注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
23件

時代小説の記事一覧

予測不可能の騙し合い!『ルパン三世』『オーシャンズ11』を彷彿とさせる究極のエンターテインメント時代小説がすごい!

 次世代の時代小説が誕生した瞬間を、目の当たりにした気分だった。映画脚本の俊才、竹内清人氏初のオリジナル小説『躍る六悪人』(ポプラ社)は、今…

「憎しみは時空のへだたりが育てるもの」争う徳川と豊臣、両方の血を引く姫の数奇な一生を描く感動歴史超大作!

『梅もどき』(諸田玲子/KADOKAWA)  「史実」という「点」でしかない事実をフィクションに落とし込み、一つの「線」として「物語」になっ…

待望の第4巻は恋愛要素増量! 江戸のレンタルショップが舞台のエンタメ時代小説

『貸し物屋お庸 娘店主、想いを秘める』(平谷美樹/白泉社)  人気作家・平谷美樹が手がけるエンタメ時代小説「貸し物屋お庸」シリーズの最新作『…

清少納言はなぜ『枕草子』を書いたのか? 『天地明察』の冲方丁が描く最新歴史小説が遂に文庫化!! 発売たちまち重版!

『はなとゆめ』(冲方丁/KADOKAWA)  学生の頃、清少納言の『枕草子』は随筆、つまり「エッセイ」だと教わった。「春はあけぼの」から始ま…

よろず請負人が稼いだ金で菓子作り! 破天荒な時代小説『忍びのかすていら』【「日本ファンタジーノベル大賞」優秀賞受賞作家最新作】

 「日本ファンタジーノベル大賞」優秀賞受賞作家・三國青葉。2016年3月4日(金)、三國の新作小説『忍びのかすていら』が刊行される。  「朝…

シリーズ累計2,000万部突破「居眠り磐音 江戸双紙」最新刊2冊同時刊行で遂に完結!

 2002年4月に第1巻『陽炎ノ辻』を発売して以降、年間3~4冊ペースでシリーズ新刊を刊行してきた時代小説「居眠り磐音 江戸双紙(いねむりい…

巨大鯨に魅せられた少年―― 幾多の困難を越え、「権左」を追いつめることはできるのか!?

『沖の権左』(志坂 圭/ディスカバー・トゥエンティ―ワン)  「江戸時代の捕鯨の物語」と聞いて、ピンとくる人は少ないかもしれない。 だが、あ…

2016年は坂崎磐音から年賀状が届く! 佐伯泰英「居眠り磐音 江戸双紙」シリー ズ完結、年賀状企画スタート!

 2016年1月に完結を迎える、人気時代小説「居眠り磐音 江戸双紙(いねむりいわね えどぞうし)」シリーズ。2002年4月に第一巻『陽炎ノ辻…

“かわいい猫たち”による「時代小説」アンソロジーが登場! Wの癒し効果あり!

 とつぜんですが質問です。YESかNOでお答えください。 Q1・時代小説が好き、または読んでみたいなと思っている。 Q2・読書するならやっぱ…

累計発行部数1900万部突破の人気シリーズ「居眠り磐音 江戸双紙」 来年ついに完結!

『意次ノ妄 居眠り磐音江戸双紙』(佐伯泰英/双葉社) 「居眠り剣法」が、江戸を覆う暗雲を一刀両断する!  人気時代小説「居眠り磐音 江戸双紙…

声優・羽多野渉さん本番でマジ泣きの理由とは?『天地明察』オーディオドラマで登場!

 声優・羽多野渉さん本番でマジ泣きの理由とは!『天地明察』オーディオドラマで登場!  江戸時代、天門学者の生き様を描いたベストセラー小説『天…

困ったときは基本に帰れ! 手に汗握る中山道参勤交代道中記

『一路』(浅田次郎/中公文庫)  文久元年。かぞえ年19歳にして、父の不慮の死により家督を相続した小野寺一路。彼の家は代々、美濃に所領を持つ…

戦国ゲームファンにもおすすめ! 不治の病と闘い、ひたむきに生きた戦国大名の物語

『白頭の人』(富樫倫太郎/潮出版社)  『白頭の人』(富樫倫太郎/潮出版社)は、戦国武将・大谷吉継の生涯を描いた時代小説である。  吉継は若…

娘をも捨て駒にする、冷血な戦国大名・宇喜多直家が抱える悲哀 【直木賞ノミネート作】
『宇喜多の捨て嫁』(木下 昌輝 /文藝春秋)

 自分の世界の法律となるのは、普通ならば、第一に自身の矜持だろう。だが、矜持は人を強くすれば、弱くもする。そればかりに固執しないところに、本…

ムスメ版『弥次喜多道中』? 痛快でコミカルな女3人のお伊勢参り
『ぬけまいる』(朝井まかて/講談社)

 「ぬけまいる」、分かりにくいです。何のことでしょう。「ぬけカード」でたまるポイントのことではありません。「まいる」から説明します。  「ま…

恋愛、事件、超自然現象! エンタメ要素てんこ盛りのお仕事時代小説

『貸し物屋お庸 江戸娘、店主となる』(平谷美樹:著、げみ:イラスト/白泉社)  「あれ、朝宮さん、平谷美樹も読まれるんですか?」  平谷美樹…

白泉社がおくる、まったく新しいキャラクター時代小説シリーズ「招き猫文庫」創刊!!

ブームが定着し、いまや一大人気ジャンルとなった時代小説。 そこへ白泉社のまったく新しい文庫シリーズが参入した。 マンガ出版社ならではの“キャ…

知略と情熱で毛利を救った男の「戦わない」ドラマに酔う

『うつけの采配』(中路啓太/中央公論新社)  毛利両川と言われた吉川家と小早川家。吉川家には元就次男の元春が、小早川家には三男の隆景が入り、…

松井怜奈がネコミミに! 「招き猫文庫」創刊

松井玲奈(SKE48/乃木坂46)  白泉社から新しいキャラクター時代小説シリーズ「招き猫文庫」が誕生する。  刊行は2014年11月5日(…

【BOOK☆WALKER】『鼠、江戸を疾る』TVドラマ放送記念 半額キャンペーン実施中!(2/6まで)

 電子書籍ストアのBOOK☆WALKERでは、2月6日(木)までの期間限定で、『鼠、江戸を疾る』TVドラマ放送記念キャンペーンを実施する。<…

時代小説は大人のラノベ!? キャラ萌え作品が人気

『謙信の軍配者』(富樫倫太郎/中央公論新社)  歴史・時代小説に登場する男は半端なくかっこいい。そして女も半端なく色気があって魅力的。そんな…

『大奥』よしながふみど真ん中世代 30代女子が読んでいる時代小説ベスト5

今年の夏公開の映画『るろうに剣心』は原作ファンも驚きの「カワイイ」とか「萌え」とは少し違った本格的な時代劇だったラコ! そしてこの冬には、よ…

『天地明察』『のぼうの城』…ネオ時代小説はなぜヒットした?

 ネオ時代小説という言葉を知っているだろうか。『天地明察』や『のぼうの城』など、ここ数年、若い世代を巻き込んでベストセラー化した一群の小説だ…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ