文芸・カルチャー

怪談=故郷!? 稲川淳二が語る怪談観

怪談=故郷!? 稲川淳二が語る怪談観

 「わたしの怪談なんて、大したものじゃないんです。落語や講談のような芸術作品じゃない。もっと身近な、生活の中にあるもの。田舎のジジイがまた喋ってるなあ、という感じで聞いてもらうのがいいんですね。結局、怪談っていうのは“故郷”なんだと思います。今の若い人たちは、田舎の風景ってあまり見たことがないでしょう。でも、都会で生ま...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ