注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
198件

文化の記事一覧

いつも人生に絶望していたカフカ。彼はなぜ自殺をしなかったのか? 「弱さ」も「矛盾」も否定しない生き方

『カフカはなぜ自殺しなかったのか? 弱いからこそわかること』(頭木弘樹/春秋社) 『変身』を書いた作家のカフカは、いつも死にたがっていた。人…

国語辞典はこんなにも面白い!! サンキュータツオが教える、ディープな辞典の魅力

『学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方(角川文庫)』(サンキュータツオ/ KADOKAWA)  オタクで、学者で、芸人のサンキュータツ…

人類の発展の裏には人体実験あり。医学や化学のために体を張った笑いと涙の人体実験エピソード集

『世にも奇妙な人体実験の歴史』(文藝春秋)  ウニやナマコのような見た目がグロテスクな生き物を最初に食べたのは誰だったのだろう? 今では知る…

おいしいだけじゃない! 見た目も美しくかわいい和菓子の魅力をたっぷりと♪

『ときめく和菓子図鑑』(文:高橋マキ、写真:内藤貞保/山と渓谷社)  きれいで美味しい芸術品のような和菓子を紹介する『ときめく和菓子図鑑』が…

日銀本店からの全国への現金輸送には鉄道が使われていた―秘密に包まれた専用車両「マニ34形」とは?

『現金輸送車物語─タブーとなったマニ34・30形─』(和田洋/ネコ・パブリッシング)  読者諸氏は、かつて日本銀行本店から全国の支店への現金…

背景にある歴史の闇や人間の暗部に注目。「怖さ」から楽しむ絵画『新 怖い絵』

『新 怖い絵』(中野京子/KADOKAWA)  悲しいかな、私にはアートに関する才能がまるでない。それゆえに何となく芸術の世界に踏み込みきれ…

800年以上にわたり、読み継がれてきた理由がここにある。稀代のストーリーメーカーが完全訳した『平家物語』が面白すぎる!!!!!

『平家物語』(古川日出男訳/河出書房新社)  「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」で始まる古典『平家物語』を、全く知らない方もいないだろ…

一流ビジネスマンが毎日同じ服を着るのはオシャレなの?「トレンド」から見る今は“こんな時代”

『毎日同じ服を着るのがおしゃれな時代 今を読み解くキーワード集』(三浦展/光文社)  トレンド、もしくは流行には、よくも悪くもその時代の気分…

今は亡き祖母の味…故郷を捨てたことへの後悔から著者が探し歩いた日本全国に息づく「まじない食」とは?

『日本まじない食図鑑 お守りを食べ、縁起を味わう』(吉野りり花/青弓社)  日本には、四季折々、古くから伝わる行事食がたくさんある。冬の歳時…

京都で泊まるなら旅館? それともホテル? 京都に行く前に知っておくと得する50の知識 

『京都に行く前に知っておくと得する50の知識 初心者からリピーターまで、京都に行くならどっち!?』(柏井壽/ワニブックス)  日本国内の観光…

「あんこ」の始まりは魔除けだった?! 作り方や種類、歴史など、伝統的甘味の魅力をあますところなく解説

『あんこのことがすべてわかる本: つくる、食べる、もてなす』(芝崎本実:監修/誠文堂新光社)  日に日に寒さが増す中、小生はコンビニで「ぜん…

「私は男でも女でもある」「私は男でも女でもない」…男女の概念にとらわれないXジェンダーとは?

『Xジェンダーって何? 日本における多様な性のあり方』(Label X:編著/緑風出版)  例えば「私は男でも女でもある」または「私は男でも…

すみません、「ほぼほぼ」ってなんですか? 気づかずに使っているかもしれない「日本誤」

『「ほぼほぼ」「いまいま」?! クイズ おかしな日本語 (光文社新書)』(野口恵子/光文社)  先日、原稿を書いてメール添付で送信したら、若…

ワルいヤツは現代も江戸時代も大差なし!? 実は現代と驚くほど近かった江戸時代の犯罪事情

『古文書に見る江戸犯罪考』(氏家幹人/祥伝社)  大阪で我が子を殺して遺棄した親が逮捕され、ニュースやワイドショーで話題となっている。実にイ…

150年以上前の講義を味わう ファラデーが説くロウソクの科学と彼の人柄とは

『ロウソクの科学』(ファラデー:著、三石巌:訳/KADOKAWA)  読者は19世紀に活躍した科学者ファラデーをご存じだろうか。「ファラデー…

世界一の観光都市“京都”に潜む、あまりに深く、暗い闇の部分とは…

『京都の裏社会 山口組と王将社長射殺事件』(一ノ宮美成+グループK21/宝島社)  日本を代表する観光地といえば北は北海道、南は沖縄。新宿や…

ペスト大流行の始まりは、中央アジアの小さな湖のほとりの町だった!? 何度も「へーっ!」と叫んでしまう、大人も子供も楽しめる“世界史のエンタメ本”

『世界史MAPS―歴史を動かした72の大事件』 (主婦と生活社)  2015年4月にイギリスDK社から発行されたのを皮切りに、1年余のうちに…

これまでに32冊の本が誕生! 全国の学生が出版を目指してプレゼンバトル!「出版甲子園」

※過去大会の様子  学生による、学生のための出版コンペティション「第12回 出版甲子園決勝大会」が2016年11月20日(日)に開催される。…

日本人の質問の仕方は海外では通用しない! 最高の結果を引き出す“質問力”

『最高の結果を引き出す質問力:その問い方が、脳を変える!』(茂木健一郎/河出書房新社)  これからの時代は「質問」で決まる! 正解を出すだけ…

「結核」は神格化された美の病? 文学からわかる、「病」のイメージの移り変わり

『病(やまい)短編小説集(平凡社ライブラリー)』(ヘミングウェイ、モームほか/平凡社)  いつの時代にも、小説や漫画、映画などのフィクション…

「レンタルビデオ全盛期」に粗製濫造された「悪趣味ビデオ」の数々! 時代に狂い咲いた「ゴミ映画」への鎮魂歌

『悪趣味ビデオ聖書(バイブル)』(山崎圭司/洋泉社)  現在、映像記録メディアの主役といえば、ブルーレイディスク(BD)ということになるだろ…

赤澤燈・井澤勇貴ら出演! 大人気「メサイア」シリーズ最新作、舞台「メサイア―暁乃刻―」公演決定!

(C)MESSIAH PROJECT  豪華声優陣によるドラマCDからスタートした「メサイア・プロジェクト」。過酷な戦いに身を置く男たちの絆…

ニュートン、ヘンリー8世…。世界史を賑わせた「問題児(クズ)たち」のゲスなエピソードとは?

『歴史系倉庫 世界史の問題児たち』(亀/PHP研究所)  某ゲスな極みのボーカリストが、不倫だなんだと話題になってクズ呼ばわりされていたおり…

貧乳派 vs 巨乳派…遥か昔から人々を魅了する「おっぱい」表現の歴史

『乳房の神話学』(ロミ:著、高遠弘美:訳/ KADOKAWA)  どうして人は胸の膨らみにこんなにも惹かれてしまうのだろうか。乳房には、大き…

税金が高くても、将来に不安があっても、世界一幸せ!? 北欧の幸福度の高さの秘密とは?

『限りなく完璧に近い人々 なぜ北欧の暮らしは世界一幸せなのか?』(マイケル・ブース:著、黒田眞知:訳/KADOKAWA)  少し前から、イン…

人間臭さは残酷さやドロドロを避けては描けない! ルネサンス絵画のあやしさまで味わう方法

『あやしいルネサンス』(池上英洋、深田麻里亜/東京美術)  15世紀から16世紀ごろにイタリアで生まれたルネサンス絵画は、人間らしさや個性の…

夕食は塩をかけたティッシュ、住まいは橋の下…。『貧困 子供のSOS – 記者が聞いた、小さな叫び』

『貧困 子供のSOS – 記者が聞いた、小さな叫び』(読売新聞社会部/中央公論新社)  報道の現場は厳しい。取材を重ねて事実を丁…

戦争、圧政、貧困…その現場には常に娼婦たちがいた―。娼婦たちの姿から見えるグローバリゼーションの裏側

『娼婦たちから見た戦場 イラク、ネパール、タイ、中国、韓国』(八木澤高明/KADOKAWA)  ここ日本では、一般的に売春や風俗は社会秩序を…

史上最大の日本語ラップブーム到来! 『SWITCH』11月号で大特集

『SWITCH』11月号(スイッチパブリッシング)  テレビ朝日の深夜番組で注目を集めている「フリースタイルダンジョン」は、若い世代を筆頭に…

将棋ソフトはトップ棋士を越えたのか? 羽生善治らプロ棋士たちが明かすプライドと将棋の未来

『不屈の棋士』(大川慎太郎/講談社)  第29期竜王戦七番勝負にて、渡辺明竜王に挑む対戦相手が交代するという事態が起こった。当初予定されてい…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ