注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
12件

思春期の記事一覧

くだらないことに必死な中学生男子の悶々とした“性春讃歌”な日々。映画「百円の恋」脚本の足立紳の監督デビュー作『14の夜』

 映画「百円の恋」で第39回日本アカデミー賞・最優秀脚本賞を受賞した足立紳の監督デビュー作、「14の夜(じゅうしのよる)」が2016年12月…

「色々な地獄があるけれど、陽が射す瞬間がある」芥川賞作家・川上未映子×映画『イノセント15』甲斐博和監督対談【後編】

 著書『ヘヴン』で、ひどいいじめを受ける“僕”とコジマが、少しずつ心を通わせながらも、辛い現実にさらされる様子を描いた川上未映子さん。映画『…

いじめ、母親からの虐待…思春期の闇と光、逃げることもできない15歳を描くリアリティとは? 芥川賞作家・川上未映子×映画『イノセント15』甲斐博和監督対談【前編】

(左)甲斐博和さん、(右)川上未映子さん  思春期という、誰もが通過する、甘酸っぱいけれど残酷な時代。大人と子どもの間のような複雑な心境は、…

なぜ、母親は勝手に部屋に入ってくるのか?!――「ノックレスコミュニケーション」の被害に遭った人々の声『ババァ、ノックしろよ!』

『ババァ、ノックしろよ!』(TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル/リトル・モア)  中高生の頃に、ベッドの下に隠して…

セックス、浮気、LGBT、妊娠…養護教諭が明かす、子ども+おとな=「ことな」たちのリアルな悩み

『保健室の恋バナ+α』(金子由美子/岩波書店) 「大人の階段昇る 君はまだシンデレラさ」という歌詞を耳にすると甘酸っぱい想いや懐かしさを感じ…

「いじめに遭ってつらい」「彼が避妊してくれない」…思春期の“人には聞けない悩み”に精神科医、TENGA社員ほか、専門家がまじめに答える

『中高生からのライフ&セックス サバイバルガイド』(松本俊彦、岩室紳也、古川潤哉:編/日本評論社)  その分野における専門家や識者…

ミュージシャンに憧れる長男、ポエムを綴る次男…思春期こじらせ男子がすごい!

『息子が思春期をこじらせている』(華桜小桃/ぶんか社)  思春期を迎えると、子どもたちは「自分とは何か?」を探し始めるもの。その過程のなかで…

【eBookJapan】 大人気ラブコメマンガ100作品ポイント10倍キャンペーン実施中!(2/17まで)

 国内最大級のマンガの電子書籍ストアeBookJapanでは、2月17日までの期間限定で、大人気ラブコメマンガ100作品を対象に、ポイント1…

超ドデカい女子中学生の魅力をついてついてつきまくった逸品
『富士山さんは思春期 1』(オジロマコト/双葉社)

背がおっきい女の子って、どこか次元の違う存在というか、なんとなくいつも「特別感」があったような気がします。懐かしい小中学生のころ。彼女たちは…

もしも自分の息子がゲイだったら…思春期のゲイと母親の関係

『スメルズライクグリーンスピリットSIDE:B』(永井三郎/ふゅーじょんぷろだくと)  中学生になればいろんな悩みにぶち当たるが、それが女装…

微笑ましい迷走と爆発。10代のリアルを描いた思春期マンガたち

『かくかくしかじか』(東村アキコ/集英社)  今、東村アキコの自伝的コミック『かくかくしかじか』をはじめ、大人読者を唸らせる“思春期マンガ”…

あまりのせつなさに胸がつまる! 不器用すぎる思春期BL

 12月25日に、小嶋ララ子の『きみにうつる星』(心交社)が発売された。この作品は、茨城の田舎に住む高校生・沼尻健二と転校生の七瀬和也の恋を…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ