注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
25件

ゲイの記事一覧

「色々な地獄があるけれど、陽が射す瞬間がある」芥川賞作家・川上未映子×映画『イノセント15』甲斐博和監督対談【後編】

 著書『ヘヴン』で、ひどいいじめを受ける“僕”とコジマが、少しずつ心を通わせながらも、辛い現実にさらされる様子を描いた川上未映子さん。映画『…

いじめ、母親からの虐待…思春期の闇と光、逃げることもできない15歳を描くリアリティとは? 芥川賞作家・川上未映子×映画『イノセント15』甲斐博和監督対談【前編】

(左)甲斐博和さん、(右)川上未映子さん  思春期という、誰もが通過する、甘酸っぱいけれど残酷な時代。大人と子どもの間のような複雑な心境は、…

村上春樹、よしもとばなな…人気小説に登場する「ゲイ」「オネエキャラ」から見えるものとは?

『ゲイの可視化を読む-現代文学に描かれる〈性の多様性〉?』(黒岩裕市/晃洋書房)  マスメディアで活躍する多くの性的マイノリティ=LGBT(…

女性が直面する「結婚の悩み」を愛あふれる毒舌で解決! 話題のゲイカップル恋愛カウンセラーが伝える「結婚できる女」になる方法

『「結婚できる女」になる36の方法』(Toshi&Lithi/双葉社)  フジテレビ「バイキング」、日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話…

LGBTへの配慮はどうすればいい? ともに生きるために大切なこと

『にじ色の本棚』(原ミナ汰、土肥いつき:編著/三一書房)  2013年に、東京都文京区において「男女平等参画推進条例」の中で性的指向・性自認…

同性婚はなぜ認められないの? ゲイの弁護士が分かりやすく解説する同性愛者のリアル

『同性婚 私たち弁護士夫夫(ふうふ)です』(南和行/祥伝社) 「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産むこと」――大阪市立中学校校長の…

レスリー・キーが俳優・池内博之のヌードを撮り下ろし! 『美術手帖』4月号は美しい男のハダカ特集

 「ヌード」といえば女性のハダカを連想する人が多いかもしれないが、「男性ヌード」を特集した『美術手帳』4月号が2016年3月17日(木)に発…

性病に罹るリスクよりぬくもりが欲しい。男が男にカラダを売る、「ウリ専」という仕事のリアル【ゲイの”本”音③】

『ウリ専!』(松倉すみ歩/英知出版)  「ウリ専」という職業のことを知っているだろうか? これは、端的に言うと、ゲイ向けの風俗産業のこと。つ…

同性カップルにも訪れる老いや別れ…、その時法律はどのように守ってくれるのか

『ふたりで安心して最後まで暮らすための本』(永易至文/太郎次郎社エディタス)  東京都渋谷区で同性のパートナーシップ条例(正式な名前は「渋谷…

クラスに一人の割合? ゲイのぼくらがカミングアウトできない理由【ゲイの”本”音②】

『同性愛の謎』(竹内久美子/文藝春秋)  いまこの記事を読んでいる人の中に、「LGBT」について関心を持っている人はどれくらいいるだろう。同…

ゲイだからって「女の気持ちがわかる」なんて思わないで!夜の新宿二丁目に響く、ゲイたちの赤裸々発言【ゲイの”本”音①】

 ここ最近、ゲイの著者による、女性への「恋愛指南書」が続々と登場している。カリスマゲイブロガー・ゴマブッ子氏の『“独り身”の呪い――男をドン…

文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞!『弟の夫』 ひとつ屋根の下に住むことになった、ある家族の喪失と再生の物語

1巻 2巻  『弟の夫』(田亀源五郎/双葉社)というタイトルを見て、「ゲイの話なら自分には関係ない」という人がいたら、ぜひその人にこそ本作を…

男だってBLが好き! やおい研究家・金田淳子さんに、「男子に勧めたいBL」を聞いた!

やおい研究家・金田淳子さん  少年向け、少女向け、エログロ、ミステリー…。マンガにはありとあらゆるジャンルが存在する。そのなかでも、ここ最近…

BLで大注目の大型新人! デビュー作『知ってるよ。』から人気騒然のひなこ氏を直撃!

▲『Blue Lust』  BLにもこんな時代が来たか……。ひなこ氏の作品を初めて読むとその世界に衝撃を受けるだろう。絵柄はまるで少女マンガ…

「BLはファンタジー」を覆す、あまりにも痛々しい名作。『Blue Lust』が描くのは、傷を負った3人の男子高生の姿

『Blue Lust』(ひなこ/フロンティアワークス)  よく、「BLはファンタジーだ」と言われる。確かに、男性同士がなんの障害も葛藤もなく…

女装したオカマの人生を語るなんて、あつかましい——ミッツ・マングローブ初の自叙伝

『うらやましい人生』(ミッツ・マングローブ:著、下村しのぶ:写真/新潮社)  女装家、歌手、タレントとして活動するミッツ・マングローブ。日曜…

男は、もっとキモチよくなれる? AV監督・二村ヒトシ×腐女子が新たなセックスの快楽を提唱

『オトコのカラダはキモチいい』(二村ヒトシ、金田淳子、岡田育/KADOKAWA メディアファクトリー)  男性のセックスとは基本的に「能動」…

薄味の若ゲイが急増? 女子校育ち=お局ゲイ? 中村うさぎの「ゲイ論」が新しい!

『新宿二丁目の女王』(キニナルブックス)  カミングアウトは突然だった。4年間のアメリカ留学から帰国した友人のため仲間数人で再会した時のこと…

貞操観念は似る? 似ない? 研究が見出した双子の実態

『双子の遺伝子 「エピジェネティクス」が2人の運命を分ける』(ティム・スペクター:著、野中香方子:訳/ダイヤモンド社)  「蛙の子は蛙」。所…

同居人がレズビアンの美少女だった話

『同居人の美少女がレズビアンだった件。』(小池みき:著、牧村朝子:監修/イースト・プレス)  合コンの最中、トイレに行ったとき、同性から突然…

ゲイの同性婚カップルがカミングアウトし、夫夫円満ライフを手に入れるまで【いくつもの障害を乗り越えて「見えない存在」から「見える存在」へ】

『夫夫円満』(パトリック・ジョゼフ・リネハン、エマーソン・カネグスケ著/東洋経済新報社)  今を去ること10年ほど前、ふとした思いつきで、男…

マツコデラックスはいかにして今のマツコデラックスになったのか

『デラックスじゃない』(マツコ・デラックス/双葉社)  マツコ・デラックスをテレビで見ない日はない。どのテレビ局からも引っ張りだこの彼女は、…

もしも自分の息子がゲイだったら…思春期のゲイと母親の関係

『スメルズライクグリーンスピリットSIDE:B』(永井三郎/ふゅーじょんぷろだくと)  中学生になればいろんな悩みにぶち当たるが、それが女装…

「母親に嫌われた」子どもの心のうちとは?

『母さんがどんなに僕が嫌いでも』(歌川たいじ/エンターブレイン)  「心臓が、なんどもぎゅうっとなった。」――糸井重里がこう感想を寄せている…

ボーイズラブコミックはファンタジー!? ゲイである著者が自分の恋愛をセキララに語ります
『ボーイズラブではわからない!ゲイ恋リアル』(桃井アロム/モバイルメディアリサーチ)

バニラセックス? リバ? 一体何のこと? ほんの少しでも世間のゲイに対する偏見がなくなればと思いゲイである著者アロム君が書いた、ゲイの人々の…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ