注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
9件

伊藤計劃の記事一覧

『虐殺器官』2016年冬の公開決定! 新PVに「待った甲斐があった!」とファン歓喜

 SF小説家の伊藤計劃のデビュー小説『虐殺器官』の劇場版アニメが2016年冬に公開されることが決定した! 制作側の経済理由で延期となっていた…

SF界の若き天才が最後の灯を燃やして描いた生と死の終着点

『ハーモニー』(伊藤計劃/早川書房)  伊藤計劃氏は2007年にSF作家としてデビューし、2009年に肺癌によってその短い生涯を閉じている。…

Project Itoh『虐殺器官』公開延期および『ハーモニー』公開日変更のおしらせ

 『ダ・ヴィンチ』2015年11月号(10月6日発売)では、「伊藤計劃 遺された物語」と題した特別企画を掲載。計劃作品の3作連続劇場アニメ化…

「Project Itoh」始動 故・伊藤計劃作品が劇場アニメに!

『屍者の帝国』(伊藤計劃、円城 塔/河出書房新社)  2009年に34歳で夭逝した小説家・伊藤計劃。彼が遺した長編小説『虐殺器官』『ハーモニ…

SFファンは読まずにはいられない! SFアンソロジーシリーズが電子化!
『NOVA〈1〉―書き下ろし日本SFコレクション』(大森望/河出書房新社)

 宇宙旅行だって夢ではない現代、思い描いていた未来が現実となってしまえば、SF作家は商売あがったりか、と思いきや、その人気は高まるばかりだ。…

第33回「日本SF大賞」受賞作が発表

 日本SF作家クラブが主催する「日本SF大賞」は12月8日、第33回の大賞受賞作品の選考を行い、月村了衛の『機龍警察 自爆条項』と宮内悠介の…

デビュー2年で早逝した作家・伊藤計劃の絶筆が異例の大ヒット

 作家・伊藤計劃が34歳の若さでこの世を去ってから3年。その絶筆『屍者の帝国』(伊藤計劃、円城 塔/河出書房新社)がよみがえり、本格派SF小…

注目の新刊 『THE FUTURE IS JAPANESE』 ダ・ヴィンチ2012年10月号

SF・ファンタジーにおける欧米と日本の架け橋となるべく編まれたアメリカのアンソロジーを逆輸入。日本人5作家に加え、本邦初訳のアメリカ人作家な…

中身に自信あり!? 表紙が真っ白けな本ランキング

本を買う時に表紙ってすごく大事だよね? 強烈なコピーに胸をつかまれたり、イラストからその小説の世界観を想像したり…。 でも最近表紙から情報が…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ