文芸・カルチャー

坂口安吾、森見登美彦…、桜の季節に愉しみたい美しき桜文学

坂口安吾、森見登美彦…、桜の季節に愉しみたい美しき桜文学

 「桜の樹の下には屍体が埋まっている」――そんなフレーズを一度は耳にしたことがあるだろう。だがそれが、どこから生まれたものかはご存じだろうか? 出典は梶井基次郎の「桜の樹の下には」(『檸檬』所収)。美しさ、生、死、そして再びの美しさ。桜の妖しげな一面を巧みな言葉選びで捉えていた文学作品だ。  日本人にとって桜はト...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ