オススメレビュー

現代の病理「誇大自己症候群」 ―“普通の子”がなぜ凶行に走るのか

現代の病理「誇大自己症候群」 ―“普通の子”がなぜ凶行に走るのか

 著者は本書の冒頭に、長崎で起きた児童殺害事件と、佐世保で起きた小学児童の同級生殺害事件をあげる。事件を起こす少年・少女の年齢がどんどん下がり、同時にかぎりなく「ふつう」に近い子供によって残虐な行為がおこなわれてしまっていることを指摘しながら、それらの事件に当たった精神医学の医師が、「広汎性障害」や「発達障害」...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

TEAM NACS 20周年記念特集
2016年11月5日発売  定価650円


ページの先頭へ