注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
45件

医療の記事一覧

あなたが余命を宣告されたらどうしますか? 「死を肯定する医者」と「生に賭ける医者」を描く本格派医療小説

『最後の医者は桜を見上げて君を想う』(二宮敦人/TOブックス)  もし今、あなたが余命を宣告されたとしたら、どうするだろうか? できる限りの…

人類の発展の裏には人体実験あり。医学や化学のために体を張った笑いと涙の人体実験エピソード集

『世にも奇妙な人体実験の歴史』(文藝春秋)  ウニやナマコのような見た目がグロテスクな生き物を最初に食べたのは誰だったのだろう? 今では知る…

愛犬が大ピンチ!? 何度通院しても完治しない「犬の骨折」―その原因に迫る『獣医の手術は間違いだらけ』

『獣医の手術は間違いだらけ―犬の「自然治癒力」を活かす治療―』(岸上義弘/幻冬舎)  つい先日、友人の飼っている犬が骨折をしたという話を聞い…

“医師に嫌われる医師”だからこそ書けた目からウロコのアドバイスと情報が満載。医者任せの時代はもう終わった!?

『不要なクスリ 無用な手術 医療費の8割は無駄である(講談社現代新書)』(富家孝/講談社)  「国民皆保険制度」の日本。こういう制度はどこと…

採血でがんを発見!? がんを溶かす特効薬!? ゲノム研究の進んだ未来では、がんは怖い病気ではなくなる!

『未来化する社会 世界72億人のパラダイムシフトが始まった』(アレック・ロス:著、依田光江:訳/ ハーパーコリンズ・ジャパン)  現在、日本…

健康診断「B判定」が一番危ない! ひそかに病気が進行? 血清脂質、血圧、血糖値がB判定でも心臓病の危険が31倍に!? 

『健康診断 その「B判定」は見逃すと怖い』(奥田昌子/青春出版社)   読者は健康診断をきちんと受けているだろうか。『健康診断 その「B判定…

あなたの“理想の死に方”は? 現役医師と考える終末期医療のあり方

『サイレント・ブレス』(南杏子/幻冬舎) 「元気で長生きして、死ぬ時はコロッと逝きたい」「たくさんの孫に囲まれて、眠るように最期を迎えたい」…

発売後すぐに重版決定! “医療現場のリアル”を、皮肉とブラックユーモアで不気味に抉る『嗤う名医』が話題!

『嗤う名医』(久坂部 羊/集英社)  麻痺して回復が見込めない手足を巡る鮮烈なデビュー作『廃用身』(幻冬舎文庫)に始まり、日本医療小説大賞を…

あなたの「患者力」は大丈夫? 医者から最高の医療を引きだすためにすべきこと

『一流患者と三流患者 医者から最高の医療を引き出す心得(朝日新書)』(上野直人/朝日新聞出版)  もし病気にかかったら、誰しも「いい医療を受…

過去の医療ミス、うまくいかなかった手術を赤裸々に告白―脳神経外科医が語る“医師の本音”

 イギリスを代表する脳神経外科医ヘンリー・マーシュが、自らの失敗も醜態もさらけ出し、赤裸々につづった『脳外科医マーシュの告白』が2016年6…

動物も自傷行為をする? ヒトと動物の意外な共通点とは? 新たな医療の領域「ズービキティ」

『人間と動物の病気を一緒にみる: 医療を変える汎動物学の発想』(バーバラ・N・ホロウィッツ、キャスリン・バウアーズ:著、土屋晶子:訳/インタ…

自衛隊メンタル教官があなたを「自信のある人」に変える! 驚異の「自信育成法」

『自衛隊メンタル教官が教えてきた 自信がある人に変わるたった1つの方法』(下園壮太/朝日新聞出版)  どことなくなんとなく常に自信がない、生…

“アトピー”に苦しんだ女子高生が気づいたこと

『アトピーが教えてくれたこと』(青山ぱふこ/イースト・プレス)  高校時代というものは、一番多感な時期。自分がどう見られているのか、他人の目…

現役看護師が描く、医療ファンタジー『LICHT-リヒト-』 女子の心をくすぐる衣装デザインにも注目!

『リヒト 光の癒術師-ハイレン』(明/小学館クリエイティブ)  病み傷つくすべての人に光(LICHT-リヒト-)を与える「癒者(いじゃ)」の…

『コウノドリ』よりヤバイ…! ハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産すべてを経験した女性の実録

『5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が今伝えたい5つのこと』(田中もも:著、宋 美玄〈産婦人科専門医〉:監修/メタモル…

天才的な名医たちが治療の一環で事件を解決!? 今話題の異色の医療ミステリーとは

『神酒クリニックで乾杯を』(知念実希人/KADOKAWA)  「病は気から」。もし、そのことわざが正しいのだとすれば、医師が患者にできること…

『ブラックジャックによろしく』の佐藤秀峰描き下ろし! アニメで知る移植医療「ヒーロー~つながるいのち~」公開

 日本移植学会が移植医療についての認識を広めるため、アニメで知る移植医療「ヒーロー~つながるいのち~」を公開した。アニメのベースとなるマンガ…

知らないと損!? 漢方薬が得意とすること

『からだとこころの環境 漢方と西洋医学の選び方』(伊達伯欣/Pヴァイン)  暑い日が続き、「なんだか体調が優れない」「疲れが取れない」と不調…

生きた人間を解剖した「九大事件」の全容が明らかに 『九州大学生体解剖事件 七〇年目の真実』

『九州大学生体解剖事件 七0年目の真実』(熊野以素/岩波書店)  今年は戦後70年。戦争関連の講演会やイベントが多い年となっており、関連本も…

どんな検査? 結果はどう受け止める? 妊娠してから知るのでは遅い、出生前診断の真実【河合蘭インタビュー】

    『出生前診断 出産ジャーナリストが見つめた現状と未来』(河合蘭/朝日新聞出版)  健やかな赤ちゃんが産まれてきますように。新しい命を…

低気圧が近づくと夫婦げんかが増える? 台風の中、田んぼを見に行ってしまうのはなぜ? 日常に役立つ「気象病」という考え方

『その痛みやモヤモヤは「気象病」が原因だった』(渡邊章範/青春出版社)  梅雨時は気分が憂鬱になりがちだ。体調を崩す場合も多い。気象庁による…

ギャグ漫画なのに内容はガチすぎると話題! 自称美人女医が「肌トラブル」を解決!

『マンガで分かる肉体改造 美肌・スキンケア編』(ゆうきゆう:原作、ソウ:作画/少年画報社)  「マンガで分かる心療内科」シリーズ(少年画報社…

「22時~午前2時は睡眠のゴールデンタイム」説に根拠なし! 睡眠の正しい知識とは

『睡眠障害のなぞを解く 「眠りのしくみ」から「眠るスキル」まで』(櫻井武/講談社)  なかなか眠れない、早朝に目が覚める、日中に眠くなる…な…

40代からじわじわ進行する認知症 ―予防と改善には糖質制限食が有効

『認知症は脳のメタボだった!』(白澤卓二/宝島社)  働き盛りの40~50代。この頃から「自分の親に介護が必要になるのではないか」と気になり…

世界初の抗生物質を作ったのは日本人だった! …なのになぜ無名?

『サルバルサン戦記 秦佐八郎 世界初の抗生物質を作った男』(岩田健太郎/光文社)  結核、梅毒、コレラ、チフスなどの感染症は、死につながる恐…

いつも心にメメント・モリを “死に際”は自分で(健康なうちに)決めておけ!

『死ぬまでに決断しておきたいこと20』(大津秀一/メディアファクトリー)  この世に生きるすべての人間に平等に与えられていること、それは「時…

日本で緊急復刊、米では『インターステラー』製作者の手でドラマ化! エボラの恐怖を伝えるノンフィクションが話題

    『ホット・ゾーン 「エボラ出血熱」制圧に命を懸けた人々』(リチャード・プレストン:著、高見浩:訳/飛鳥新社)  エボラ出血熱の感染が…

冷えもダルさも! 「爪もみ」でカラダの不調が改善できる!

『免疫を高めて病気を治す「爪もみ」療法DVDブック』(福田稔/マキノ出版)  もうすぐ冬。冷え症には辛い季節。この季節、「夜、手足が冷たくて…

見た目がどんなに若くても、卵子の年齢は常に“自分の年齢+1歳” 正しい知識があれば、防げる不妊もあるはず

『誰も教えてくれなかった卵子の話』(杉本公平、鴨下桂子/集英社)  『誰も教えてくれなかった卵子の話』(杉本公平、鴨下桂子/集英社)は、著者…

こんなにコワイ「痛み止め薬」! 胃腸障害や腎障害などのおそれも

『気力をうばう「体の痛み」がスーッと消える本』(富永喜代/アスコム)  季節の変わり目に起こる謎の偏頭痛や腰痛、肩や首、股関節の疼痛…。箇所…

12

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ