注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
80件

日本人の記事一覧

養殖うなぎ→スク水美女、牛→巨乳JK…擬人化PRが各所で炎上! 日本人はどうして擬人化好きなの? その起源とは?

『妖怪・憑依・擬人化の文化史』(伊藤慎吾/笠間書院)  日本人はどうして「擬人化」が好きなのだろう。11月に決選投票が行われる「ゆるキャラグ…

日本人の9割が中流意識を持っている!? 中流でも「貧困」と紙一重!Yahoo!ニュース(個人)で100万PVの英国在住ライターが見た日本の今

『THIS IS JAPAN 英国保育士が見た日本』(ブレイディみかこ/太田出版)  近年、「貧困」という言葉をやけに目にする。結婚は経済的…

日本人がドーピングをしないのは武士道精神があるから? 「武士道は日本人の魂」は間違い?! 正しい「武士道」とは何か

『武士道の誤解 捏造と歪曲の歴史を斬る』(清水多吉/日本経済新聞出版社)  リオオリンピックは、日本史上最高のメダル数41個という華々しい結…

没後100年! 実は、寂しがり屋の食いしん坊!? 人間味にあふれたおじさんだった、文豪・夏目漱石を紹介する『となりの漱石』

『となりの漱石(ディスカヴァー携書)』(山口謡司/ディスカヴァー・トゥエンティワン)  2016年で没後100年をむかえた、日本を代表する文…

「日本人らしさ」ってなに? 歴史の中にルーツを探る

『日本人は何を考えてきたのか』(齋藤 孝/祥伝社)  「日本人らしさ」とは何だろうか? そしてその「日本人らしさ」を作ったものは何なのだろう…

指差しで、日本人は人差し指を使い、英米人は親指を使う?微笑みのイメージは世界共通か?日本と英米のボディランゲージの違い

『日本人と英米人 身ぶり・行動パターンの比較』(ジェイムズ・カーカップ、中野道雄/大修館書店)  私達は、ボディランゲージをよく使う。ボディ…

日本人は共感できない? 同じ顔すぎる韓国式「たい焼き美人」現象

出典:「MISS KOREA」公式サイトより 『2016ミスコリア選抜大会』が今月上旬、ソウルで行われ、ファイナリスト34人が美を競った。 …

あの有名武将も奴隷を認めていた! 合戦の目的は「奴隷狩り」!? ドラマでは描かれない戦国時代の実態

『人身売買・奴隷・拉致の日本史』(渡邊大門/柏書房) 「奴隷」と言われイメージする国は、古代ギリシア、アメリカ、ヨーロッパ諸国を思い浮かべる…

人気ハリウッド女優の美容法を安易にマネするのは危険!? 皮膚のスペシャリストが教える、肌がすこやかに美しく生まれ変わるための秘密

『日本人の肌はなぜ世界一美しいのか?』(渡辺奈津/主婦の友社) 「自分の肌に自信はありますか?」と聞かれて、「はい」と即答できる人はどれくら…

なぜ日本人は世間と寝たがるのか? 世間を気にして「家族」から抜け出すことができない背景

『なぜ日本人は世間と寝たがるのか 空気を読む家族』(佐藤直樹/春秋社)  あなたは今、日々の生活を周囲の目を気にせずに自分らしく生きているだ…

親や配偶者の「平穏死」を受け入れるためには?

 愛する人の見送り方や看取り方について書かれた『「平穏死」を受け入れるレッスン 自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?』…

なぜ人はうわさ話が好きなのか? うわさの真意を求めることとは別の、人々の心意

『うわさと俗信 民俗学の手帖から』(常光 徹/河出書房新社)  ネットの普及により、うわさ話が瞬く間に拡散するようになったことが良いことなの…

日本人と裸の関係を探る。かつては男女混浴だった日本人が、どうして裸を恥ずかしく感じるようになったのか?

『裸はいつから恥ずかしくなったか 「裸体」の日本近代史』(中野 明/筑摩書房)  かつて、日本は混浴だった。と言うと、もしあなたが、男性なら…

セックスは上流階級が嗜む贅沢品に――『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』【湯山玲子インタビュー 後編】

『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』(湯山玲子、二村ヒトシ/幻冬舎) 『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』(湯山玲子…

恋愛はプラトニック、性欲はお金で解決の分散投資型恋愛時代――『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』【湯山玲子インタビュー 前編】

『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』(湯山玲子、二村ヒトシ/幻冬舎) 「ベッキー騒動の強烈なバッシングは、恋愛の市場価値が下落し…

そろそろ「食」ときちんと向き合ってみませんか? 「ふるさと村」流の食養生活6カ条

 人間は誰でも体に自然治癒力が備わっている。しかし、美食の追及、食べ過ぎ、添加物過多の食べ物を食べるなど、自然治癒力を低下させてしまう食生活…

どれがダメで、何が大丈夫? 日本人には理解が難しい「宗教上のタブー」

『世界の宗教は人間に何を禁じてきたか』(井上順孝/河出書房新社)  日本人は信仰している宗教は何かと問われると、半数くらいの人が「無宗教」と…

一重まぶたがモテる!? 日本とフランスで“女の賞味期限”が大きく違う理由

『年をとってもモテるフランス人 年をとるとモテなくなる日本人』(吉村葉子/宝島社)  ネット上ではたびたび、女の賞味期限について話題になる。…

昭和初期、村落に住む日本人はどのように生きたか?

『忘れられた日本人』(宮本常一/岩波文庫)  例えば、子供が迷子になった時、私達はどうするでしょう? 自分で探す場合もありますが、デパートや…

好みのタイプは「やさしい人」。でも、「やさしい」ってそもそも何? 「やさしい」の意味を探ってみよう!

『「やさしさ」と日本人 日本精神史入門(ちくま学芸文庫)』(竹内整一/筑摩書房)  結婚したい人の条件で常にトップに浮上するのが「やさしさ」…

「特技は不要」? 「努力は必ずしも報われない」!? 厚切りジェイソン、漢字だけでなく日本人もバッサリ!

『日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy』(厚切りジェイソン/ぴあ) 「親を切ると書いて、親切。Why Japanese people!!…

シートベルトをしている助手席とシートベルトをしていない後部座席、危険なのはどっち?

『心配学「本当の確率」となぜずれる?』(島崎 敢/光文社)  世の中には「心配」なことが溢れている。  飛行機に乗るのが怖い。外出時、家の鍵…

なぜ太平洋は「太」で、大西洋は「大」なの?

『日本人の9割が答えられない 日本の大疑問100』(話題の達人倶楽部:編/青春出版社)  多くの人が知っていることは本当に「常識」なのか? …

「自己責任」という言葉で、個人に責任を負わせる日本社会に警鐘を鳴らす!

『この国の冷たさの正体 一億総「自己責任」時代を生き抜く』(和田秀樹/朝日新聞出版)  「自己責任」。最近、よく耳にするようになった言葉だ。…

結婚で損をするのは女性のほう? 買い物から、結婚まで、ニッポン人の損得勘定

『損したくないニッポン人』(高橋秀実/講談社)  損得勘定といって、はじめに頭に浮かぶのはお金であろう。  全く同じ商品を別の店で安く買えた…

太平洋戦争中、敵兵422名を救助した駆逐艦「雷」艦長・工藤俊作に学ぶ武士道

『マンガ 海の武士道』(原作:惠 隆之介、漫画:山野車輪/発行:育鵬社、発売:扶桑社)  マンガ『海の武士道』(惠 隆之介、山野車輪/発行:…

90万部突破、TOEIC対策のテッパン本!「5つの文型」をマスターすれば英語力がUP!

『中学・高校6年間の英語をこの1冊でざっと復習する』(稲田 一/KADOKAWA)  いきなりだが、中学2年生レベルの質問をまずは紹介したい…

神社をマニアックに語ろう! 25パターンの「鳥居」解説から神職・巫女のスタイル研究まで徹底解説

 2016年1月6日(水)に発売された月刊『MdN(エムディエヌ)』2月号の特集は「神社デザイン」。初詣に祈願、決意を新たにする時や、気持ち…

鳥居はなぜ朱色? 意外と知らない神社の基礎知識

『入門 神様と神社』(洋泉社)  人形供養や初詣など、年末年始はなにかと神社を訪れる機会が多い。読者のみなさんのお近くにも、大小様々な神社が…

【チェックリストあり】日本人の10人に1人が口臭症!?―誰も書かなかった口臭症治療のすべて

 口臭と口臭症について15年以上研究を行い、「ほんだ式口臭治療」を開発、国内外に400もの提携クリニックを持つ、医療法人ほんだ歯科 理事長・…

123

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ