注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
16件

大人の記事一覧

大人は直感的に物事を判断している? 人は生後3か月ですでに論理性を獲得している?『大人の直観vs子どもの論理』

『大人の直観vs子どもの論理』(辻本悟史/岩波書店)  一般的に、大人は論理で動き、子どもは直観で動くと思われている事だろう。もちろん論理的…

マナーは思いやりの心から。大人の気づかいで人間関係を円滑にするマナーの教科書

『人間関係が楽になる 気づかい&マナー事典』(真山美雪/池田書店)  職場で目上の方と応対したとき、あるいは大切な人の冠婚葬祭に出席したとき…

若い頃と同じままでは老けて見える一方! 大人になるほど見直したい「美しさの作り方」

『新しい口紅は寝る前に試す シンプルビューティライフ 35のヒント』(藤原美智子/講談社)  大人の女性が軽やかに自由に美しく生きていくため…

「高い志を持たない」…ダイエットや健康維持を目的にしない、角田光代の8つの”中年体育の心得”とは?

『なんでわざわざ中年体育』(角田光代/文藝春秋)  マラソンがブームになったのは、東京マラソンが2007年に始まって以降であろうか。皇居ラン…

SNS疲れになりやすい人の特徴って? 子ども用入門書『ネットのルール』が「大人も読むべき!」と注目を集める

『学校では教えてくれない大切なこと 12 ネットのルール』(旺文社)  とあるTwitterユーザーが、インターネットの入門書『学校では教え…

平成生まれの私が、電通若者研究部の『若者離れ』を読んで改めてバブル世代に伝えたいこと

『若者離れ』(電通若者研究部:編/エムディエヌコーポレーション)  クルマ、お酒、たばこ、恋愛…。あらゆる若者の「◯◯離れ」が叫ばれては、若…

すてきな女性になるために!今こそ知りたい“大人の作法”

『anan』No.2022(マガジンハウス)  大人の男の代表格ともいえる福山雅治が表紙を飾った『anan』No.2022が、2016年9月…

中年になっても大人になれない人たち…手遅れになる前に始める、知性ある大人としての生き方

『本物のおとな論~人生を豊かにする作法~』(外山滋比古/海竜社)  知性あるおとなになりたい人へおくる、“知的人間”の生き方を綴った『本物の…

「どうして『寝てない』と言って寝てるの?」 「なんで大人は急いでいるんですか?」子どもの率直な質問へのみうらじゅんの回答が大人にも刺さる

『大人に質問!「大人ってどのくらい大変なんですか?」』(みうらじゅん+児童館の子どもたち/飛鳥新社)  子どもとは実にするどい生き物だ。大人…

自分ってどんな人? 『りんごかもしれない』の作者が描く大人も楽しめる発想絵本!

『ぼくのニセモノをつくるには』(ヨシタケシンスケ/ブロンズ新社)  自己啓発好きや就職活動中の学生でもない限り、なかなか自分自身について深く…

斉藤和義、古田新太の考える「大人」とは? CM「大人エレベーター」の深すぎる言葉の真意

『大人エレベーター』(扶桑社)  ミュージシャン・斉藤和義は「大人とは?」という質問に対してかくのたまう。  「さんまの内臓食える人、みたい…

“ちょいワル”から“リアル”へ オヤジ向けファッション誌に何が起きているのか

『OCEANS』2013年10月号(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア)  「雑誌が元気ない」と言われて久しい。しかし、オヤジ向け…

オトナ女子が読みたいエロ系文庫

 ――これじゃ、女はイケないでしょー―「女による女のためのR-18文学賞」創設のきっかけは、男性視点の官能小説に異を唱える、女性編集者たちの…

女性のエロスを引き出す、マニアックで凄みのある3冊

 2010年、存命中のSM・官能作家、団鬼六の賛同を受けて創刊した文芸誌『悦』。…

ビブリア古書堂もびっくり!? 本屋さんで本当にあった話

 剛力彩芽主演でスタートした月9ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』(三上 延/アスキーメディアワークス)。原作は同名の人気シリーズで、古書を…

子どもの頃の感覚を呼びさます絵本ランキング

 書店の絵本コーナーにある色とりどりの絵本……。ページを1枚1枚めくるのにわくわくした子どもの頃のように、手にとって絵本の世界に触れてみたく…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ