文芸・カルチャー

美しい写真で鑑賞する、頭骨のめくるめく世界

美しい写真で鑑賞する、頭骨のめくるめく世界

 三島由紀夫の遺作である4部作の長編『豊饒の海』(新潮社)。その第1巻『春の雪』にこんな挿話がある。ヒロインの綾倉聡子が、主人公の松枝清顕との不適切な関係が原因となって出家することになる「月修寺」の門跡の法話だ。  唐の時代、元暁という男が野宿をした際、夜中にひどく喉が渇いて傍らの穴にあった水をすくって飲んだとこ...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ