文芸・カルチャー

電子文芸誌『小説屋sari-sari』が、今アツい“キャラクター小説”へとリニューアル!

電子文芸誌『小説屋sari-sari』が、今アツい“キャラクター小説”へとリニューアル!

(C)KADOKAWA  『小説屋sari-sari』。“sari-sari”とはタガログ語で“何でもあり”という意味。その名の通り、さまざまなタイプの小説作品を、主に20代~40代の女性に向けて紹介する電子文芸誌『小説屋sari-sari』が、2015年7月配信号(7月7日(火)発売)から“キャラクター...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ