダダイストの高橋新吉や辻潤、アナキスト詩人の秋山清らとも交流があった文学者である。韓国本国でも忘れ去られていたダダイスト・高の活躍と交友関係を丹念に辿った労作。

僕の妹は、写真家になりたい。

気鋭の写真家が〈妹〉を被写体に、高校3年生の春夏秋冬を撮り続けた。彼女の課題は写真について学びながら撮りたいものを探すこと、そして学んだことや考えたことを日記に書くこと。少女時代のかけがえのない瞬間が詰まった作品集。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 工藤渉

大出現!精霊図鑑

ふくろうみたいな精霊「ぬくぶくろ」、泡ブクの精霊「泡テッポウ」など、ブキミだけどヘンテコな自然の神さま〈精霊〉が勢ぞろいした図鑑絵本。長さ79センチ超の特大ページを広げると、大迫力の「野火童子」がお出まし。コワかわいい精霊たちの世界をのぞいてみよう。

安西水丸 青山の空の下 (イラストレーション別冊)

3月に急逝した人気イラストレーターの軌跡と仕事を振り返り、南伸坊や和田誠などゆかりある人々のメッセージを載せた追悼作品集。安西の名を世に広めた村上春樹との仕事については、村上作品への思いなどを記した40ページ近い特集を掲載。30年前の対談も収録する。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 土田美樹

絵本 窓ぎわのトットちゃん 1・2巻セット

小学校を1年で“退学”となったトットちゃん。転校先であるトモエ学園での生活を中心に、著者の子ども時代を描いて一大ブームを巻き起こした『窓ぎわのトットちゃん』の発売から33年。世界35カ国で翻訳され、今も読み継がれる戦後最大のベストセラー、初の絵本化。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

だじゃれ王国 なぞなぞ動物園

この絵本の舞台・だじゃれ王国の動物園はちょっと変わっている。なぞなぞに答えないと動物が出てきてくれないのだ。なぞなぞに答えながらページをめくるたびに、コアラ、キツネ、バクなどの可愛らしい動物たちに会うことができる。親子で楽しめる読み聞かせ絵本。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 工藤渉

ぼくはうさぎ

耳がたれていて、子犬のように見えるうさぎの“ころん”。ある日、子犬と間違われ、犬になるための勉強を始めたけれど、大きな声で吠えることも、片足をあげてのおしっこも、怖い顔もできない。ただひとつ、何度も練習してできるようになった“犬らしいこと”とは……。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 石森康子

トリペと4 今日もきまぐれ注意報

大人気の育児絵日記、待望の第4弾が登場。今巻のトリペはちょうど「魔の2歳」の時期で、絶叫&文句&号泣の可愛らしくも恐ろしい日々が、ユーモラスかつリアルに綴られる。子育て中の人なら「あるある」と、これからの人は予習のために、楽しめること請け合いだ。

  • ジャンル : コミック
  • レビュアー : 工藤渉

ゴジラ漫画コレクション 1954-58 (復刻名作漫画シリーズ)

世界的な興行収入500億円超のハリウッド映画『GODZILLA ゴジラ』が公開された今年は、ゴジラ誕生60周年。その記念出版として、昭和20〜30年代に発表された映画の絵物語&マンガ版を集めたアンソロジー。杉浦茂、藤田茂などのマニア垂涎作品が収録されている。

※最新の価格はストアでご確認ください。

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

TEAM NACS 20周年記念特集
2016年11月5日発売  定価650円


ページの先頭へ