注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
17件

未来の記事一覧

参考文献は100冊以上! 「すごい小説」と専門家が絶賛する『エクサスケールの少女』刊行対談 【『ダ・ヴィンチ』番外編】

(左)井上智洋さん、(右)さかき漣さん  人工知能(AI)の最前線を舞台に、一人の天才青年のスケールの大きな成長を描いた近未来SF大作『エク…

池上彰がアメリカ人だったら…米国で超注目!イケメン未来学者が、“あなたが暮らす未来”を大予測!

 アメリカでいま注目の若手未来学者、アレック・ロス氏をご存知だろうか? イケメンの呼び声高い端正なルックスもさることながら、大統領候補のヒラ…

10年以上経って再評価された糸井重里の“インターネット予言書”
『インターネット的』(糸井重里/PHP研究所 )

 『インターネット的』は、もともと2001年に新書として出版されたものである。1998年に『ほぼ日刊イトイ新聞』を始めた糸井重里が、「インタ…

聖なる夜は「預言CAFE」へ神のお告げを聞きに行こう!

    『預言CAFE 神の声が聞ける場所』(吉田万代/芸文社)  あなたは「神の預言を受けてみたい」と思ったことは、あるだろうか?  知人…

消える職業のカゲには人工知能の進化があった!?

    『東大准教授に教わる「人工知能って、そんなことまでできるんですか?」』(松尾 豊、塩野 誠/KADOKAWA 中経出版)c  先日、…

高城剛が考えたハイパーにもほどがある近未来像

『2035年の世界』(高城剛/PHP研究所)  ハイパーメディアクリエイター・高城剛が、2035年の未来を100項目で予測! と聞いただけで…

組織はどう変化したらいいのか? ベストセラーの未来予測書『ワーク・シフト』続編に学ぶ
『未来企業 レジリエンスの経営とリーダーシップ』(リンダ・グラットン (著), 吉田晋治 (翻訳))

 前作の『ワーク・シフト』の続編も、大変おもしろい未来予測書になっています。前作は働き方への価値観の提案でしたが、今回は組織や企業がどうした…

ネットで分断される【あなた】を結ぶものとは? 「分人」を物語から読み解く

『ドーン』(平野啓一郎/講談社)  TwitterやFacebookといったソーシャルメディアを使うことが当たり前となった。友人・知人・家族…

TEDxTokyoのプレゼンは、なぜあんなに聴衆を魅了することができるのか

『TEDパワー 世界と自分を変えるアイデア』(パトリック・ニュウエル/朝日新聞出版)  5月末に行われた「TEDxTokyo 2014」の感…

書店員が選ぶ、日本の“今”がわかる本 5選

『ナナのリテラシー』(鈴木みそ/KADOKAWA エンターブレイン)  毎日膨大な量の本に接し、本の知識なら誰にも負けない“本のソムリエ”こ…

ブラックホールは“どこでもドア”と一緒? わかりやす過ぎる宇宙の本
『すごい宇宙講義』(多田将/イースト・プレス)

 「ブラックホール」「ビッグバン」「暗黒物質」実際にはよくわからない。だけど、なんだか気になるワードと思っている人も多いのではないか。宇宙の…

2045年、コンピュータが全人類を超える!?

 1999年のノストラダムスの大予言、2000年のY2K問題、そして記憶に新しい2012年のマヤ歴の予言――。映画やコミックなど物語の世界で…

仕事の“コレジャナイ感”を払拭する方法が判明!?

 仕事がつまらない。仕事に打ち込めない。仕事を辞めたい。ていうか、やりたかった仕事はこれじゃない!…

クレイグ・モド×菅原敏 『マニフェスト 本の未来』刊行記念イベント 

 株式会社ボイジャーは、『マニフェスト本の未来』を2月20日より、発売する。それに合わせて、著者の一人でもあるクレイグ・モド氏と、気鋭の詩人…

第6回CMT CONNECTION 「電子出版が創るコンテンツの未来」開催

 クリエイターを中心とした産学官交流団体のCMT CONNECTIONは、第6回CMT CONNECTIONとして「電子出版が創るコンテンツ…

新成人が選ぶ「日本の将来を任せたい有名人」ベスト5

1月14日は成人の日。平成4年生まれの若者たちが晴れて大人としての一歩を踏み出すことになる。そんな新成人約300人に、「今、日本の総理大臣に…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ