オススメレビュー

死人の身代わりとして生かされる“ぼく”は、ひとりの少女のために刃を握り…

死人の身代わりとして生かされる“ぼく”は、ひとりの少女のために刃を握り…

 ライトノベルというより文学作品。そんな書評がネットで話題となっているのが本作、『モーテ ―水葬の少女―』です。「ぼくは死人の身代わりだ」そんな出だしの一文のインパクトは抜群で、一気に物語に引き込まれてしまいます。  原因不明、治療法不明な「いつか必ず自殺してしまう」という、モーテと呼ばれる不思議な病気が...

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

TEAM NACS 20周年記念特集
2016年11月5日発売  定価650円


ページの先頭へ