社会

ネイティブに「なんだと?」とキレられないために! あの“禁断の英単語”を使った英会話本

ネイティブに「なんだと?」とキレられないために! あの“禁断の英単語”を使った英会話本

 アメリカ映画などでよく耳にする単語「Fuck」。その単語の映画での使用最高記録は、レオナルド・ディカプリオ主演、マーティン・スコセッシ監督の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』だそうで、なんと506回も使われているという。しかしこの単語、アメリカの地上波のテレビやラジオではNGワードで、その発言部...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ