注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
14件

晶文社の記事一覧

フレンチ、イタリアン、日本料理それぞれの名シェフを招いて開催! 『料理人の突破力』刊行記念トークイベント

『料理人の突破力』(宇田川悟/晶文社)  フランスの社会・文化・食文化に造詣が深い作家の宇田川悟の新刊『料理人の突破力』(晶文社)が2014…

注目の新刊 『幻獣辞典』 ダ・ヴィンチ2014年1月号

独特の世界観で知られるアルゼンチンの作家が、人類が創造し、長く親しまれてきた伝説の幻獣を一冊にまとめたちょっと変わった書だ。日本の八岐大蛇(…

注目の新刊 『鳥の王』 ダ・ヴィンチ2013年12月号

「彼は鳥の王だ」「わずかに残された誇り高い空の支配者の末裔だ」……。自身が製作したギターのオブジェと、それにつけられた救世主をテーマにしたス…

注目の新刊 『ジャズのある風景』 ダ・ヴィンチ2013年10月号

世界を舞台に活躍するジャズピアニストが、国内外のジャズシーンと周辺の人々を描いた初エッセイ集。公演の先々での出来事を軽妙に綴るかと思えば、「…

注目の新刊 『宮沢賢治の菜食思想』 ダ・ヴィンチ2013年9月号

21歳で“ビヂテリアン(ベジタリアン)宣言”し、小説『ビヂテリアン大祭』も遺した菜食主義者、宮沢賢治。『注文の多い料理店』などの作品や彼の思…

注目の新刊 『写真』 ダ・ヴィンチ2013年5月号

「この世は見ても分からないものに満ち満ちているから、見れば分かる写真の正直さに、人は束の間安堵する」。不世出の詩人が映しとった52枚の“一期…

注目の新刊 『人間とミジンコがつながる世界認識 私説 ミジンコ大全』 ダ・ヴィンチ2013年4月号

世界中の池や沼に存在しながら、その実態はあまり知られていない“ミジンコ”。ミジンコのおもしろさに取り憑かれて数十年の著者が、飼育・観察法はも…

注目の新刊 『がらくたからたから 古道具屋―新たなネウチを生む仕事』 ダ・ヴィンチ2013年3月号

日本一クレイジーな骨董屋「アウトローブラザース」の首領にして、上野青空骨董市の役員という肩書を持つ著者。人体模型や動物の骨などを扱い、著名人…

注目の新刊 『東京高級住宅地探訪』 ダ・ヴィンチ2013年2月号

消費社会研究家による東京の高級住宅地をめぐるエッセイ。日本の近代化の象徴として存在する東京都内の高級住宅地。田園調布、成城、山王、奥沢など都…

注目の新刊 『ケチャップ』 ダ・ヴィンチ2012年11月号

1980年代アメリカを舞台に、日本人アーティストとキューバ人のゲイ、破天荒な女子中学生の3名が織りなす大逃避行が綴られる。5年のアメリカ生活…

注目の新刊 『ブラッドベリ、自作を語る』 ダ・ヴィンチ2012年8月号

6月、91歳で世を去ったブラッドベリ。文学界のみならず、多くのアーティストに影響を与えたSFの巨匠が、幼年時代の記憶、交友関係、政治、創作の…

注目の新刊 『「死にたい」気持ちをほぐしてくれる シネマセラピー上映中 精神科医がおススメ 自殺予防のための10本の映画』 ダ・ヴィンチ2012年4月号

「死にたい」人にも、「死なせたくない」人にも観てほしい映画を、年間100本以上の映画を観る自殺予防を専門とする精神科医がセレクト。『素晴らし…

注目の新刊 『海の向こうに本を届ける 著作権輸出への道』 ダ・ヴィンチ2012年2月号

商社で貿易統括業務に携わっていた女性が一転、著作権輸出のパイオニアとしての道を開拓していった経緯をつづった半生記。世界に日本文学を広める喜び…

毛皮のマリーズ、最後のアルバムはビートルズゆかりのスタジオで収録

 先日、解散を発表したバンド、毛皮のマリーズのフロントマン・志磨遼平さんが愛読する一冊。それは早川義夫『ぼくは本屋のおやじさん』(晶文社)。…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ