オススメレビュー

血みどろ残酷、救いのない、読後感最悪のシェイクスピア劇

血みどろ残酷、救いのない、読後感最悪のシェイクスピア劇

シェイクスピア劇は面白うござんす。登場人物があんなにおしゃべりでなければ。「ただいま」というだけに30行、「ぶちぎれた」というためだけに40行、とっととせい夜になるぞといいたくなるくらい彼ら彼女らは喋りまくるのである。もとの文章は詩のスタイルで、韻を踏んだりしゃれを挟んだり、言葉の響き美しいたとえなんかでできあ...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

BOOK OF THE YEAR2016特集
2016年12月6日発売  定価650円


ページの先頭へ