注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
107件

インタビューの記事一覧

カルボナーラはエリンギでかさ増し!バストを落とさず26キロの減量に成功した「やせるおかず」シリーズの柳澤さんに秘訣を聞いた!

 クリスマス、忘年会、お正月、新年会など、何かと食べたり飲んだりするイベントの多い年末年始。気がつけば数キロが増えていたという人も多いのでは…

深町秋生さん最新作! クールなシングルマザー探偵を生み出した舞台裏とは?【「ダ・ヴィンチはなにやってんだ、この野郎」というので取材してみた】

『探偵は女手ひとつ』(深町秋生/光文社)  昨年11月、作家の深町秋生さんがツイッターで 「高級紙&教養溢れる雑誌に取り上げられて嬉しいこと…

あの人のお弁当が見たい! 人気番組『サラメシ』とANA機内誌連載『おべんとうの時間』のカメラマンが語る「働く人とお弁当」の中身って【インタビュー】

『おべんとうの人』(阿部了/木楽舎)  学生時代、お弁当の時間は楽しみと同時にドキドキしたものだった。  寄り弁になってないか、煮物ばかりで…

「色々な地獄があるけれど、陽が射す瞬間がある」芥川賞作家・川上未映子×映画『イノセント15』甲斐博和監督対談【後編】

 著書『ヘヴン』で、ひどいいじめを受ける“僕”とコジマが、少しずつ心を通わせながらも、辛い現実にさらされる様子を描いた川上未映子さん。映画『…

いじめ、母親からの虐待…思春期の闇と光、逃げることもできない15歳を描くリアリティとは? 芥川賞作家・川上未映子×映画『イノセント15』甲斐博和監督対談【前編】

(左)甲斐博和さん、(右)川上未映子さん  思春期という、誰もが通過する、甘酸っぱいけれど残酷な時代。大人と子どもの間のような複雑な心境は、…

無謀であるとわかっていながら戦わなければならないジレンマ――「戦死は名誉じゃない。」戦争を美化するドラマや映画の”印象操作”にだまされないために…【後編】

――まだまだこれからという時に空に散ってしまった。儚いですね。 神立:みなさん戦死した仲間のことを話す時は必ず涙を流します。50年経っても6…

真珠湾攻撃から75年… 生存率20%! 世界最強の「零戦」を操縦した”容姿端麗”エリート青年たち。元フライデーカメラマンが追った、戦場を生き抜いた彼らの素顔とは?【前編】

『証言 零戦 生存率二割の戦場を生き抜いた男たち』(神立尚紀/講談社)  太平洋戦争当時、世界最強の戦闘機として敵国を震撼させた零戦(零式艦…

いじめ、不登校、4回の失恋、受験の失敗……。栗原類「でも僕には母親と主治医がいてくれた」 【インタビュー後編】

――小学5年で帰国してから中学卒業までの5年間は、暴言を浴びたりいじめに遭ったりと地獄の日々だったんですね。2週間ほど不登校になったこともあ…

「不老不死に憧れる気持ちが、実は書いていて一番わからなかった」不死の一族を描いたダーク・ファンタジー『夜に啼く鳥は』【千早茜さんインタビュー】

都会の闇の中で生きる、不死の一族を描いたダーク・ファンタジー『夜に啼く鳥は』(KADOKAWA)を刊行したばかりの千早茜さん。恋愛小説の名手…

結婚しなかった、子どもを産まなかった「後悔」を一生抱えるくらいなら「とりあえず結婚する」“とり婚”がいい理由とは?【インタビュー】

『とりあえず結婚するという生き方  いま独身女性に考えてほしい50のこと。』(池内ひろ美/ヨシモトブックス)  年の差婚、授かり婚、週末婚、…

ヴィレッジヴァンガード通いの日々、古本屋で出会った運命の作家。現役アイドルが語る人生を変えた読書【ちゃんもも◎インタビュー後編】

壮絶な過去を乗り越え、異色のアイドルとして活躍するちゃんもも◎さん。ツラいことばかりが立て続けに起こった10代の日々、傍らにあったのは本だっ…

『破幻のジスタ 公式ガイドブック』イラスト&デザイン担当 木下ともたけインタビュー

 2014年5月に第1弾が発売されたバンダイの食玩「破幻のジスタ」シリーズの最新版「破幻のジスタ乙 第3弾」の発売(7/11)に合わせて、フ…

幸せになることが、過去の私に対する最大の復讐になる【ちゃんもも◎インタビュー中編】

強烈な個性を持ち、規格外のアイドルとしての活躍するちゃんもも◎さん。両親の死、整形、リストカット……。それらを乗り越え、表舞台に立つ彼女の中…

両親との死別、整形、リストカット。全てをさらけ出すアイドル・ちゃんもも◎の破天荒な人生【インタビュー&グラビア前編】

整形やリストカットをした過去を公言しつつも、アイドルグループ「バンドじゃないもん!」のメンバーとして活動しているちゃんもも◎さん。人気を集め…

ヒロシ「生きていることに気づいてもらいたい」と、初エッセイを発売するも芸人仲間からは反応なし!?【インタビュー】

『「モテない人」と「仕事がない人」の習慣 ダメ男、38のエピソード』(ヒロシ:著、小田原ドラゴン:イラスト/バジリコ) 「ちゃらららら~らら…

「一寸先は犬?」おなじみのことわざを「犬」に変えてみた本の著者・石黒謙吾さんインタビュー

『犬声人語』(文・石黒謙吾、絵・雲がうまれる/ワニ・プラス)  ことわざの一語を「犬」にしてみたら……。そんな、遊び心と犬への愛がたっぷりの…

母のネグレクトや義父からのわいせつ行為。壮絶な過去が描かれたコミックエッセイ『母になるのがおそろしい』著者インタビュー

『母になるのがおそろしい』(ヤマダカナン/KADOKAWA)    『母になるのがおそろしい』このタイトルに心がざわついた女性も多いのではな…

【特別企画!】 第22回電撃小説大賞 受賞者鼎談―三作・三様の個性 その魅力に迫る

【大賞】角埜杞真×【メディアワークス文庫賞】星奏なつめ×【銀賞】結月あさみ 2月25日発売のメディアワークス文庫新刊は、第22回電撃小説大賞…

そこは生と死が交わる路地…傑作幻想譚『よこまち余話』の魅力とは!?【後編】

『よこまち余話』(木内昇/中央公論新社)  直木賞受賞作『漂砂のうたう』などで知られる実力派作家・木内昇さん。最新作となる『よこまち余話』(…

なぜ彼は下剋上を起こしたのか? 美将・陶隆房、過信と反転の人生

 戦国三大奇襲のひとつとして高名な“厳島の戦い”。2万もの軍勢を擁する周防の大国・大内軍を見動きのできぬ平地僅かな島へとおびき寄せ、山側から…

間宮祥太朗「菅田将暉のプレゼン能力に圧倒されました(笑)」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回はドラマ『ニーチェ先生…

橋本 愛「恐怖を作り出すのは想像力。結局は自分の頭の中次第」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、1…

舞台は江ノ島の写真館! 「ビブリア」シリーズ・三上延氏「生活の営みの場としての江ノ島を描きたかった」

 累計600万部突破。文字で書くとわずか数文字だが、出版、それも活字本が大きな苦境に立たされている現在に、それがどれほど成しがたいことである…

「羊飼い」にしか書けない小説 『颶風の王』河﨑秋子インタビュー

 又吉直樹さん、星野源さん、加藤シゲアキさん、今年の文芸は専業の作家ではない“異業種作家”の活躍が印象的な一年だった。芸人やミュージシャン、…

AKB48柏木由紀も認めた! シュールすぎる『おほまんが』がじわじわ面白い! 芸人・おほしんたろうさんインタビュー

『おほまんが』(おほしんたろう/KADOKAWA)  九州を拠点に活躍するお笑い芸人の、おほしんたろうさん。彼の描く1コママンガが今、Twi…

清水依与吏「back numberの曲は歌詞だけ見ても、僕たちの思いが伝わるはずだと自負しています」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある1冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、1…

滝藤賢一「いつも“やりたい”と思える役をやれるのは、幸せなこと」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回は、映画『はなちゃんの…

人と人、人と社会、過去と今──「橋」を渡って僕らは大人になる 『GOSICK PINK』桜庭一樹インタビュー

 「シャーロック・ホームズやディクスン・カーのようなヨーロッパの古き良きミステリーを、日本の少年少女向けに書いてみたくて。ホームズが美少女で…

『神様のジョーカー』佐原ミズ インタビュー <願いが叶うかわりに失うもの―。 残酷な神様の等価交換を描く>

 願いが必ず叶うとしたら? こんな素晴らしい話もないが、必ずイタい代償を伴うとしたら、あなたは願い事をする勇気があるだろうか。  幸福と不幸…

押しつけがましい絵本を拒絶していた子供時代 『もう ぬげない』ヨシタケシンスケの“伝え方” インタビュー後編

 ツイッターなどのSNSで大きな注目を集める絵本『もう ぬげない』。作者のヨシタケシンスケさんへのインタビュー後編は、ヨシタケさんの“ネガテ…

1234

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ