最新! AV業界の内幕を抉る衝撃ルポ

AVビジネスの衝撃

ハード : 発売元 : 小学館
ジャンル: 購入元:KindleStore
著者名:中村淳彦 価格:※ストアでご確認ください

※最新の価格はストアでご確認ください。

この書籍を読む

 一部を除き、オンナには縁遠いAVの世界。その業界の仕組みとこれまでの戦い、これからの展望を熱く語る1冊が『AVビジネスの衝撃』。タイトルから怪しげでエッチな本だと想像したものの、初めて数ページで、なんという真面目なレポートなんだ! と引きずり込まれてしまった。全く知らない世界で、巨額のお金と欲望というマーケットがいかに変遷してゆくのかを的確な表現で理解してゆくのは、非常に痛快でした。

 どんなビジネスにも共通の「稼いでゆかねばならぬ」という試練がAV界の場合はさらに露骨で貪欲。性欲という人間の三大欲求を相手にするその市場の広範囲さ故、巨額の富を築くのも簡単なら、巨額の借金を背負うのも一瞬。

 第1章で語られる、バブルの頃の狂乱ぶり。ビデオデッキとレンタルビデオ店が流行った80年代後半~90年代。黎明期にあったAV業界で真っ先に名前を売ったのがあの村西とおる監督でした。曰く「最盛期は年商100億円、世の中の金が勝手にこっちに向かって走ってくるみたいな感じでございました」。裏本で警察に捕まっても、おまわりさんから「お前はいい仕事をしている」と褒められたという氏が、裏本全盛期から「自分の部屋で、ビデオデッキでスケベ映像を見て、誰の目を気にすることなく思う存分にオナニーができたら、どんなに素晴らしいでしょう。男のロマンでございますね」という世界に先手を切って乗り込んでゆく。その様子もダイナミックに描かれています。

 そして流行れば流行るほど、既存のシステムやモデルがあっという間に通用しなくなる難しい世界、というのもモードと同じ性質かも。その中で、AVを月々「生産」して行かねばならない制作側。女優や男優のエロに対する姿勢の変遷、そしてAVを消費する一般男性の性への興味の内容や、嗜好の変遷…相当深いです。女優側、男優側のレポートの内容も濃厚。

 一昔前まではAV女優など、人に語れない過去があるなどの暗いイメージの人物を想像していましたが、今や高スペックでないと売れない時代。お嬢様、有名私立大、教養と育ちの良さで、稼ぐ大金も貯金。卒業後には普通に就職、という路線をゆく女優さんたち…。常々表立っては話せなかったエロスやSEXの話が非常にオープンに綴られています。これほど丁寧に、業界の様々な構成要因をレポートした本はなかったのでは? 大変勉強になりました。


どんな職業でもトップクラスになるのは狭き門ということ

スカウトマンという職種がこれほどまでに収入があるのもこの業界ならでは

すでに裸=恥ではない時代を痛感

AV男優=美味しい仕事、でもないのが常識。こうなると技術職



この記事の画像

  • AV3
  • AV2
  • AV1
  • AV4

TOPICS

最新記事

もっと読む

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ