文芸・カルチャー

既存の遊女モノとは「何かが違う」 遊里をたくましく生きた少女の物語

既存の遊女モノとは「何かが違う」 遊里をたくましく生きた少女の物語

 「吉原の遊女が主人公か~。題材がありきたりなんだよね。もう出尽くしてるっていうか。それで新人賞とか、よく受賞できたな~」というのが、読む前の率直な感想である。  読後、この小説をなめていた自分を、過去に戻って殴りたくなった。  既存の遊女モノとは「何かが違う」。それが第1回 本のサナギ...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

BOOK OF THE YEAR2016特集
2016年12月6日発売  定価650円


ページの先頭へ