オススメレビュー

絶対絶命のピンチを乗り切った自動車会社はいかにして立ち上がったのか?

絶対絶命のピンチを乗り切った自動車会社はいかにして立ち上がったのか?

 芥川龍之介の『蜘蛛の糸』で、地獄から抜け出す蜘蛛の糸がぷつりと切れてしまったのは、多くの人が糸にたかったためではない。主人公が地獄からの救済を独り占めしようとしたためではないか。自分のことばかり考えていたのでは救われない。泥沼から抜け出すのに必要なのは、他を思いやる心だろう。とはいえ、人を思いやることなど普段...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

BOOK OF THE YEAR2016特集
2016年12月6日発売  定価650円


ページの先頭へ