ビジネス

家族や恋人など近しい人がAV男優だったら誇れますか? 『AV男優の流儀』はとんだ人生哲学書だった

家族や恋人など近しい人がAV男優だったら誇れますか? 『AV男優の流儀』はとんだ人生哲学書だった

 アダルト業界の下世話な話を知りたい、くらいの比較的ライトな気持ちで読み始めた『AV男優の流儀』(鈴木おさむ/扶桑社)は、とんだ人生哲学書だった。ページを繰るごとに、例えばもし、家族や恋人など近しい人がAV男優だったら、手放しで応援できるだろうか、誇れるだろうか、人に言えるだろう...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

BOOK OF THE YEAR2016特集
2016年12月6日発売  定価650円


ページの先頭へ