ビジネス

ミシマ社、夏葉社、赤々舎…… 出版界の未来を映す“ひとり出版社”という働き方

ミシマ社、夏葉社、赤々舎…… 出版界の未来を映す“ひとり出版社”という働き方

『“ひとり出版社”という働きかた』(西山雅子 編/河出書房新社)  ここ数年、たった1人や数人で出版社を立ち上げる人たちが注目を浴びている。  内田樹氏の著作を複数手がけているミシマ社や、編集未経験からの単身起業の様子が『あしたから出版社』(島田潤一郎/晶文社)という本にもなった夏葉社はその...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

BOOK OF THE YEAR2016特集
2016年12月6日発売  定価650円


ページの先頭へ