注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
13件

自伝の記事一覧

「人気がないから話題にもならん」 人生は紙一重!? 野村元監督が名捕手から名監督になるまで

 プロ野球の人気は低下の一途をたどっているという。東京オリンピックでは3大会ぶりに競技復活をとげたにもかかわらずだ。そんな時節に、その知性と…

メジャーでの登板、薬物への依存、逮捕…元野球選手・野村貴仁の波乱の半生

『再生』(野村貴仁/KADOKAWA)  「明も暗もどん底も、ここに記す」。元プロ野球選手・野村貴仁の波瀾の半生がすべてつまった『再生』が、…

待望の自叙伝第二章発売から1カ月!! 羽生結弦ファンはもちろんみんな読んだよねー!?

『蒼い炎2―飛翔編―』(羽生結弦/扶桑社)  自叙伝一作目となる『蒼い炎』発売からおよそ4年が経ち、遂に待望の第二巻『蒼い炎2―飛翔編―』(…

ギネス記録652セーブの守護神、マリアノ・リベラの自伝が神がかっている

『クローザー マリアノ・リベラ自伝』(マリアノ・リベラ:著、金原瑞人・樋渡正人:訳、/作品社)  まるで映画かファンタジーの世界である。20…

「常に磨いてないとすぐに錆び付く鉄の玉の漫画人生」 自伝を超越した「超自伝」車田正美インタビュー〈後編〉

『藍の時代-一期一会-』 (車田正美/秋田書店)  車田正美先生の「漫画道」を描いた超自伝『藍の時代-一期一会-』。前編では漫画家デビューを…

車田正美が描く、自伝を超越した「超自伝」が誕生! その見所を自ら解説してくれたぞ!〈インタビュー前編〉

『藍の時代-一期一会-』 (車田正美/秋田書店)  2014年に「熱血画道40周年」を迎え、原画展の開催や劇場作品の総監督など多彩な活動を展…

植物状態…だけど僕には意識があった 意思疎通できない8年間、彼はどのように過ごしたのか?

『ゴースト・ボーイ』(マーティン・ピクトリウス/PHP研究所)  心臓は動いているが、身体は動かせない、意識もない…。一般には、こうした植物…

“イケメンレスラー”飯伏幸太 初の自伝本『最強編』『最狂編』の2冊同時発売!

 業界初のDDTプロレスリングと新日本プロレスリングという2つの団体を兼任し、それぞれのタイトル戦線で活躍中の人気プロレスラー・飯伏幸太。2…

酒とドラッグに溺れ、カルトに翻弄された ジョー・ペリー初の自伝刊行

プラチナ・レコード、スーパー・ボウルのハーフ・タイム・ショー、ロックの殿堂入り。  エアロスミスのギタリスト、そしてジョー・ペリー・プロジェ…

ペナント奪回の切り札、マウンドの虎・江夏豊の「善と悪」

『善と悪 江夏豊ラストメッセージ』(江夏豊、松永多佳倫/KADOKAWA メディアファクトリー)  球団創設80周年を迎える阪神タイガースに…

かつて『ハリー・ポッター』作者ももらっていた「生活保護」

 昨年、大きな議論を呼んだトピックに「生活保護」がある。次長課長・河本準一の母親が生活保護受給者であることに端を発し、「不正受給にあたるので…

「和田アキ子さんは誰といっしょの部屋?」 紅白歌合戦トリビア

 日本人の大晦日といえば紅白歌合戦。……そんな感覚もずいぶん薄れた昨今。しかし、いまだに視聴率30%台~40%台を記録するのは事実なわけで、…

日本初のAV男優!? 田原総一朗の自伝がスゴイ

 『朝まで生テレビ!』や『サンデープロジェクト』の討論番組で司会をつとめ、世の中の様々な問題に斬り込む田原総一朗。ジャーナリストであり、政治…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ