注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
52件

池井戸潤の記事一覧

池井戸潤『陸王』役所広司主演でドラマ化に期待の声続々!! 10月期TBS日曜劇場にて放送

『陸王』(池井戸潤/集英社)  2016年7月8日(金)に発売された池井戸潤の最新小説『陸王』が役所広司主演でドラマ化され、2017年10月…

足袋作り100年の老舗がランニングシューズ開発に挑む―池井戸潤最新作『陸王』が熱すぎる!複製サイン付き限定ブックカバーも見逃すな!

 百年の歴史をもつ老舗足袋業者がランニングシューズ開発に挑む――。ドラマ「半沢直樹」の原作などで知られる人気作家・池井戸潤の新作『陸王』が2…

「ナツイチ」2016 キャンペーンキャラクターは田辺誠一&中条あやみに決定!

 集英社文庫の夏のキャンペーン「ナツイチ」が、2016年6月23日(木)~9月30(金)にかけて、全国およそ5,500の書店で実施される。 …

今年の父の日は「本」をプレゼント! 30代・40代・50代男性に人気の本は…?

 ハイブリッド型書店サービス「honto(ホント)」が、「30代、40代、50代男性の年代別売上ランキング」を発表した。なんと、すべての年代…

「究極のかぶ」「さつまいもレモン煮」…杏が美味しそうに食べてた『花咲舞が黙ってない』の居酒屋レシピを再現!【おつまみ3品】

『花咲舞が黙ってないのおつまみレシピ』(日本テレビ編/実業之日本社)  2014年と2015年に日本テレビ系列でドラマ化され、大人気だった池…

池井戸潤が描く企業の不祥事隠蔽 ―働く意味を見失った普通の人々

『七つの会議』(池井戸潤/集英社)  歯車のひとつに過ぎない従業員の間違った行動で、企業は途端にうまく回らなくなる。はじめはひとつの歯車の問…

大企業の不正に立ち向かう中小企業のプライド  池井戸潤“企業物”初挑戦作品『空飛ぶタイヤ』で見せた「人間ドラマ」

『空飛ぶタイヤ』(池井戸 潤/実業之日本社)  直木賞を受賞し、テレビドラマも大ヒットした『下町ロケット』(小学館)。いまや企業小説のヒット…

圧倒的票数で又吉直樹『火花』が1位!『ONE PIECE』『進撃の巨人』を超えたマンガは?! ダ・ヴィンチ「BOOK OF THE YEAR 2015」発表!

『ダ・ヴィンチ』2015年1月号  12月4日(金)に発売の『ダ・ヴィンチ』2016年1月号では、毎年恒例の「BOOK OF THE YEA…

吉川晃司が明かす「下町ロケット」製作秘話―俳優生活初の試みとなる一風変わったセリフの覚え方とは

 ドラマ「下町ロケット」の財前部長役で見せる唯一無二の存在感が話題の吉川晃司に、2015年11月24日(火)発売の『アエラスタイルマガジン』…

ドラマ6話以降の原作『下町ロケット2 ガウディ計画』発売! 池井戸潤「ドラマもあるから、20日で書いた(笑)」

 2015年10月3日(土)から朝日新聞で始まった、池井戸潤の連載小説『下町ロケット2 ガウディ計画』(以下『下町ロケット2』)。同月18日…

ドラマ「下町ロケット」の神谷弁護士にはモデルがいた!? 池井戸潤が恵俊彰とラジオで初対談

 現在放映中の人気テレビドラマ「下町ロケット」(TBS系)。原作は、同じくTBS系で人気を博した「半沢直樹」の著者、池井戸潤。池井戸は、19…

立ち上がれ、ロスジェネ! 半沢直樹からの熱いエール

『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤/文藝春秋)  一大ブームを巻き起こしたドラマ『半沢直樹』は、主役の半沢が悪い上司をやり込めるという痛快な結末…

阿部寛と土屋太鳳が親子に!池井戸潤原作「下町ロケット」が日曜劇場でスタート!異例の試みも…

 「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」と、話題を呼んできた“池井戸潤原作”の日曜劇場に、新たな作品が加わる。第145回直木三十五賞を受賞し…

入れ替わった父とバカ息子が日本を変える!? 池井戸潤『民王』への期待度

『民王』(池井戸潤/文春文庫)  『半沢直樹』以来、『株価暴落』や『ルーズヴェルト・ゲーム』をはじめ、池井戸潤氏の作品がドラマ化されないクー…

宮沢りえ×犬童一心、織田裕二×池井戸潤、WOWOWの注目ドラマを見逃すな!

15年と8カ月のディテールを真摯に、ゆったりと【犬童一心監督インタビュー】 この世でいちばん大切なのは、愛するものたちと過ごす日常の輝き──…

池井戸ドラマで、犯人探し。ミステリー作家としての才能に触れよ

『株価暴落』(池井戸潤/文藝春秋)  最終回の視聴率が45.5%(関西圏)を記録したドラマ『半沢直樹』(2013年)。原作は言わずと知れた、…

こんな設定あり? 池井戸潤のハチャメチャ政治コメディが電子化
『民王』(池井戸潤/文藝春秋)

 本作は『鉄の骨』と『下町ロケット』の間、2010年に発表された政治小説。しかし政治コメディというべきコメディ部分の量の多さで、電車などで読…

池井戸潤が相続トラブル実話をアレンジ!かばん屋の社長急逝後の2人の兄弟の運命とは
『かばん屋の相続』(池井戸潤/文藝春秋)

 「人間よりは金のほうがはるかに頼りになりますよ。頼りにならんのは人の心です。」という尾崎紅葉の言葉を思い出す。金は揺るぎなく、その額だけの…

相変わらずの倍返し! 切れ味は一層鋭く、あの半沢直樹が帰って来た
『銀翼のイカロス』(池井戸潤/ダイヤモンド社)

 小説がドラマ化され、原作小説が部数をのばすのはよくあること。しかし、放送が終わったあともなお主人公の台詞が社会に定着し、脇役の俳優たちまで…

「半沢直樹」原作シリーズ第4弾『銀翼のイカロス』が首位

『銀翼のイカロス』(池井戸潤/ダイヤモンド社)  昨夏にTVドラマ化され一世を風靡した「半沢直樹」の原作小説シリーズ第4弾、池井戸潤『銀翼の…

WOWOWにてドラマ化! 池井戸作品・白水銀行の新たなヒーロー
『株価暴落』(池井戸潤/文藝春秋)

 池井戸作品と言えば、“銀行”。なのですが、本作はちょっと毛色が変わっていて、カリスマ経営者によって巨大成長した大手スーパーに爆発物が仕掛け…

【ebookJapan】『銀翼のイカロス』配信スタート! 池井戸潤全作品ポイント50倍!

 8月1日より、池井戸潤の「半沢直樹」シリーズ最新作『銀翼のイカロス』の電子版の配信がスタートした(紙の本と同時発売)。そこで、国内最大級の…

【ebookJapan】マンガラインナップ10万冊突破!全作品ポイント50倍!(7/29まで)

 国内最大級のマンガの電子書籍ストアeBookJapanでは、マンガラインナップ10万冊突破を記念して、全作品を対象に「ポイント50倍キャン…

原作を読まない派vs.読む派の攻防【甲本雅裕×山崎樹範 池井戸ドラマ対談】

『新装版 不祥事』(池井戸潤/講談社)  『空飛ぶタイヤ』『七つの会議』『花咲舞が黙ってない』など池井戸ドラマの常連である甲本雅裕さん、意外…

何のために働くのか? 社会・時代を映す鏡でもある池井戸潤の小説たち

『果つる底なき』(池井戸潤/講談社)は江戸川乱歩賞を受賞  ドラマ『半沢直樹』から流行語大賞が飛び出し、4月クールは『ルーズヴェルト・ゲーム…

「銀行は性悪説にたって物事を考える」 銀行マンのリアル座談会

 流行語大賞にも輝いた「倍返しだ!」で一躍注目を浴びた“銀行マン”という仕事。ドラマ『半沢直樹』の原作者・池井戸潤の作品にも多く登場し、不祥…

新作『銀翼のイカロス』にも黒崎駿一が登場! そのきっかけは片岡愛之助の怪演だった

『銀翼のイカロス』(池井戸潤/ダイヤモンド社)  主役の半沢直樹を筆頭に、登場人物の強烈な個性がぶつかり合うドラマ『半沢直樹』。中でも鮮烈な…

半沢直樹の“新たな敵”を池井戸潤が語る ―シリーズ最新作『銀翼のイカロス』発売間近!

『銀翼のイカロス』(池井戸潤/ダイヤモンド社)  2014年、春から夏にかけてのテレビ界は、池井戸潤が席巻した、といっても過言ではないだろう…

花咲舞を演じた杏が語る、池井戸潤作品が次々とドラマ化される理由

『不祥事』(池井戸 潤/講談社)  池井戸潤原作『株価暴落』が織田裕二主演のWOWOW連続ドラマとして、今秋、放送されることが早くも発表され…

ダ・ヴィンチ 2014年8月号

特集1 すべての働く人たちに、夢と勇気を倍返し! 池井戸 潤特集 ◎マンガ家ニコ・ニコルソンが体験! オトナ女子のための「半沢直樹」ガイド …

12

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ