社会

猪瀬都知事の「都バス24時間運行構想」から「日本のバス」の歴史と現状を考える

猪瀬都知事の「都バス24時間運行構想」から「日本のバス」の歴史と現状を考える

 日本のバスの歴史が始まったのは、いつのことなのだろうか?  交通ジャーナリストの鈴木文彦氏による『日本のバス―100余年のあゆみとこれから』(成美堂出版)によると、それは今から110年前の1903年9月20日、京都の堀川中立売~七条~祇園間で定期運航バスが走ったことが最初だという...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

BOOK OF THE YEAR2016特集
2016年12月6日発売  定価650円


ページの先頭へ