エンタメ

永井豪『鋼鉄ジーグ』モチーフの映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』2017年5月日本公開決定に興奮の声! 「楽しみすぎるぅぅ!」

 永井豪原作の人気アニメをオマージュした映画「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」が2017年5月に日本で公開されることが決定し、「鋼鉄ジーグをもとにした映画とか想像つかない! 楽しみすぎるぅぅ!」と大反響をよんでいる。

 アニメ「鋼鉄ジーグ」は1975年に放送をスタート。事故により瀕死となった主人公・司馬宙が父親の技術によりサイボーグとして生まれ変わり、敵と戦うというロボットアクションだ。

 映画「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」は、子供のころから日本アニメの大ファンであるという監督ガブリエーレ・マイネッティによって制作された。同作はあるきっかけで超人的なパワーを手に入れた孤独なチンピラのエンツォが、父親を失った娘・アレッシアを世話することから物語が始まる。娘は「鋼鉄ジーグ」のファンであり、強いエンツォを司馬宙のように思い、慕うようになる。一方、エレンツォもアレッシアとの交流の中で正義心を持ち始め…と展開。

 同作は2016年にイタリアのアカデミー賞である「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」で「新人監督賞」や「主演男優賞」「主演女優賞」など7部門を受賞するという快挙を成し遂げた。そんなイタリアで多くの支持を得た同作が日本で公開されると発表があると、「鋼鉄ジーグファンの娘と超人的チンピラの交流なんて設定、めっちゃワクワクするわ!」「ちょっと待て、鋼鉄ジーグにどっぷり浸かってた世代としてこれは見ないわけにいかないだろ」「イタリアの少女が鋼鉄ジーグファンっていうのがすごい新鮮!」と興奮の声が続出。

 同作について原作者の永井は「犯罪と汚濁まみれのローマの下町で、アニメヒーロー『鋼鉄ジーグ』に憧れる女性の為、正義の戦いに立ち上がる“男の純情”が美しい!! 『ガンバレ、君は鋼鉄ジーグだ!!』」と絶賛のコメントを寄せている。永井も太鼓判を押す「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」を見て、「鋼鉄ジーグ」に憧れた頃の童心を蘇らせてはいかがだろうか。


■映画「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」
公開日:2017年5月
監督:ガブリエーレ・マイネッティ
出演:クラウディオ・サンタマリア、ルカ・マリネッリ ほか
映画「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」公式HP http://www.zaziefilms.com/jeegmovie/



TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ