オススメレビュー

訳が分からずとも圧倒的なカオスのパワー でもちょっと絵解きします

訳が分からずとも圧倒的なカオスのパワー でもちょっと絵解きします

舞城王太郎の小説って「なんや、ワカラン」といわれることが多々ある。特に本作『獣の樹』はどう解釈していいかさっぱり見当がつかない、そんな声も漏らされたりしているようだ。 でも、僕の感想はまるっきり違う。こんなわかりやすい物語はないではないか。すべてがすっきりと、ダイナミズムをもって頭の中に気持ち良く収まる...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

BOOK OF THE YEAR2016特集
2016年12月6日発売  定価650円


ページの先頭へ