エンタメ

実写は日テレの公開作が充実 乱歩賞受賞作『脳男』に期待

実写は日テレの公開作が充実 乱歩賞受賞作『脳男』に期待

 ここ数年、テレビ局が映画製作の中心に参画し、日本の興行界を引っ張ってきた。今年の公開作は挑戦的な実写作品がそろっている。その一翼を担っているのが日本テレビ。開局60周年を迎えることもあり、脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生、主演・阿部サダヲのゴールデントリオによる『謝罪の王様』が9月に控え、いくえみ綾のマンガを初めて映...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ