文芸・カルチャー

続きは読み手のイマジネーション次第―一瞬で読める「書き出し」だけの小説集とは?

続きは読み手のイマジネーション次第―一瞬で読める「書き出し」だけの小説集とは?

『挫折を経て、猫は丸くなった。: 書き出し小説名作集』(天久聖一/新潮社)  約2年前、小説家志望でさまざまな新人賞に作品を投稿していた頃、私は奇をてらって、出だしだけの小説という切り口で短編小説を書こう考えていた。どこがおもしろいのかわからず、すぐにやめてしまったが、まったく同じ切り口の書籍...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

BOOK OF THE YEAR2016特集
2016年12月6日発売  定価650円


ページの先頭へ