注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
8件

社会学の記事一覧

古市憲寿が12人の社会学者に「社会学ってなんですか?」を聞いてみた

『古市くん、社会学を学びなおしなさい!!』(古市憲寿/光文社)  「社会学」をご存じだろうか。社会学は知らなくても「パラサイト・シングル」や…

魅力的な異性に誘われたら、パートナーがいても浮気していい? AVライター雨宮まみと人気社会学者岸政彦の「浮気論」

『愛と欲望の雑談』(雨宮まみ、岸政彦/ミシマ社)  恋愛、結婚、家族、コンプレックス……。私たちが日常的に抱える悩みのもとは様々だ。でも、個…

一般化・全体化という“社会学の暴力”に抗い、日常の断片から社会を考える『断片的なものの社会学』

『断片的なものの社会学』(岸政彦/朝日出版社)  もともと情報誌のライターをしていた直木賞作家の西加奈子が、自身が作家になった理由について、…

「“カラダを売ると幸福になるのか”その答えを出すつもりはない」社会学者・鈴木涼美インタビュー(後編)

鈴木涼美さん  話題となった処女作『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』(青土社)に続き、幻冬舎plusの連載を加筆・…

「“AV女優の何が悪い!”という声のほうが気持ち悪かった」社会学者・鈴木涼美インタビュー(前編)

鈴木涼美さん  ジャーナリズムも文学も、話題性が大事なことは言うまでもない。でも、世の中のメディアが一過性の話題性と損得でしか動かなくなった…

転職の鍵は「弱い絆」? 東浩紀が提唱する新しい自分を見つける方法
『弱いつながり ― 検索ワードを探す旅』(東浩紀/幻冬舎)

 手相にも姓名判断にも予想されないような自分でいたい。私は私だけのオリジナルの私であって、誰であろうと、自分の思考やこれからの人生をピタリと…

キャバ嬢に“化けた”女子大学院生に学ぶ、社会学の存在意義

『キャバ嬢の社会学』(星海社)  19歳のとき、大澤真幸の『身体の比較社会学〈1〉』『身体の比較社会学〈2〉』(ともに勁草書房)に衝撃を受け…

橋爪大三郎+大澤真幸+宮台真司 『おどろきの中国』刊行記念トークイベント開催

 リブロ池袋本店にて3月7日、『おどろきの中国』刊行を記念して、著者の橋爪大三郎、大澤真幸、宮台真司のトークイベントがおこなわれる。現在存在…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ