注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
320件

歴史の記事一覧

江戸時代にはソープもゲイバーも大人の淫具もあった! 学校では教えられない18禁「性の日本史」

『教科書が教えてくれない18禁の日本史』(下川耿史/宝島社)  日本史は得意だろうか? 試験のために覚えた語呂合わせなどとうに忘れた。人名や…

ガリガリに痩せ衰えた阿弥陀如来、Vサインをする謎の菩薩… こんな仏像見たことない! 姿カタチが異様な仏像

『ミステリーな仏像』(本田不二雄/駒草出版)  日本各地の奇妙な仏像を厳選、オールカラーで掲載した『ミステリーな仏像』が2017年2月11日…

毛に悩む人々への「啓毛」書!?  薄毛や毛が抜けるメカニズムから治療法まで―

『毛の人類史 なぜ人には毛が必要なのか』(カート・ステン:著、藤井美佐子:訳/太田出版)  大手かつらメーカーであるアデランスが、経営再建を…

なぜ関東平野は広いのか?  日本人が意外と知らない驚きの日本列島史!

 人には歴史がある。たとえどんな人にも。この世に誕生し、何を考え、どんな行動をしてきたか、確実にこの世のどこかに刻まれ、歴史として永遠に残り…

前方後円墳は平和の象徴だった? 知れば知るほど面白い「古墳時代」

『前方後円墳の暗号』(関裕二/講談社)  古墳に興味がある方はいるだろうか? 私は大学で史学を専攻していたが、「古墳大好き!!」という人には…

男たちの根源を揺るがす「ED」の歴史をひもとく『性的不能の文化史』。各時代の男たちの凄まじい悲喜劇!

『性的不能の文化史 “男らしさ”を求めた男たちの悲喜劇』(山本規雄:訳/作品社)  遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研と…

「江戸時代、日本は鎖国していた」は大誤解! 実はちゃっかり商取引していた!?

『誤解だらけの日本史』(雑学総研/KADOKAWA)  学校の日本史には数多の歴史人物が登場し、それに関するエピソードが載っているが、いつの…

地元酒販店がおすすめする、絶対に飲みたい新潟の日本酒は◯◯◯【日本酒おすすめ銘柄9つ】

『本気で旨い日本酒』(洋泉社)  今年の冬も寒い。だからこそ熱燗が美味い季節だ。仕事帰りに居酒屋で熱燗をキュッと一杯やる楽しみは、冬だけでし…

『スヌーピー』を「アメリカの宝」と絶賛! オバマ前大統領からのメッセージ。アメリカ人にとって“PEANUTS”はどんな存在?

『SNOOPYと学ぶアメリカ文化』(加藤恭子/ポプラ社)  スヌーピー。日本の子どもたちにとっても、数多くのキャラクターグッズや書籍にアニメ…

愛の溢れる“ホッピー本”を片手に浅草の「ホッピー通り」を味わってきた!

『ホッピー文化論』 (ホッピー文化研究会/ハーベスト社)  ホッピーとは、不思議な飲み物である。近ごろはどの居酒屋でもよく目にするようになっ…

東京・新宿に忍者の村が!? 江戸城勤めのサラリーマンが残した驚愕の文書とは

 時は江戸時代。東京都新宿区、四谷のあたりに、忍者の末裔とされる「伊賀者(いがもの)」の村があった。作り話ではなく、実際の歴史記録である。 …

空想が現実へ!! ロボットへの偏愛に溢れる著者が送る、ロボットの歴史!!

『ロボットの歴史を作ったロボット100』(アナ・マトロニック:著、片山 美佳子:訳/日経ナショナルジオグラフィック社)  ロボットを定義する…

『三国志』連載開始45周年! 巨匠入魂のライフワークを衝撃の大判で!【第1回】

 巨匠・横山光輝の最高傑作とも言われる『三国志』。装い新たにB5判、全21巻で1月25日から発売されます。黄巾の乱と朝廷内の争いにより、滅び…

定番の接着剤「セメダイン」は「攻めていた」?思わず「ヘぇ!」と言ってしまう文房具の雑学

『あなたに教えたい! 5分でわかる44の文房具トリビア』(セブンデイズウォー)  文房具ブームって、いつまで続くんだろう。これだけブームだ何…

江戸時代の子育てネットワークとは?「乳」の重要性とその社会的問題点を探る

『江戸の乳と子ども: いのちをつなぐ(歴史文化ライブラリー)』(沢山美果子/吉川弘文館)  できることなら子どもを母乳で育てたいが、事情あっ…

うどん屋の数はコンビニの◯倍! 香川県民は愛媛県民より岡山県民が好き! ”香川県あるある”

『香川共和国のオキテ100ヵ条』(mimika/メイツ出版)  日本には47都道府県ある。つまり47の地域で発達した独自の文化がある。カルチ…

意外と知らない戦国時代の事実。戦国最強の「武田騎馬軍団」にはウソがいっぱい?

『日本人が知らない意外な真相! 戦国時代の舞台裏大全』(歴史の謎研究会/青春出版社)  昨年の大河ドラマ『真田丸』は平均視聴率も悪くなく、盛…

この沖田総司は可愛すぎる!! 新選組と「ほかほかご飯」を掛け合わせた、優しく切ない青春ストーリー

『だんだらごはん』(殿ヶ谷美由記/講談社)   中学生の頃から、大の新選組好きで数々の小説、マンガを読み漁った私が、久しぶりに「これは……!…

禁断の酒「アブサン」―世紀末パリに愛された「緑の妖精」とは?

『アブサンの文化史 禁断の酒の二百年』(バーナビー・コンラッド三世:著、浜本隆三:訳/白水社)  かつて、フランスやスイスなどのヨーロッパ主…

鬼平も食べたであろう「ねぎま鍋」、江戸庶民が愛した「初鰹のげた造り」… 料亭「八百善」で300年受け継がれる江戸料理レシピ

『江戸料理大全』(栗山善四郎/誠文堂新光社)  かつて将軍も焦がれ、あの鬼平も食べた「江戸グルメ」を紹介した料理書『江戸料理大全』が2017…

オバマ、ザッカーバーグ、ホリエモンも絶賛! NHK「クローズアップ現代+」で紹介され話題に! 今世紀最大の歴史書『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』とは?

『サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福』(著:ユヴァル・ノア・ハラリ、翻訳:柴田裕之/河出書房新社)  人類の歴史を俯瞰することで、“…

いつも人生に絶望していたカフカ。彼はなぜ自殺をしなかったのか? 「弱さ」も「矛盾」も否定しない生き方

『カフカはなぜ自殺しなかったのか? 弱いからこそわかること』(頭木弘樹/春秋社) 『変身』を書いた作家のカフカは、いつも死にたがっていた。人…

借金、恐喝…問題児!? 来年の大河ドラマ『西郷どん』主人公・西郷隆盛の子孫は意外な人物だった!

 歴史の教科書で見かける人物というと、その人物のみの知識で完結してしまいがちではないだろうか。多くの歴史人物は子孫を残し、いまもその血脈が続…

警察小説の第一人者・今野敏が初の明治警察に挑む!最新作『サーベル警視庁』発売記念サイン会開催

『サーベル警視庁』(今野敏/角川春樹事務所)  2016年12月31日(土)に今野敏の『サーベル警視庁』が発売されたことを記念して、2017…

NHK「クローズアップ現代+」の『この世界の片隅に』特集に反響続々 すず役・のんが語った言葉には感動の声

『この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック』(『この世界の片隅に』製作委員会/双葉社)  2017年1月12日(木)に放送されたNHK報…

江戸時代の大ブーム「お伊勢参り」―全国に伝えたツアープランナー「御師(おんし)」とは?

『別冊歴史REAL江戸の旅とお伊勢参り』(洋泉社)  全国各地に観光名所として賑わう神社仏閣がある。都内の明治神宮や千葉の成田山新勝寺などは…

元国税調査官が戦国大名の懐事情をガサ入れ! 信長が強かった理由は兵士に「正社員」を雇っていたから?! 経済事情から読み解く戦国時代が面白すぎる!!

『お金の流れで見る戦国時代 歴戦の武将も、そろばんには勝てない』(大村大次郎/KADOKAWA)  織田信長、武田信玄、上杉謙信、毛利元就……

まさかハーレム展開とは予想もしてなかった! オタクサークルを描いた漫画『げんしけん』がついに大団円

『げんしけん 二代目の十二(21)』(木尾士目/講談社)  私は自分を「オタク」だと自覚しているが、大学時代は「歴史研究部」に所属していた。…

大河ドラマ「おんな城主 直虎」をより楽しむために! 柴咲コウ演じる井伊直虎とはどんな人物だったのか…直虎の歴史を丸ごと総復習!

『井伊直虎ぴあ』(ぴあ)  2017年1月8日(日)からスタートする大河ドラマ「おんな城主 直虎」。戦国の世に翻弄され仏門に入り、男の名で家…

今聴いている曲、どこで手に入れた? 音楽産業にまつわるスリリングな“実話”

『誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち』(スティーヴン・ウィット:著、関美和:訳/早川書房)  今あなたのパソコンやスマートフ…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ