注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
8件

白石一文の記事一覧

世界観の変更を迫りたい、もっと強く 小説で、“すごい経験”をしてほしい

“物事はこういうふうにも考えられるんだ”──最後のページを閉じた瞬間、自らの内に起こるそんな覚醒。登場人物に寄り添い、あるいは俯瞰し、ストー…

極限状態で正気を保つには「セックス」が効く!? 

『火口のふたり』(白石一文/河出書房新社)  昨年の御岳山の噴火以来、火山活動の活発化に注目が集まっている。先日の口永良部島に続き浅間山も噴…

永作博美、作家・白石一文が語る“男のセックス信仰”に、「勉強になります(笑)」

 3.11以降、心の中にどうしようもない終末感を抱える男と、結婚式を間近に控えた「いとこ」の女。再会した2人は、結婚式前の数日間、かつての情…

彼らが売れっ子作家になれた理由とは。作家志望者は読むべき1冊
『作家の履歴書 21人の人気作家が語るプロになるための方法』(阿川佐和子/KADOKAWA / 角川書店)

 作家になるには努力が必要。作家志望者は新人賞に応募したり、WEBで発表したり、出版社に持ち込んだりとさまざまなことを行う。作家になる道はい…

注目の新刊 『彼が通る不思議なコースを私も』 ダ・ヴィンチ2014年2月号

椿林太郎、元教師。本気で世界を変えようと思っている男。人は彼のことを「神の子」と呼ぶ――。人間がそれぞれ生まれ持つ「時間」(寿命)とは何か。…

注目の新刊 『快挙』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

結婚してから5年が過ぎ、私たち夫婦の関係はすっかり変質してしまった。相手への興味を失っても、たとえ愛が消えていたとしても、共に生きるために、…

初見の小説『ほかならぬ人へ』を電子書籍で読む
『ほかならぬ人へ』(白石一文/祥伝社)

昨年末、恒例行事(?)で1年間の消費活動を振り返っておりましたところ、そういえば私は「初見の小説を電子書籍で読む」ということをしたことがない…

誰がなんと言おうとこの愛を貫くんだという想いこそ幸せ、ということ
『どれくらいの愛情』(白石一文/文藝春秋)

人を愛するという事とは一体どういうことなのか。 直木賞作家白石一文が描く純愛短編集です。 『20年後の私へ』の主人公はバツイチで、好条件の男…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ