注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
36件

作家の記事一覧

デーモン閣下、5年ぶりのソロアルバムに芥川賞作家・羽田圭介が歌詞提供で話題に!「一体どんな曲になってるんだ…」

『スクラップ・アンド・ビルド』 (羽田圭介/文藝春秋)  デーモン閣下が、5年ぶりとなるソロアルバム「EXISTENCE」を2017年3月1…

『AKIRA』から30年! 江口寿史、岸本斉史、松本大洋、貞本義行、浦沢直樹…超豪華作家80人が大友克洋ワールドを描き下ろす!

『TRIBUTE TO OTOMO』(講談社)  世界中に多くのファンを持つ大友克洋の代表作『AKIRA』から30年。世界の第一線で活躍する…

出版社vs.作家!? 名作誕生の裏にバトルあり

『あらゆる文士は娼婦である 19世紀フランスの出版人と作家たち』(石橋正孝、倉方健作/白水社)  ユゴー、ゾラ、ボードレール、ヴェルレーヌ……

9日間の拘留から釈放・不起訴になるまで――冲方丁が語る、警察・検察・裁判所の「不思議な世界」

『冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場』(冲方 丁/集英社インターナショナル) 「この人はいったい、なんの小説の打ち合わせをしているんだろ…

藤子不二雄Aから村上春樹、西加奈子まで!総勢90人の作家の素顔が垣間みられる“しめきり症例集”

『〆切本』(夏目漱石、江戸川乱歩、星新一、村上春樹、藤子不二雄(A)、 野坂昭如など全90人/左右社)  「〆切(しめきり)」。人がそのこと…

いま注目の女性作家対談! 芥川賞作家・村田沙耶香דSF不倫”で話題『あげくの果てのカノン』マンガ家・米代恭/「嫌な人間を書くのが好き」村田発言に米代も共感!? 【前編】

 先日、下北沢「B&B」で、注目の女性作家ふたりを招いた対談イベントが開催された。登壇したのは、SFと不倫を掛けあわせた異色のラブストーリー…

いま注目の女性作家対談! 芥川賞作家・村田沙耶香דSF×不倫”で話題『あげくの果てのカノン』マンガ家・米代恭/「異様なくらい健全な人が好き」村田が明かした、意外な恋愛観とは? 【後編】

 先日、下北沢「B&B」で、注目の女性作家ふたりを招いた対談イベントが開催された。登壇したのは、SFと不倫を掛けあわせた異色のラブストーリー…

「多くは言わん。ただただ感無量」ライトノベルの金字塔『ゼロの使い魔』遂に最終22巻発売決定!

 2013年に逝去したヤマグチノボルの大人気ライトノベル『ゼロの使い魔』シリーズの最終22巻が、2017年2月24日(金)に発売されることが…

女子必見! 「失敗だらけのおしゃれ」が笑いと共感を呼ぶ“ミエコ流”ファッションエッセイ

『おめかしの引力』(川上未映子/朝日新聞出版)  川上未映子さんといえば、芥川賞、芸術選奨新人賞、谷崎潤一郎賞など、作品を出す度にビッグタイ…

「日本文学全集」シリーズ第11巻発売&第Ⅰ期完結記念、超豪華作家陣のトークイベント開催!

 2014年11月から刊行をスタートした「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集(全30巻)」。今をときめく豪華作家陣が古典を新訳する全集の刊行は…

ショートショートの神、星新一の才能は遺伝だった!?

『三十年後』(星一 星新一 星マリナ/新潮社)  1997年に亡くなった後も、若い世代にまで引き続き根強いファンを持つSF作家巨匠、星 新一…

伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』が3部門で1位を獲得! 「honto月間ランキング」

 ハイブリッド型書店サービス「honto(ホント)」における「honto月間ランキング」(集計期間:2015年10月1日~10月31日)が1…

巨匠・森村誠一の新たな代表作が誕生! 作家生活50周年記念作品『運命の花びら』

 『人間の証明』『野性の証明』などで一時代を築き、今なお文学界を牽引する大家、森村誠一。1965年にビジネス書『サラリーマン悪徳セミナー』で…

暮らしのスペシャリストと選ぶ新しい文学賞―第2回「暮らしの小説大賞」受賞発表会レポート

 2015年10月9日(金)に、都内で第2回「暮らしの小説大賞」の受賞発表会が行われた。「暮らしの小説大賞」とは、“暮らし”と“小説”をつな…

「彼女はとてもかわいくて、いい子」従来の三島由紀夫のイメージを覆す、妻にベタ惚れな手紙発見

 『潮騒』『金閣寺』などで知られる作家・三島由紀夫の手紙が発見された。その手紙には、従来の三島のイメージを覆す、ひとりの女性に纏わる文面が見…

綾辻行人・京極夏彦・辻村深月がキャラクター化!?『文豪ストレイドッグス』外伝で大活躍!

 累計170万部を突破し、アニメ化も決定した異能バトルアクションコミック『文豪ストレイドッグス』。その外伝として、綾辻行人・京極夏彦・辻村深…

作家がみんな、読書好きとは限らない? 芥川龍之介から朝井リョウまで、偉大なる作家たちの本に対する想い

『本なんて! 作家と本をめぐる52話』(芥川龍之介、朝井リョウ、浅田次郎ほか/キノブックス)  今年、著書『火花』(文藝春秋)で芥川賞をとっ…

著作100冊を突破! 堂場瞬一のすべてを綴る記念雑誌『文藝別冊 堂場瞬一』刊行

 『アナザーフェイス』シリーズや『複合捜査』などの作品で知られる堂場瞬一の著作が、2015年10月に刊行予定の『Killers(仮)』をもっ…

“官能的な夢”がオンナの本能を呼び起こす? 多くの女性から支持を得るLily最新作『眠りの部屋』

『眠りの部屋』(LiLy/KADOKAWA 角川書店)  怖い夢、幸せな夢、官能的な夢……、“夢の世界”は眠りの数だけ存在する。その一方で、…

人気作家11名が谷崎文学にオマージュを込めたマンガ化企画「マンガアンソロジー 谷崎万華鏡」

中央公論新社/(C)CHUOKORON-SHINSHA.INC.  耽美的な『刺青』『麒麟』などの作品で、自然主義が隆盛を極めていた明治時代…

少女が好き過ぎる30代男のある意味幸せな末路とは!? 田山花袋『少女病』|連載第1回

 栄えある(?)「愛おしき変態本の世界」第1回作品に選ばれたのは、田山花袋の『少女病』という短編だ。田山花袋をよく知っている人はそれほど多く…

「書く」ことに囚われた3人の女性たちの本当の運命は?【第152回直木賞ノミネート作】
『あなたの本当の人生は』(大島真寿美/文藝春秋)

 「あやしうこそものぐるほしけれ」。かつて、兼好法師は、文章を書くことをそう表現した。確かに、文章は書き続ければ書き続けるほどに、何かに取り…

これからの「編集者」に必要なことは? 本好き、作家好きに、新しいビジョンをくれる1冊
『コルクを抜く』(佐渡島庸平/大原ケイ/今村友紀/山内康裕/羽賀翔一/ボイジャー)

 まったくの予備知識なしで読み始めた1冊でしたが、瞬く間に内容に夢中になりました。本好きなら誰もが心配しているこれからの出版物の行方。時代や…

<訃報>まど・みちお、 渡辺淳一ら逝去 海外では ダニエル・キイスも【出版ニュース2014】

『失楽園』(上)(渡辺 淳一/角川文庫)  今年も多くの偉大な才能がこの世を去った。2月13日、『利休にたずねよ』で第140回直木賞を受賞し…

思わず「うまい!」と唸らせる日本の作家の名表現、集めました

『日本の作家 名表現辞典』(中村明:著、塩井浩平:イラスト/岩波書店)  メールやLINE、ブログやFacebook、Twitterなど、ネ…

「6年半のOL生活が、今も自分を支えている」辻村深月インタビュー

『ハケンアニメ!』(辻村深月:著、 CLAMP:イラスト/マガジンハウス)  2004年にメフィスト賞を受賞しデビューして以来、一作一作、深…

誰でも1冊の本は書ける!で、あなたは作家になれる? なれない?
『作家になれる人、なれない人 自分の本を書きたいと思ったとき読む本 (きずな出版)』(本田健/PHP研究所)

 かつて、「ボールを蹴らなきゃシュートが入らんだろっ!」と試合中に叫んだサッカーの監督がいた。「確かに…」と呟いて納得せざるを得ないシンプル…

4人に3人は本を書きたい!? 出版したいなら“スキマ”を狙え!

 売れないと言われようと、著者になるのを夢見る人は多い。でも自費出版をしたいわけでもない。そんな人々のために、『ダ・ヴィンチ』7月号では、ラ…

オタクが3次元での恋愛を成功させるにはどうしたらいいの? オタク漫画家、結婚への道

『恋愛3次元デビュー 30歳オタク漫画家、結婚への道。』(カザマアヤミ/双葉社)  「うちの旦那(嫁)が照れ屋さんで画面から出てこない」など…

名作を斜め上からメッタギリ! 文学に出てくるダメンズたち
『文学男子─BUNDAN─』(いのうえさきこ/集英社)

 『レ・ミゼラブル』『嵐が丘』『リア王』『車輪の下』『曽根崎心中』…名前は聞いたことはあるけれど、実際に読んだことはない。古典名作は難しそう…

12

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ