注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
133件

不倫の記事一覧

新ライバルは女子大生! 秘密の関係ごっこを愉しむ医者夫婦に訪れた、いつもとは様子の違う危機!? 波乱続きのエロスなラブコメ『イシャコイH -医者の恋わずらい hyper-』

『イシャコイH -医者の恋わずらい hyper-』(林久美子/白泉社)  幼なじみの男の子がイケメン医者となって現れ、自分だけを身も心も溺愛…

「信じる者はダマされる」?! 悩める子羊たちを惑わせる、中村うさぎとマツコ・デラックスの人生相談

『信じる者はダマされる うさぎとマツコの人生相談』(中村うさぎ、マツコ・デラックス/毎日新聞出版)  日本の諺には、キリスト教の聖書に由来す…

失恋・離婚・不倫を乗り越える方法とは? 別れの後には必ず「出会い」がある!「さよなら」のトリセツ

『あなたは、「別れ」でもっと輝ける!』(ワタナベ薫/幻冬舎)  失恋、離婚、絶縁、死別、この言葉からどんな連想をするだろう。寂しい、惨め、か…

ベッキーが騒動後初めて語った本音とは? 『with』1万字インタビュー

(C)with  12月27日(火)発売の『with』2月号で、ベッキーの1万字に及ぶインタビューが掲載される。年明けの騒動から、約一年。騒…

不倫の慰謝料、相場ってどのくらい? 不倫を見抜くポイントとは?

『マンガ実録! ホントにあった不倫の修羅場』(日本博識研究所/宝島社)  一年間の世相を表す新語・流行語大賞のトップテンに選ばれた「ゲス不倫…

東京女子×上京女子 vol.5 「現実の女同士はたぶん、マウンティングなんかしない」

 東京という大都市で生まれ育った華子と地方から夢を抱いて上京してきた美紀。東京女子と上京女子、まったく違う境遇のふたりがひとりの男をめぐって…

浮気相手の女性は「便所」と思えばいい!? 美輪明宏の人生相談の回答がとても秀逸だった!

『心の嵐を青空に』(美輪明宏/家の光協会)  「美輪明宏さんは一体何者?」という質問をして、正確に答えられる人は何人いるだろう。『心の嵐を青…

「ゲス不倫」がここまで炎上したのはベッキーが〇〇〇〇〇〇〇だったから? 心理学者が語る不倫の心理的メカニズム

『ウルトラ不倫学』(杉山崇/主婦の友社)  今年あった芸能ネタといえば、やはり何と言っても「不倫」が真っ先に浮かび上がってくる。先日発表され…

流行語大賞発表迫る! 「PPAP」「ポケモンGO」「文春砲」など候補30語をおさらいしよう!

『現代用語の基礎知識2017』(自由国民社)  1年の間に話題になった“ことば”のなかで、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって広く大衆…

倉科カナが“愛に一直線の激情型女子”、三浦翔平が“嫉妬で我を失う癒し系男子”に! ドラマ「奪い愛、冬」ににただならぬ気配を察する人続出

 2017年1月に、奪い合いの恋愛を描いたオリジナルドラマ「奪い愛、冬」が放送される。脚本を鈴木おさむが担当し、2016年版ドラマ「不機嫌な…

「退社直前メールで超がんばりましたアピール」「恋愛記事をクリック」「○○が捨てられない」…あなたに潜む”ズボラOLヤマコ”を探せ!

『福田ヤマコ(30)、今日もしくじってます。』(あきばさやか/KADOKAWA)  仕事に、恋に、遊びに、一生懸命取り組んで、きらきらと輝い…

ガンで子宮を全摘出、離婚後に求めたのは「性のぬくもり」だった。目の前をグルグル回る男たちに、体をゆだねるゲスな夜

『ゲスママ』(神田つばき/コアマガジン)  今年はやたらと“ゲス”という言葉を耳にする。ほぼ死語に近かったこの言葉、年初の芸能スキャンダル絡…

「満たされない女たち」を待ち受ける危険な罠。“3年目の浮気”でまたも泥沼に…!? ドラマ「不機嫌な果実」SPドラマ放送決定に「前作以上の泥沼劇だなんて、そそる!」と興奮の声

『不機嫌な果実』(林真理子/文藝春秋)  2016年の4月から6月にかけて、テレビ朝日の金曜ナイトドラマ枠で放送され、大反響を呼んだドラマ「…

「不倫をするのは無駄にポジティブな人間」「玉袋が好き」……下品で気高いツイート女王・深爪の『深爪式』が、いろんな意味でスゴい

『深爪式』(KADOKAWA)  有象無象、魑魅魍魎がはびこるツイートが話題になり、多くの人々に深い爪あとを残すアカウント「深爪」(@fuk…

なぜ「繁殖力」のある男はビジネスで成功するのか?

 成功とは何か? それは発想力と人間関係力を駆使し、困難にも負けずに世の中に大きな価値を提供し、大きな報酬を受け取るということ。この成功者達…

ニュートン、ヘンリー8世…。世界史を賑わせた「問題児(クズ)たち」のゲスなエピソードとは?

『歴史系倉庫 世界史の問題児たち』(亀/PHP研究所)  某ゲスな極みのボーカリストが、不倫だなんだと話題になってクズ呼ばわりされていたおり…

ビジネス書の女王がスナックのママに転身!? 和田裕美初小説『ママの人生』レビュー&出版イベントレポ

 かつて花街だった四谷荒木町。今ではスナックやバーがひしめき合うネオン街となっているが、都心のど真ん中にある割には、妙に気安さ漂う店が多いの…

「浮気しない男」を信じる女は、サンタを信じるぐらいイタい! いい出会いがないと思った時の浮気おじさんによる“恋愛指南書”

『浮気とは「午前4時の赤信号」である』(すずきB/ワニブックス)  突然ですが、“幸せな結婚”ってなんでしょう。  今年はなんといっても“浮…

魅力的な異性に誘われたら、パートナーがいても浮気していい? AVライター雨宮まみと人気社会学者岸政彦の「浮気論」

『愛と欲望の雑談』(雨宮まみ、岸政彦/ミシマ社)  恋愛、結婚、家族、コンプレックス……。私たちが日常的に抱える悩みのもとは様々だ。でも、個…

出産割合は35歳で5人に1人…子どもがいないことを悲観しない。「不妊治療」後の幸せの見つけ方とは?

『不妊治療のやめどき』(松本亜樹子/WAVE出版)  子どもがほしいのに妊娠しない。思い切って不妊治療をはじめたのになぜかうまくいかない。で…

「気持ちが軽くなりました」と大反響! 経験人数8,000人超のAV男優がセックスに悩める一般女性の質問に答える!

『イケるSEX』(森林原人/扶桑社)  これまでに8,000人と10,000回以上セックスをしてきたAV男優の森林原人(もりばやしげんじん)…

結婚するのは何のため? 他人とうまく暮らすには? 結婚生活の不安を解消するQ&A

『困難な結婚』  『困難な結婚』(アルテスパブリッシング)――というと、「やっぱり結婚生活は大変。内容は、きっと非婚(結婚しない生き方を選ぶ…

なぜ、週刊誌メディアが面白いと言われるのか? 週刊文春元エース記者が明かす舞台裏【後編】

『週刊文春』の記者として数々のスクープを飛ばしてきた、ジャーナリストの中村竜太郎さん。優秀な記者が集まり、取材費はケチらないという『週刊文春…

なぜ男は成功すると、支えてきてくれた妻を見捨てるのか? “ゲス不倫”の原因は妻の◯◯か?

『糟糠の妻はなぜ捨てられるのか』(プレジデント社)  2016年ほど、芸能界で不倫が取り沙汰された年はないだろう。人気バンドゲスの極み乙女。…

「直感が働くと“スクープ”につながる」週刊文春元エース記者が明かす、取材の舞台裏【前編】

『週刊文春』記者として「シャブ&飛鳥」「NHKプロデューサー巨額横領事件」などをスクープしてきたジャーナリストの中村竜太郎さんが、これまでに…

本木雅弘も苦笑…樹木希林の「不倫」賞賛コメントがさすが!

出典:映画『永い言い訳』公式サイトより  デイリースポーツの芸能欄によると、俳優・本木雅弘(50)が10月3日、都内で行われた主演映画『永い…

女性特有の病気の原因に!? 実母の呪縛から逃れられないママたちの“孤育て”

 最近の子育ては「孤育て」と言われたりもしており、気軽に頼ることができる存在がいない家庭が多いように感じます。同じ子育て中のママさんたちと話…

ベッキーから中村橋之助まで…なぜ私たちは他人の不倫記事をクリックしてしまうのか

 最近、芸能界の不倫ネタを、全メディアが大々的に報道する流れが定着してきました。先のベッキーさんもそうですが、最近では中村橋之助さんの不倫で…

「今年のクリスマスは前妻と過ごしていいですか?」婚姻率10%のフランス人に学ぶ“非婚”の幸せとは?

『フランス人は1割しかお嫁に行かない』(柴田久仁夫/東邦出版)  「今年のクリスマスは前妻と過ごしていいですか?」これは『フランス人は1割し…

「うまくいかない」「理由がわからなくてモヤモヤ」…恋にも人間関係の悩みにも効く50音!

『乙女に捧げるレクイエム』(Pantovisco〈パントビスコ〉/KADOKAWA)  私たち女子の悩みは尽きない。忙しい毎日を過ごす中で、…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ