注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
34件

北尾トロの記事一覧

チャンポンを食べたことがないのに作る店、未亡人が経営する店…北尾トロ率いる“町中華探検隊”が巡る昭和の味

『町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう』(町中華探検隊・北尾トロ・下関マグロ・竜超、イラスト:清野とおる/リットーミュージック)  人気…

【第十二食】町中華は絶滅危惧種か!? 大久保「中華料理 日の出」

とある雑誌連載で知り合ったアラフィフのオヤヂ3人に、二回りも年下の編集者は尋ねた。「あなたたちは普段、何を食べているんですか?」。 オヤヂた…

【第壱食】ちっちゃな頃からこの味育ち。笹塚のノスタルジック・ラーメン「福寿」

とある雑誌連載で知り合ったアラフィフのオヤヂ3人に、二回りも年下の編集者は尋ねた。「あなたたちは普段、何を食べているんですか?」。 オヤヂた…

4人に3人は本を書きたい!? 出版したいなら“スキマ”を狙え!

 売れないと言われようと、著者になるのを夢見る人は多い。でも自費出版をしたいわけでもない。そんな人々のために、『ダ・ヴィンチ』7月号では、ラ…

【走れ! トロイカ学習帖】読書好きの熱き思いは全国同じ! 鹿児島ビブリオバトルに参加!

『大江戸生活事情』(石川英輔)  4月で創刊20周年を迎えた本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』。これを記念して、ライター・北尾トロ率いる、…

最多は月に5~10冊 ダ・ヴィンチ読者の読書量は? 活字中毒者の実態調査

『ダ・ヴィンチ』3月号(KADOKAWA メディアファクトリー)  本好きは活字の狩人だ。隙あらば書店に入り、読むものがないと移動に耐えられ…

“ちょいワル”から“リアル”へ オヤジ向けファッション誌に何が起きているのか

『OCEANS』2013年10月号(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア)  「雑誌が元気ない」と言われて久しい。しかし、オヤジ向け…

出店数日本一!“何でもそろう”本屋さん「宮脇書店」の正体とは

『ダ・ヴィンチ』8月号(メディアファクトリー) 書店界で唯一、全国47都道府県に出店し、店舗数でも日本一を誇る宮脇書店。しかし、その実像は意…

初音ミクが活字界を席巻!? ベストセラー連発のボカロ小説とは

『悪ノ娘 黄のクロアテュール』(悪ノP/PHP研究所)  初音ミクを筆頭とするボーカロイドを使った音楽は、いまやさまざまな人を巻き込みながら…

注目の新刊 『長く働いてきた人の言葉』 ダ・ヴィンチ2013年7月号

「たいした仕事じゃないと本人が思っていることを、長くやってきた人」にインタビューを敢行。登場するのは、弁護士、ラジオ技術者、船員、個人タクシ…

村上春樹だけじゃない! 読まず嫌いに贈る世界文学5冊

『ダ・ヴィンチ』6月号(メディアファクトリー)  村上春樹の最新刊、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』はあっさりとミリオンに到達し…

事件は書店で起きている!? 警察小説、人気の秘密とは

『64』(横山秀夫/文藝春秋)  横山秀夫の『64』、高村薫の『冷血』を筆頭に、いま警察小説が書店で目立っている。ミステリーの1ジャンルから…

東京23区内の全図書館を踏破したマニアおすすめの図書館とは?

 どの町にも必ずといっていいほど存在する「図書館」。本好きはもちろん、小さな子供を持つ親の利用も多く、人々の憩いの場となっている、地域にとっ…

ドラマ『ビブリア古書堂~』の脚本家が語る、剛力彩芽の魅力

 古書店や書店を舞台とする原作付きテレビドラマが立て続けに始まった。いま、世間は書店に注目? と見せかけてヒロインの剛力彩芽と戸田恵梨香が目…

第1回「笑う本棚大賞」は『醤油鯛』に

 芥川賞・直木賞を筆頭に百花繚乱の文学賞。行政が主催するものや詩歌なども加えれば毎週のように候補者が一喜一憂し、新たな受賞者が誕生する計算だ…

中央に負けない! 地方新聞社の本

 ライター・北尾トロが、本にまつわる様々な取材や企画を展開し、ルポ形式で連載する「走れ! トロイカ学習帳」。『ダ・ヴィンチ』1月号では、地方…

ダ・ヴィンチ読者484人に聞く「本を選ぶとき、最も身近な方法は?」

 1年に出版される書籍点数は、7万点を軽く超えるという。膨大な本の海から、読者はいったい何を指針として読みたい本を選んでいるのか。個人の偏っ…

流行の書店フェア、その魅力と人気の秘密

 本にまつわるさまざまな話題や謎を調査研究し、実践的に学ぶという趣旨で雑誌『ダ・ヴィンチ』で連載されている北尾トロの「走れ! トロイカ学習帳…

『季刊レポ』×三省堂書店×ダ・ヴィンチ コラボフェア開催!

 ライター・北尾トロ氏が編集長を務める『季刊レポ』と三省堂書店、さらに『ダ・ヴィンチ』がコラボしたフェア「笑う本棚」が10月5日(金)より約…

『天地明察』『のぼうの城』…ネオ時代小説はなぜヒットした?

 ネオ時代小説という言葉を知っているだろうか。『天地明察』や『のぼうの城』など、ここ数年、若い世代を巻き込んでベストセラー化した一群の小説だ…

人気マンガ家が講義! 京都精華大学マンガ学部に潜入

 近年、マンガを学べる大学が増加している。しかしマンガとは学問として学べるものなのか? 学んだ先にはなにがあるのか? そんな素朴な疑問に応え…

関西で有名マンガ家の教える大学が増加中

 マンガを習得する学科やコースを設置する大学が増えている。大学でマンガを学んでプロになれるのか? そもそも何を教え、学んでいるのか? 『裁判…

【連載陣の本棚】北尾トロさんが最近、喫茶店でむさぼり読んだ本

連載陣の本棚、4人目はダ・ヴィンチ本誌の人気連載「走れ! トロイカ学習帳」でおなじみの北尾トロさんが登場だラコ。現在発売中の6月号では、連載…

『俺妹』などを手掛けた編集者語る ラノベ絵師の発掘法

 ライトノベルの特徴は言うまでもなく、文章に絵をつけるイラストレーター=絵師の存在。文章とキャラクターが一体化した本作りを成立させる独特のイ…

ラノベ絵師、経済的不利でも「やる」理由

 ラノベの魅力は絵と文の相乗効果 といわれている。それでは、著者は自作に絵をつける“絵師”の存在をどう考えているのか。『ソードアート・オンラ…

ライトノベルの知られざる歴史

『ソードアート・オンライン』(川原 礫:著、abec:イラスト/アスキー・メディアワークス)  ダ・ヴィンチ4月号の「走れ! トロイカ学習帳…

北尾トロ 70年代後半のダメダメ青春を告白

 金なし、女なし、やりたいこともなし。中学生時代にいじめに遭った過去も持つ小心者の主人公・伊藤秀樹が大学入学と同時に入った「中野さぼてん学生…

CMから映画まで“宇宙が花盛り”な理由

 某通信会社のCMでは犬が宇宙飛行士スタイルで登場して好評を博しているが、これはもちろん世間が宇宙への関心を高めていることを前提として製作さ…

「美容室で人気の雑誌」ランキング 1位は?

 美容室が仕入れる雑誌の特徴は、人気どころの雑誌を外さないこと。現在取り扱っている322誌のうち、トップ20誌が注文数の47%を占め、トップ…

森ガール、山ガールの次は「カメラ女子」! キーワードは「カワイイ」

 森ガール、山ガールなど、席巻中の女子パワーが、今度はカメラの世界を変えようとしている。…

12

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ