注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
12件

小川洋子の記事一覧

小川洋子や東野圭吾も…作家が憑りつかれる数学の魅力

『博士の愛した数式』(小川洋子/新潮社)  公式の暗記や筋道を立てた証明、そして必要不可欠なひらめき。難解なイメージがつきやすく、どうしても…

電化製品を読み解けば、小説が分かる!? 「オール電化」な文学評論集!
『電化文学列伝』(長嶋有/講談社)

 不協和音を奏でる掃除機の音もキレイ好きな人の手にかかれば、リズミカルなジャズの調べだ。食通の人の冷蔵庫を開けば、活気ある朝市に迷い込んだ心…

注目の新刊 『いつも彼らはどこかに』 ダ・ヴィンチ2013年7月号

たてがみはたっぷりとして瑞々しく、温かい――。ディープインパクトの凱旋門賞への旅に帯同することになる一頭の馬、森の彼方此方に不思議な気配を残…

注目の新刊 『ことり』 ダ・ヴィンチ2013年1月号

小鳥のさえずりを理解し、不思議な言葉しか話さなくなった兄。彼の言葉を唯一理解できる弟。二人は小鳥たちの歌にじっと耳を澄ましながら、世界の片隅…

2012年芥川賞作家・鹿島田真希がBLを書いていた

 『冥土めぐり』(河出書房新社)で2012年上半期の芥川賞を受賞した鹿島田真希。『文藝春秋』に掲載された選評でも、「鹿島田さんにしか描けない…

注目の新刊 『とにかく散歩いたしましょう』 ダ・ヴィンチ2012年9月号

締め切りを前に白紙の恐怖に怯え、店員とのやりとりに傷つき、ハダカデバネズミに心奪われる――。『猫を抱いて象と泳ぐ』『最果てアーケード』などで…

なぜ「本屋大賞」のヒロインは宮崎あおいなのか?

 先日、50万部を超えるベストセラー小説『舟を編む』(三浦しをん/光文社)が、松田龍平と宮崎あおい主演で映画化されることが発表された。このニ…

注目の新刊 『最果てアーケード』 ダ・ヴィンチ2012年8月号

そこは世界で一番小さなアーケード。風変わりな品々を扱う店主と、理由あってそこに集まる客たちのささやかで不思議な物語――。『博士の愛した数式』…

小川洋子初の漫画原作『最果てアーケード』先行配信開始!

『博士の愛した数式』などで知られる小説家・小川洋子氏が初めて漫画原作を手掛けた『最果てアーケード』の電子版が、本日2012年6月20日(水)…

耳鳴りの病と速記者の男の指への偏愛が織りなす幻想的な大人の寓話。透き通る悲しさがせつない
『余白の愛』(小川洋子/中央公論新社)

「指」はある意味、容姿よりも表情豊かで雄弁だ。 だからなのか、男の「指」は女性にとって偏愛の対象になりやすい。たとえば無骨な男の容姿に似合わ…

特集番外編1 2009年6月号

読めばあなたにも奇跡がおこるかも。…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ