注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
39件

角川学芸出版の記事一覧

ネットのすべてがわかる全集 角川インターネット講座配本開始!

『ネットが生んだ文化』(川上量生/KADOKAWA 角川学芸出版)  KADOKAWAはドワンゴとの経営統合を記念して、インターネットのすべ…

注目の新刊 『「悩み」は「お金」に変わる』 ダ・ヴィンチ2013年12月号

お金がたまらない、ギャンブルがやめられず借金が増えるなどのお金の悩み、痩せられない、お腹がでて困るなどの身体上の悩み。悩みは人それぞれだが、…

10月1日限定! 電子書籍半額セール「オールカドカワフェア」開催

 ブックウォーカーは、2013年10月1日、株式会社KADOKAWAがグループ会社9社と合併することを記念して、電子書籍ストアBOOK☆WA…

注目の新刊 『結局、仕事は「言い方」しだい』 ダ・ヴィンチ2013年10月号

社会人生活では、どんな言葉も、状況によって「相手がカチンとくる言葉」になる可能性がある。予期せぬトラブルやミスを避けるため、本書はその場に適…

注目の新刊 『たちねぶたくんとゆかいななかま だってちゃん』 ダ・ヴィンチ2013年9月号

たちねぶたくんが遊びに誘っても、だってちゃんは「だって、だって」ばかり。彼女がそんなことを言う理由は? 絵本界のゴールデンコンビが贈る、楽し…

注目の新刊 『庶民たちの朝鮮王朝』 ダ・ヴィンチ2013年9月号

王宮文化が開花する一方で、都に住む庶民たちは独自の文化を育んでいた、18世紀の朝鮮王朝時代。身分制度から衣食住、娯楽や教育制度、トイレといっ…

注目の新刊 『「気がきく人」と思わせる103の心理誘導テクニック』 ダ・ヴィンチ2013年8月号

「気づかい」を、「心理的テクニック」と割り切って解説した書。「承認欲求の充足」「印象操作の技法」「説得の技法」「コミュニケーション技法」「行…

注目の新刊 『大繁盛の秘密教えます!激セマ立ち飲み焼肉店「六花界」だけに人が集まる理由』 ダ・ヴィンチ2013年8月号

飲食店経営経験なし、料理経験なし、人脈なし、資金なし。そんな著者がなぜここまでの成功を収めることができたのか? メディアの注目を浴びる激セマ…

注目の新刊 『なぞって書いて運がつく!しあわせを呼ぶ「梵字」』 ダ・ヴィンチ2013年7月号

たった一字を書くだけ、なぞるだけで、あなたの運気が劇的に向上する! 幸運を引き寄せる不思議なパワーをもつ「梵字」の使い方を解説した、新しい開…

注目の新刊 『妖怪たちのラビリンス 西洋異界案内』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

東洋大学で120年ぶりに「妖怪学」の講義を復活させた比較宗教史の教授が、西洋妖怪の舞台裏をひもといていく。ムーミンや赤頭巾、『借りぐらしのア…

注目の新刊 『「伝説」はなぜ生まれたか』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

日本全国津々浦々に伝えられてきた伝説、説話、物語といった伝承はどのようにして生まれ、語られていったのか? 能登半島・旧柳田村の「猿鬼伝説」、…

注目の新刊 『方言漢字』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

鯳、畩、圷、岾、垈、杁、椥、鼕、箞――。ことばに「方言」があるように、漢字にも地域差がある。漢字学と日本語学の研究者が、「地域漢字」や「地域…

注目の新刊 『日本の恋の歌 〜恋する黒髪〜』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

古来、日本人は恋心を伝えるツールとしてことばを駆使してきた。恋の成就を願い、ことばを工夫することに情熱を燃やした。平安朝から中世までの恋歌の…

注目の新刊 『なぜ君たちは間違った会社選びに必死になるのか』 ダ・ヴィンチ2013年5月号

その発想は「就社」か「就職」か。今の企業経営に適した視点なのか。多くの現場を見てきた組織開発コンサルタントが、会社に入って働くことについて多…

注目の新刊 『妖怪学の祖 井上圓了』 ダ・ヴィンチ2013年5月号

独力で東洋大学の前身を作り哲学を教えていた井上圓了は、全国の妖怪を研究し「妖怪博士」と呼ばれるようになった。狐憑きなど怪現象が多発していた明…

注目の新刊 『古事記と岩石崇拝 「磐座論」のこころみ』 ダ・ヴィンチ2013年4月号

古代の祭祀形態のひとつである「磐座(イワクラ)」に魅せられ、長く調査してきた著者。磐座信仰の原点が、日本最古の歴史書『古事記』にあることを発…

注目の新刊 『百人一首で読み解く平安時代』 ダ・ヴィンチ2013年3月号

百人一首は単なるアンソロジーではなく、撰者である藤原定家の意思の反映された「和歌で綴った歴史書」だった。本書はこの観点から100首をひとつひ…

注目の新刊 『新・日本学誕生 国際日本文化研究センターの25年』 ダ・ヴィンチ2013年3月号

日本文化に関する研究を行う「国際日本文化研究センター」。設立25年を迎えた同センターの誕生から現在までの道程をまとめた本書は、拡大存続のため…

注目の新刊 『やさしい古典案内』 ダ・ヴィンチ2013年2月号

文字を喜び、文字に遊んだ『万葉集』から千年以上の時を経て、日本人はさまざまな作品を書き残してきた。万葉から芭蕉、西鶴にいたるまでの主要な古典…

2013年の運勢はいかに!? 個人の運勢から世界情勢まで網羅したスーパー占い本
『展望と開運2013』(村山幸徳/KADOKAWA / 角川学芸出版)

易学、九星気学をもとに個人の運勢から、国家の動向、経済の流れ、そして世界情勢までも網羅するスーパー運勢本『展望と開運2013』の電子版が登場…

注目の新刊 『ホントにカンタン!誰でもできる! 個人ではじめる輸入ビジネス』 ダ・ヴィンチ2013年1月号

語学力も、豊富な資金も、煩雑な手続きも必要なし。ホントにカンタン! 自分のセンスと嗅覚、才覚次第で、超高利益を生み出す輸入ビジネスは、奇跡の…

注目の新刊 『超巨大地震は連鎖する』 ダ・ヴィンチ2012年10月号

昨年の東日本大震災は予知することができなかったのか? 数々の地震を事前予測した実績をもつ著者が、純科学的な調査結果と考察をもとに、近い将来日…

注目の新刊 『江戸の天文学 渋川春海と江戸時代の科学者たち』 ダ・ヴィンチ2012年10月号

江戸時代初期、囲碁の家元四家のひとつ安井家に生まれ、御城碁に出仕後も数学・暦法、天文暦学などを学び、初の国産暦・貞享暦をつくった安井算哲(の…

注目の新刊 『土日社長になっていきなり年収+96万円稼ぐ法』 ダ・ヴィンチ2012年9月号

まだまだ不安が続く日本経済。厳しい時代を生き抜くため、起業を考えている人も多いのでは。いきなり起業が不安ならば「土日社長」を副業にした後、プ…

注目の新刊 『陶淵明と白楽天 生きる喜びをうたい続けた詩人』 ダ・ヴィンチ2012年9月号

酒と菊を愛し、悠然と暮らしたというイメージの陶淵明。しかし実際には、人生の苦しみと向き合い、死との恐怖と闘ったリアルな様子がその詩にはにじむ…

注目の新刊 『改訂新版 脳幹が健康の根元 カイロプラクティックの真髄をマスターしよう』 ダ・ヴィンチ2012年7月号

生命維持に関わる働きを担い、全身のマスターコントロール機能を秘めている「脳幹」は身体の管理センター。いわば健康と生命の根元だ。本書はカイロプ…

注目の新刊 『「いい病院」への挑戦 患者のためにできること』 ダ・ヴィンチ2012年7月号

本当に「いい病院」とは何か。自身も心臓病治療を受けた作家が「世界に一つしかない心臓病センター」豊橋ハートセンターの歴史と秘密を繙く、医療ノン…

注目の新刊 『TAPESTRY 芭蕉の世界』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

十余年かけて松尾芭蕉の足跡を追いかけ、その人生を長編小説として描いた著者が、いまあらためて芭蕉に迫った一冊。紀行文、新たな芭蕉像を描いた新作…

注目の新刊 『つや姫 10万分の1の米』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

形はふっくら、ちょっと大きめで粒ぞろい。そのうえ美しい艶と飛び抜けた白さ。10万分の1粒が生んだ、コシヒカリを超える旨みと食味をもつ米「つや…

注目の新刊 『中世尼僧 愛の果てに 「とはずがたり」の世界』 ダ・ヴィンチ2012年5月号

後深草院に仕え愛された宮廷女房である二条が、多くの男性との愛の遍歴ののち、尼となり諸国を旅した体験を綴った自叙伝『とはずがたり』。赤裸々な男…

12

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ