注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
234件

コミュニケーションの記事一覧

人と話していて空気が悪くなった経験は? 知っておきたい「話すと危険な会話ネタ」

『話すと100%空気が悪くなる! 言ってはいけないゲス知識200』(日本博識研究所/宝島社)  最近はあまり聞かなくなったが、一時期「KY」…

仕事がデキるのは、頭のいい人より○○な人! 感情に振り回されないための4つのポイントとは?

『ハンディ版 感情的にならない気持ちの整理術』(和田秀樹 /ディスカヴァー・トゥエンティワン)  カッとしたり、クヨクヨしたり、イライラした…

「かわいがられる」人は何をしているのか?

『ちょっとしたことで「かわいがられる」人』(山崎武也/三笠書房)  無理なお願いをされた時でも、「この人のためなら頑張ろう」と思わせてくれる…

「決断力」が人生を劇的に変えるカギ! 今すぐ身に付けて先延ばし癖にサヨナラ

『結局、「決められる人」がすべてを動かせる』(藤由達藏/青春出版社)  世の中には物事の中心にいていつも周りを動かしている人と、誰かの決断に…

「王様のブランチ」リポーター歴10年! 鈴木あきえのコミュニケーションの極意とは? 発売記念イベントも開催決定!

『誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ』 (鈴木あきえ/かんき出版)  「王様のブランチ」のリポーターとしてお馴染みの鈴木あきえが「こ…

もう「いい人」にならなくていい! デキる男の超切り返し術

「嫌な人に言い返せない」 「自分は悪くないのに悪いような気がして謝ってしまう」 「自分はつくづくお人よしだなと思う」  心当たりがありません…

さらば口下手! アガリ症だった人気ラジオDJが教える、誰とでも会話がはずむ法則

『いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則』(秀島史香/朝日新聞出版)  J-WAVEやNHKなどで人気ラジオDJ・秀島史香の…

独り言を言っている人の心理は? 大切な試験や仕事の前に漫画を読んでしまうのはなぜ?「しぐさ」に隠された本心

『相手のホンネは「しぐさ」でわかる』(匠英一/PHP研究所)  無意識にやってしまう「しぐさ」。平常心でいる時にはあまり出なくても、緊張した…

その敬語の使い方、逆に失礼になってるかも…ビジネスマンなら身に付けておきたい、文章力の極意

『生涯使える大人の文章力スピード学習帳』 (杉本祐子/主婦の友社)  人生で恥をかかない文章&文書の超・基本を1時間で復習できる『生涯使える…

アンジャッシュ・渡部が伝授する“ほめる奥義”と“聞く技術”!

『ホメ渡部! 「ほめる奥義」「聞く技術」』(著:渡部建、テレビ朝日「お願い!ランキング」、監修:松下信武/小学館)  お笑いコンビ、アンジャ…

「語彙力」と「教養」が高まる最強のツール“四字熟語” あなたは正しく使えてますか?

『すぐ使える! 四字熟語 頭のよさは「語彙力」で決まる』(齋藤孝/ビジネス社)  頭と心に響き、すぐに使いたくなる美しい日本語を徹底解説した…

自分の「心のクセ」知ってますか? 心のクセを理解していれば人間関係の悩みがラクになる!

『ポチ・たまと読む心理学 ほっとする人間関係』 (林恭弘/PHP研究所)  自分の感情との向き合い方や相手の感情への寄り添い方など、心地よい…

「誰も、愛してくれなかった」――発達障害に理解のない家族・学校、理不尽な暴力…自らの壮絶な体験を克明に描いた衝撃の「奇跡の物語」

『COCORA 自閉症を生きた少女 1 小学校 篇』 『COCORA 自閉症を生きた少女 2 思春期 篇』  『COCORA 自閉症を生きた…

最近の若者は敬語を使いすぎ? 時代とともに「変化する敬語」とは?

『新・敬語論 なぜ「乱れる」のか(NHK出版新書)』(井上史雄/NHK出版)  「最近の若者は敬語を使わない」とは先輩方からのお決まりのお説…

人間関係で悩まないためにやめるべきこと

『わずらわしい人間関係に悩むあなたが「もう、やめていい」32のこと』(石原加受子/日本文芸社)  人間関係の悩みを解決するための、『わずらわ…

「クチャクチャ」「ガツガツ」食べてない?「とりあえずビール」はマナー違反? 身に付けておきたい“美しい食べ方”

『「食べ方」を美しく整える:仕事ができる人ほど大切にしたいこと』(小倉朋子/実務教育出版)  楽しいお食事の席でも、すぐ近くにアレがいるとと…

うつ病の「心」の状態とは? 症状以外から説明するうつ病―そもそも「心」イコール「脳」なのか?

『脳はいかに意識をつくるのか 脳の異常から心の謎に迫る』(ゲオルク・ノルトフ:著、高橋洋:訳/白揚社)  誰にとっても身近な病である「うつ病…

誰とでも「3分」でうちとける! 場の雰囲気がよくなる話し方のルール

『誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ』(鈴木あきえ/かんき出版)  「王様のブランチ」のリポーターとして10年、アイドルやお笑い芸人…

脳を上手に使うためには「片付け」が重要だった! 思っていることを口に出す、仕事を敢えて途中でやめてみる…

『いつも結果がついてくる人は「脳の片づけ」がうまい!』(米山公啓/青春出版社) 「片付け」は多くの方にとって大きな課題ではないだろうか。常に…

極度のあがり症だったアナウンサーが発見した“うまく伝えられる簡単なコツ”

『あがってうまく話せない人でも大丈夫 10秒で伝わる話し方』(荒木真理子/日本実業出版社)  気象キャスター・荒木真理子が話し方のコツを教え…

モヤモヤはその日のうちに。イライラ、クヨクヨ、自己嫌悪…こんがらがった「感情」の片付け術

『気持ちの片づけ術』(笠原彰/サンクチュアリ出版)  アスリートが実践するメソッドをビジネスマン向けに変換した、世界最先端のメンタルマネジメ…

自分の出世のために、次々に部下をつぶしていく「クラッシャー上司」の実態

『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』(松崎一葉/PHP研究所)  医学博士である松崎一葉が、相手の心を攻撃する「クラッシャー上…

「人は、1日1回は誰かと話さなくてはいけない」 100歳の精神科医が見つけた“ちょうどよく生きる”真理とは?

『こころの匙加減』(高橋幸枝/飛鳥新社)  生きていると楽しいこともあれば、辛く悲しいこともある。人生という長く短い時間の中でたくさんの喜怒…

「男はいつもそう…」「だから女は…」 と愚痴ってしまう前に…。いい関係を築くために知っておきたい男女の違い

『男と女の心理学入門』(齊藤勇/かんき出版)  「女の長電話と、だらだらしたメールが理解できない」「男って、どうしてメールや電話にそっけない…

いじめのサインは「太平洋の真ん中の漂流者の信号」をキャッチするよりも難しい―被害者が「見えなくなる」いじめの構図を解き明かす

『いじめのある世界に生きる君たちへ – いじめられっ子だった精神科医の贈る言葉』(中井久夫/中央公論新社)  いつだったかテレビ…

「殺し文句」はビジネスの武器! スティーブ・ジョブズが、格上の会社から役員を引き抜く際に放った言葉とは?

『ザ・殺し文句』(川上徹也/新潮社)  読者諸氏は「説得」に自信があるだろうか。私はまったく自信がない。どうすれば相手が納得してくれるか、考…

『できるかな』のノッポさんが教えてくれる、子どもとのつきあい方、大人とのつきあい方

『ノッポさんの「小さい人」となかよくできるかな?: ノッポ流 人生の極意』(高見のっぽ/小学館)  子どもの教育方法の一つに、「子どもの目線…

「お客様を、三流は『待たせてはいけない人』と考え、二流は『神様』と考える、では、一流は?」JALの元CAが教える! 一流の接客の違いとは?

『接客の一流、二流、三流』(七條千恵美/明日香出版社) 「そっか、一流は『そこ』を見ているんだ!」。妙に納得して興味深く読めた一冊『接客の一…

2017年は華麗なる「ミスゼロ」女子へ大変身! 仕事でミスしないための「ちょっとしたコツ」とは?

『1日5分でミスをしない! ちょっとしたコツ事典』(日経WOMAN/日経BP)  誰だって、ミスの一つや二つはする。人間のやることに「完璧」…

“ほめると人は伸びる”は本当? 知っておきたいほめ方のコツ

『今どきの大人を動かす「ほめ方」のコツ29 こんなふうに声をかけられたら脳はもう、逆らえない』(吉田たかよし/文響社)  脳が聞き入れずには…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ