注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
10件

憲法の記事一覧

メディアのタブーに密着取材!「ヤクザ」の世界に“居場所”を求めた理由とは?

『ヤクザと憲法―「暴排条例」は何を守るのか』(岩波書店)  映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』が全国公開され、話題を呼んでいる。近年、…

「思っていることを言っただけでバッシングされるのか、それが理解できない」 SEALDsが語る『民主主義ってこれだ!』<インタビュー>

『民主主義ってこれだ!』(SEALDs:編/大月書店)  安全保障関連法案(安保法案)が成立し、憲法改正までもが現実になる可能性も出てきた2…

「いまこそ、みんなの日本国憲法」総勢100人が登場― 『AERA』でその思いを語る

 ニュース週刊誌『AERA』9月28日増大号が、2015年9月19日(土)に発売された。表紙を飾るのは「日本国憲法」。創刊以来初となる文字の…

田原総一朗が「戦中戦後」を明快に解説! 孫向けでもジャーナリスト魂は健在
『おじいちゃんが孫に語る戦争​』(田原総一朗/講談社)

 第二次世界大戦、あの悲惨な太平洋戦争が終結して今年で70年。戦争を知る世代はどんどん減り、変わって憲法改正やら集団的自衛権、そして安全保障…

戦争体験者たちの告白を、現代の10、20代が読んで考える『若者から若者への手紙』

 学徒看護隊として砲弾が飛び交うなか負傷兵のために駆けずり回った女性は、そのとき18歳。人体実験や細菌兵器の研究を行い〈悪魔の部隊〉と呼ばれ…

池上さんの“超訳”でよく分かる!「日本国憲法」の基礎知識

『超訳日本国憲法』(池上彰/新潮社)  最近、日本国憲法に関する話題が頻繁にニュースになっている。しかし法律関係の文章は、(丁寧に書きすぎな…

かくして猿たちは騙される…
『利権の復活 ― 「国民のため」という詐術』(古賀茂明/PHP研究所)

 「朝三暮四」という言葉がある。中国に猿好きの男がいて、たくさんの猿を飼っていた。家計が傾いてきたとき、猿たちに朝4つ、晩に3つの栃の実をや…

話題騒然! 憲法をヤンキー調に訳してみたら、こうなった

『日本国憲法を口語訳してみたら』(塚田 薫:著、長峯信彦:監修/幻冬舎)  参院選が自民党の圧勝に終わったことで、さらに注目を集めている憲法…

改憲に賛成? 反対? でもその前に……、サクッと読める“憲法本”で憲法を学ぼう

『日本国憲法』(小学館)  今夏の参議院議員選挙でも大きな争点となっている憲法改正。各メディアでは改憲議論も白熱しているが、「ケンポウってわ…

改正論議で売れゆき好調の憲法本に萌えキャラが登場! 「9条ちゃん」ってどんな子?

『Constitution Girls 日本国憲法』(森田優子:著、法学フューチャー・ラボ:編集/PHP研究所)  7月21日に行われる参議…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ