オススメレビュー

遺体の最後の風景を幻視する天才法医学士のミステリー

遺体の最後の風景を幻視する天才法医学士のミステリー

「屍(しかばね)は活ける師なり」 作中でつぶやかれるこのフレーズがこのコミックのキーワードである。 本当は臨床医になりたい犬飼一が成績不振のため意に染まぬまままわされた法医学教室で出会ったのは、眠っているときこそ白雪姫のような清楚な美女だが、目を覚ませばひどくとぼけたキャラクターの死体にしか興味のない天才解剖医...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

BOOK OF THE YEAR2016特集
2016年12月6日発売  定価650円


ページの先頭へ