注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
15件

森博嗣の記事一覧

「いいね!」をもらうだけで満足してない? 「夢って叶ったことがない」「夢って何?」なんていう人の必読書!!

『夢の叶え方を知っていますか?』(森博嗣/朝日新聞出版)  子どもの頃からいろいろと夢を描いてきたにもかかわらず、「叶った!」という実感がな…

『すべてがFになる』霜月かいり、浅野いにおでコミック&アニメ化!

 シリーズ累計発行部数385万部、第1回メフィスト賞にも輝いた森博嗣のミステリーの傑作『すべてがFになる』(講談社)。2014年には武井咲と…

美少年を取り巻く連続殺人事件発生。アッと驚くそのトリック!
『神様が殺してくれる』(森博嗣/幻冬舎)

推理小説ほど書くのも読むのも難しいジャンルはないのでは、とつくづく思います。このジャンルに精通すればするほど、簡単なトリックでは物足りなくな…

注目の新刊 『スカル・ブレーカ The Skull Breaker』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

都へ向かう途中、侍同士の真剣勝負に出くわしたゼン。誤解から城に連行された彼を待っていたのは、思いがけぬ「運命」だった。若き侍は師、そして自ら…

心の隙間に吹き込む秋風にも似た、透明で乾いた世界観
『スカイ・クロラ - The Sky Crawler』(森博嗣/中央公論新社)

幸か不幸か、原作を読んだのは押井守監督によって映画化されたあとでした。 もちろんね。映画はあくまで映画で、こちらは文芸作品ですよ。 でもね、…

本格ミステリの王道を理系の思考スタイルで盛りつけました
『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』(森博嗣/講談社)

森博嗣のデビュー作にして、メフィスト賞受賞、そして犀川教授と西之園萌絵探偵コンビシリーズの第一弾でもある。 初めて読んだ時は、なんだか取っつ…

森博嗣 最新作『実験的経験』 電子版も同時発売!

ミステリ作家・森博嗣の最新刊、『実験的経験 Experimental experience』(講談社)は単行本の発売と同時に電子書籍版も配信…

「ハリー・ポッター文庫」、7月より刊行開始へ

 大人気児童書「ハリー・ポッターシリーズ」(J.K.ローリング/作)が遂に文庫で登場する。1997年にイギリスで発行された同書は、新人の初作…

森博嗣 新作『ブラッド・スクーパ』 最初の構想は「とにかくメッタ斬り」

 森博嗣の〈剣豪小説〉第2弾『ブラッド・スクーパ』が出た。剣の達人・ゼンが世界の未知なるものと出会いながら旅をしていくシリーズで、昨年4月に…

「不思議ちゃん」に萌え~♥たい理系必読のミステリー(見捨て理~)
『森博嗣 S&M series』(Kodansha Ltd.)

今から15年前。惰眠時空間を埋めるように、夜な夜な“森S&M世界”に沈潜した私がいた。 何が理系な私を熱狂読破に駆り立てたのか? …

注目の新刊 『ブラッド・スクーパ The Blood Scooper』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

立ち寄った村で用心棒を乞われるゼン。一度は断わった彼だったが、やがて思わぬ事態に……。若き侍はなにゆえに剣を抜くのか? 諸国をさすらう剣豪・…

「科学」アレルギー治療への第一歩。もう、逃げない避けない惑わない…
『科学的とはどういう意味か』(森博嗣/幻冬舎)

建築学の研究者であり、小説家である著者による、「科学」を説いていくエッセイ。 何を隠そう僕自身、文学部卒業のド文系です。「科学」なんて、遠い…

研究者の仕事、喜び、達成感、そして生活とは。文系の私には謎だったので読んでみた
『喜嶋先生の静かな世界 The Silent World of Dr.Kishima』(森博嗣/講談社)

物心がついた頃から文系だったという自覚のある私には、理系世界に対するあこがれがある。数式は美しいとか、物理や化学の研究が楽しくてたまらない、…

『スカイ・クロラ』の森博嗣が挑む新しい剣豪小説とは?

森博嗣の新シリーズいよいよ開幕――。…

まっすぐ、空を飛ぶ感覚。「スカイ・クロラ」シリーズの外伝的短篇集
『スカイ・イクリプス - Sky Eclipse』(森博嗣/中央公論新社)

「スカイ・クロラ」シリーズの謎解きとなる短篇集! 2年前の夏に観た映画「スカイ・クロラ」が記憶にまだ新しい私、その続編が電子書籍でも読める!…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ