社会

赤ちゃんプレイに、現代版花電車…気になるけど行きにくいフーゾクの実態とは

赤ちゃんプレイに、現代版花電車…気になるけど行きにくいフーゾクの実態とは

     きっと、世の中には、大きく分けて2種類の「フーゾク好き」がいるのだと思う。ひとつは、単純に性欲を満たしたい男。もうひとつは、これまで見たことのない、出くわしたことのないものを“肌”でパクつきたい男だ。『気になるけれど行きにくいフーゾクにばかり行ってきました』(彩図社)の著者・藤山六輝氏は...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

BOOK OF THE YEAR2016特集
2016年12月6日発売  定価650円


ページの先頭へ